食事に関わる様々なホルモンについて考える(別ブログリンク)

この記事では食事に関わる様々なホルモンについて私なりにまとめています。尚、当記事はあくまで要点のみをまとめています。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『ストレスで高血糖に?血糖値の調節に関わる様々なホルモン』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

(記事作成日時:2019-05-23)


血糖値を下げるインスリン

血液中に含まれる糖の量の事を「血糖値」と言います。血糖値は様々なホルモンによって常にコントロールされています。

血糖値を下げる働きを持つホルモンでは「インスリン」が有名です。実はインスリンは人体で唯一血糖値を下げる働きを持ち、細胞内へ糖を取り込ませる事で血糖値を下げます。よって細胞がエネルギーを得るために必要不可欠なホルモンです。分泌されるのは主に糖を摂取した後ですが、ストレスを受けると血糖値が上がるので、その際にも分泌されます。また筋肉内あるいは肝臓内のグリコーゲンの貯蔵量が減った時、それを補充するためにも分泌されます。しかし場合によっては短時間で大量に分泌され、急激な血糖値の低下を招く事があります。それが運動中に起こればパフォーマンスの低下に繋がる場合もあります。


血糖値を上げる作用のあるホルモン

一方、逆に血糖値を上げる働きを持つホルモンもあります。それが成長ホルモン、ノルアドレナリン、アドレナリン、グルカゴン、コルチゾールなどが挙げられます。基本的にはインスリンが分泌された後に分泌され、血糖値が下がり過ぎないようにする働きがあります。またストレスを受けた時にも分泌され、血糖値を上げ、エネルギー代謝を活性化させる役割もあります。特に糖の供給源が減った時、あるいは運動によって大量に糖を消費した時、肝臓内にあるグリコーゲン(糖の一種)を分解し、それを利用して血糖値を上げようとすると言われています。

しかし肝臓内に蓄える事のできるグリコーゲンの量には限りがあるので、いずれは底をついてしまいます。そうして糖が上手く供給できなくなると、今度は脂肪や蛋白質などを分解して糖の代わりに利用します。それを「糖新生」と言います。成長ホルモンやグルカゴンなどにはこの糖新生を促す働きがあるので、それによって脂肪が分解されます。ただし実際には脂肪だけでなく蛋白質も分解されるので、筋肉も一緒に萎んでしまいます。すなわち長期に渡って肉体を維持・進化させていくためには、食事量と運動量の管理はもちろん、ストレスコントロールも重要になるでしょう。


血糖値は高すぎても低すぎても良くない

少し話を戻しますが、血液中を流れる糖が十分量ある場合、その糖は筋肉内にグリコーゲンとして補充されるか、筋肉などエネルギーを欲しているどこかの細胞へ取り込まれるか、あるいは肝臓に戻って再びグリコーゲンになるかのいずれかです。しかし全ての細胞が糖を欲している訳ではないので、需要と供給のバランスが崩れると、糖は行き場を失ってしまいます。するとインスリンを分泌しても血糖値が下がらなくなり、次第にインスリンを分泌する機能やインスリンを受け取る機能が壊れてしまう事があります。それが糖尿病です。

また糖は短期的なエネルギーとしては優秀ですが、高血糖状態が続く事は長期的には人体にとって良くありません。特に高血糖はそのように糖尿病の原因になったり、「糖化(糖が蛋白質や脂質に結合し、その機能を低下させる)」を引き起こしたり、血液を流れにくくして血管の壁を傷つけたり、あるいは血管をつまらせるなどのリスクが高まります。一方、通常はそのリスクを回避するため、糖を、長期的に安定した脂肪へと変換して蓄えようとします。これにより皮下脂肪や内臓脂肪が増え、肥満の原因にもなります。更に血管内に脂肪が沈着すれば動脈硬化などの血管系の病気に、その状態で大きな血栓ができれば心筋梗塞や脳梗塞が起こるリスクも高くなると言われています。

