目的別〇〇〇〇トレーニングの分類まとめ

トレーニング法には筋肥大や最大筋力の向上を目的とするような実施方法の他、持久力や心肺機能の向上を目的とするもの、更には特定の動作における俊敏性の向上やバランス能力の向上などを目的として行うものなど、目的によって様々な分類があります。特にこの記事ではそれぞれの目的に応じたトレーニング法の分類について私なりにまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

※当記事作成日時:2013-10-14、最終更新日時:2019-12-10


「目的別〇〇〇〇トレーニングの分類まとめ」の続きを読む

筋肉に異なる刺激を与えるための様々な工夫(グリップ・体の使い方等)

筋トレを続ける事によって筋力の向上し、扱う重量が大きくなっていっても、同じ方法で行っていると、次第に効果が頭打ちになってくる事があります。また単純に同じ事の繰り返しをしていれば飽きてしまい、モチベーションも低下するかもしれません。特に筋トレでは目的に応じ、扱う重量の大きさ、1セット中のレップ(反復回数)、セット間のインターバルの長さ、セットの数、筋肉の収縮の仕方などを変える事ができ、それによって同じトレーニングメニューであっても、全く別の新しいトレーニングとして行う事ができます。そうした様々な工夫が必要です。

一方、それらの工夫の中でも見落とされがちなのが、バーベルやダンベルの握り方や、トレーニングを行う際の体の傾きです。この記事でェアそれについて簡単にまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

※当記事作成日時:2019-05-30、最終更新日時:2019-12-10


「筋肉に異なる刺激を与えるための様々な工夫(グリップ・体の使い方等)」の続きを読む

筋トレにおける重量・レップ・セット数・インターバル等の決め方まとめ

トレーニングを行う際には目的に応じた重量、レップ、セット数、インターバル等を設定する事が重要です。またそれらを変える事で、同じトレーニング種目でも、異なるトレーニングとして行う事ができ、トレーニングに変化を持たせる事ができます。特にこの記事ではそんなトレーニングで扱う重量の大きさ、レップ(1セット中に行う反復回数)、セット数、セット間のインターバルの長さなどの「決め方」について簡単にまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

※当記事作成日時:2013-10-17、最終更新日時:2019-12-10


「筋トレにおける重量・レップ・セット数・インターバル等の決め方まとめ」の続きを読む

筋肉の収縮様式について理解しよう

筋肉を効率良く鍛えていくためには、筋肉に対して一定以上の大きなストレスを与える必要があります。しかし筋肉はその収縮の仕方によって数種類に分ける事ができ、どのように筋肉を動かせばより大きなストレスを与える事ができるかを理解してから行う事で、より効率的なトレーニングが可能になります。この記事ではそんな「筋肉の収縮様式」について私なりにまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

※当記事作成日時:2013-07-29、最終更新日時:2019-12-09


「筋肉の収縮様式について理解しよう」の続きを読む

乳酸・パンプアップ・疲労感などのメカニズムについて考える

この記事では「乳酸」がどのようにして作られるのか、そして運動後に起こる「疲労感」はどのようにして生まれるのかについて、私なりにまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

(記事作成日時:2019-06-02、最終更新日時:2019-12-05)


「乳酸・パンプアップ・疲労感などのメカニズムについて考える」の続きを読む