野球選手は一般の人よりも身長が大きく、筋肉量も多く、更に運動量も多いため、その維持のためには食事量を確保しなければなりません。しかしただ単に大量に食べるだけでは糖を摂りすぎ、そのような高血糖を招きます。更に高血糖後は逆に急激な低血糖を招き、脳など重要な組織への糖の供給が上手くできなくなります。1日2日程度なら問題なくても、20年、あるいはそれ以上の積み重ねは、長期的に見れば健康を害します。しっかり自分の体に合わせた量の糖を摂取し、1回の食事量を増やすのではなく、食事の回数を増やすべきでしょう。また前述のように血糖値は実はストレスによる影響を受けています。ストレスコントロールが肉体の維持に繋がるというイメージは中々できませんが、野球以外でもストレスの管理に努めるべきでしょう。


何故空腹になるとお腹から音が鳴るのか

ちなみにですが、空腹時には小腸から「モチリン」というホルモンが分泌されます。これには胃を活動的にする作用があり、胃の中に残っている食べ物の残りカスなどを腸へと送り、次の食事の準備をすると言われています。それによっては空腹時特有の「グー」という音が鳴ります。また空腹が長時間続くと、今度は「グレリン」というホルモンが分泌されます。グレリンには新陳代謝を活性化させる作用があり、これによって次の食事までの間、体を栄養不足から守ります。一方、食事後には「レプチン」というホルモンが分泌されます。これは脂肪細胞から分泌され、エネルギー代謝を活性化させ、食事後に栄養素を効率良く利用できるようになります。またレプチンが分泌されると満腹感が得られます。血糖値が下がるという事は、エネルギーが足りない=食事を求めるという事なので、実際にはこれらのホルモンも連動して働きます。





男性ホルモンと女性ホルモンについて考える(別ブログリンク)

この記事ではホルモンの一種である男性ホルモンと女性ホルモンについて私なりにまとめています。尚、当記事はあくまで要点のみをまとめています。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『男性・女性ホルモンそれぞれの作用について考える』にまとめているのでそちらをご覧下さい。
(記事作成日時:2019-05-23)


男性ホルモンと女性ホルモンの種類

男性ホルモンとは「アンドロゲン」の事です。アンドロゲンはテストステロン、デヒドロテストステロン(DHEA)、アンドロステロンの総称で、その中でも男性ホルモンと言うと「テストステロン」の事を指す事が多いです。

一方、女性ホルモンには「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」があります。この内、卵胞ホルモンとは「エストロゲン(エストラジオール、エストリオール、エストロン等)」の事、黄体ホルモンとは「ジェスタージェン(プロゲステロン、17-ヒドロキシプロゲステロン、プロゲスチン等)の事で、それぞれの総称です。その中でも「女性ホルモン」と言うと、エストロゲンあるいはプロゲステロンの事を指す事が多いです。


男性ホルモンの作用

特にテストステロンでは、骨格的に強固にする作用(骨や筋肉)、性欲を増進する作用、性機能を発達・維持する作用、思考を変化させる作用(闘争心を高める等)、体毛を濃くする作用、声を低くする作用、皮脂を分泌させる作用などがあると言われています。そのため分泌量が増えれば、筋肉が大きくなりやすくなります。一方、テストステロンが分泌過多になる事ではそれらが強く表れ、ニキビができたり、髪の毛が薄くなったり、性欲が抑えられず暴力的になったりする事もあります。逆に分泌が減る事ではそれらの働きが逆行し、女性ホルモンの作用が強く出るようになります。


女性ホルモンの作用

続いてエストロゲンですが、こちらは脂肪の代謝を促す作用、カルシウムの代謝を促す作用、性機能を発達・維持する作用、体毛を薄くする作用、声を高くする作用、皮膚を薄くする作用、思考を変化させる作用(人格も女性的になる)などがあると言われています。そしてプロゲステロンは特に妊娠・出産に関わる機能の発達・維持に関わっていると言われています。一方、女性ホルモンと聞くと多いほど良いという印象もありますが、異常に増えればそれらの作用が強く出過ぎる事もあり、一説によれば乳癌や子宮頸癌の原因になる事があるとも言われています。また思春期前〜思春期中に起こる事では低身長の原因になる事もあるようです。逆に分泌が減る事ではそれらの働きが逆行し、男性ホルモンの作用が強く出る事もあります。ちなみに更年期があるのは女性だけです。


性ホルモンの分泌バランスを整える

実は男性でも女性ホルモンは分泌され、女性でも男性ホルモンは分泌されています。その量は非常に少ないですが、少ないながらも抑制的に働き、バランスを整える役割があると言われています。そのためどちらが増えすぎても減りすぎても良くありません。また性ホルモンはメラトニンという別のホルモンによってコントロールする事ができます。特に思春期中においてはこのメラトニンの分泌によって早熟を防いでいると考えられています。メラトニンは睡眠習慣に関わるホルモンなので、小さい頃からの規則正しい生活が重要になるでしょう。更にそのメラトニンはセロトニンから、セロトニンは太陽の光を浴び、必須アミノ酸のトリプトファンから作られます。そして性ホルモンも、セロトニンもメラトニンもストレスによる影響を受けます。つまり性ホルモンの分泌バランスを整えるには、食事はもちろん昼間の様々な行動も重要になるでしょう。


ドーパミンとノルアドレナリンについて考える(別ブログリンク)

この記事ではホルモンの一種であるドーパミンとノルアドレナリンについて私なりにまとめています。尚、当記事はあくまで要点のみ取り上げています。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『ドーパミンとノルアドレナリンそれぞれの作用について考える』にまとめているのでそちらをご覧下さい。
(記事作成日時:2019-05-22)


ドーパミンの役割

ドーパミンは何か大きな事を成し遂げた時に大量に分泌、あるいは何か好きな事をしている時にジワジワ分泌され、それによって幸福感・達成感・快感を得る事ができると言われています。また感情を制御する役割もあり、一つ一つの感情を強調するとも言われています。ただし後述のノルアドレナリンの分泌を促す役割もあるので、例え一度に大量分泌されても長時間は続かず、いずれは落ち着いていきます。

更にドーパミンは記憶にも関与し、長期的に何かを記憶する際に必要と言われています。例えば好きな物は見るだけで覚えてしまいますが、その際、五感から得られる情報を紐づけして深く記憶する事ができます。一方、それらのような役割から、分泌が不安定になると記憶障害が起こったり、感情の起伏が激しくなったり、酷い場合には幻聴や幻覚などが起こる場合もあります。このため様々な精神疾患に関与しているという説もあります。


ノルアドレナリンの役割

続いてノルアドレナリンですが、こちらはストレスに深く関わるホルモンです。大小問わずストレスを受けた時に分泌され、恐怖・緊張・怒りなど負の感情を増大させると共に、神経伝達をスムーズにする事で心身を活性化させ、向かい来るストレスに対峙する準備をします。またノルアドレナリンには興奮作用を持つアドレナリンを分泌させる作用があります。ノルアドレナリンは主に脳に、アドレナリンは主に体に作用し、それによって身体機能が高まります。スポーツではパフォーマンスに直結するため、非常に重要なホルモンです。しかし分泌が不安定なると冷静さを失い、思考力が低下、また感情が抑えられず、場合によっては暴力的な行動を起こす事があります。


ドーパミンとノルアドレナリンの分泌バランスを整える

ドーパミンもノルアドレナリンも、睡眠に深く関わるセロトニンやメラトニンによってコントロールされています。よってドーパミンとノルアドレナリンの分泌バランスを整えるためには、まず睡眠習慣の改善が不可欠です。またドーパミンやノルアドレナリンの分泌が乱れるようなストレス環境では、セロトニンやメラトニンの分泌バランスが崩れ、睡眠が上手く取れなくなります。そのためストレスコントロールも合わせて行うべきです。ただしストレスはどこにでもあります。物事に対する考え方、感じ方、受け止め方を変える事も重要です。

尚、ノルアドレナリンによって分泌されるアドレナリンには、血糖値を上昇させる役割があります。また同じく血糖値を上げる役割を持つホルモンとして、グルカゴン、コルチゾール、成長ホルモンなどがあり、逆に血糖値を下げる役割を持つホルモンとしてはインスリンがあります。つまり睡眠に関わるホルモンは、結果として食事に関わる様々なホルモンにも影響を与えているという事です。更にドーパミンやノルアドレナリンはアミノ酸であるチロシンから、チロシンは必須アミノ酸であるフェニルアラニンから作られます。すなわち睡眠と食事は繋がっており、その意味でも睡眠習慣は疎かにしてはなりません。


ドーパミンは骨の健康を維持するのにも必要?

ちなみにこれは余談なのですが、前述したドーパミンにはカルシトニンという別のホルモンの分泌を促す作用があります。このカルシトニンは特に食事をした後に分泌され、血中のカルシウム濃度が十分な時、骨からカルシウムが放出される事を抑制し、骨へカルシウムを沈着させる事を促進する働きがあると言われています。つまりドーパミンの分泌は結果として骨を丈夫にする事にも繋がっている訳です。

またカルシトニンにはパラトルモンという別のホルモンの分泌を抑制する作用もあります。パラトルモンはカルシウムの摂取量が減少し、逆に血中のカルシウム濃度が低下した時に分泌され、骨からカルシウムを放出させ、血中のカルシウム濃度を高める働きがあると言われています。その他、カルシウムが尿から排出される事を防ぎ、腎臓による再吸収を促す作用もあると言われています。つまりこれは単純にカルシウムの摂取量が減ると骨が脆くなるという事を意味しています。


セロトニンとメラトニンについて考える(別ブログリンク)

この記事ではホルモンの一種であるセロトニンとメラトニンについて私なりにまとめています。尚、当記事はあくまで要点のみをまとめています。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『セロトニンとメラトニンの作用について考える』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

(記事作成日時:2019-05-22)


セロトニンとメラトニンの役割

セロトニンはドーパミンやノルアドレナリンなど精神状態に関わるホルモンをコントロールし、全体的なホルモンバランスを整え、精神を長期的に安定化させる役割があると言われています。これにより簡単に言えば心身が活性化されます。また太陽光を浴びる事で分泌が促され、太陽が沈む事で分泌が抑えられます。これにより昼間の活動力の源になると共に、体内時計のような役割も果たし、生活習慣に規則的なリズムをもたらします。俗には「幸せホルモン」と呼ばれる事もあります。

一方、メラトニンも他の様々なホルモンをコントロールしていますが、逆にこちらは興奮を鎮めるために働くと言われています。これにより心身が沈静化され、特に睡眠を行うための準備を促す作用があります。この事から俗に「睡眠導入ホルモン」と呼ばれる事もあります。またメラトニンはセロトニンから作られ、セロトニンと入れ替わるようにして分泌されます。つまりセロトニンの分泌が抑えられる夜間に主に分泌され、昼間は分泌が抑えられるため、これによってやはり体内時計のような役割も果たしています。この他、思春期や思春期以前においては、性ホルモンの分泌を調節し、早熟を抑える役割があるとも言われています。このため身長の伸びにも関係しています。


セロトニンとメラトニンの分泌バランスを整える

ここから何が言えるのかというと、まずセロトニンとメラトニンは睡眠習慣に深く関わるホルモンという事です。よく「規則正しい生活をすべき」「早寝早起きをすべき」と言われますが、それにはこのセロトニンとメラトニンが関係しています。毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起き、暗くなったら寝て、明るくなったら起き、その上で十分な睡眠時間を確保しましょう。

また前述のようにセロトニンとメラトニンは他のホルモンをコントロールし、精神状態を維持するためにも必要です。これは別の言い方をすると、睡眠習慣の乱れが精神状態に関係するという事であり、精神状態の乱れ(ストレスなど)が睡眠習慣に関係するという事です。睡眠は単純に心身を休養させるために必要であり、1年間の調子の上下動を抑えるためには、睡眠習慣はもちろん、ストレスコントロールも必要になるでしょう。ただしストレスはどこにでもあります。物事に対する考え方、感じ方、受け止め方を変える事も重要です。

更にセロトニンとメラトニンの影響を受けるホルモンとして、他にアドレナリン(ノルアドレナリンによって分泌)もあり、実はこのアドレナリンには血糖値を上昇させる役割があります。また同じく血糖値を上げる役割を持つホルモンとして、グルカゴン、コルチゾール、成長ホルモンなどが、逆に血糖値を下げる役割を持つホルモンとしてはインスリンがあります。何が言いたいのかと言うと、睡眠に関わるホルモンは、結果として食事に関わる様々なホルモンにも影響を与えているという事です。睡眠と食事は繋がっており、その意味でも睡眠習慣は疎かにしてはなりません。ちなみにセロトニンは必須アミノ酸のトリプトファンから作られます。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。