ジャイロボールを含めた投球の組み立て方

この記事ではジャイロボールを含む球種を使った「投球の組み立て方」について私なりにまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。尚、当記事に書かれた内容は理論に基づいたものではありません。私が勝手に考えた「個人的な考え方」であり、実戦で役に立つとは限りません。あくまで参考程度に留めておく事を強くオススメします。
(記事作成日時:2013-06-16、更新日時:2019-03-23)


「ジャイロボールを含めた投球の組み立て方」の続きを読む

手元を見ずにジャイロボールの握りができるように

ジャイロボールという事をバッターに分からせないようにするためには、握り方を練習する必要があります。特にフォーシームジャイロやツーシームではその縫い目に特徴があり、安定して投げるためにはできるだけ手元を見ずに握る必要があります。ここではそれについて私なりにまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。
(記事作成日時:2013-06-10、更新日時:2019-03-23)


「手元を見ずにジャイロボールの握りができるように」の続きを読む

簡単には打てそうにないという雰囲気を作る事

例えハッタリでも良いので、簡単には打てそうもないという雰囲気を作る事も、私は重要だと考えています。この記事ではそれについて私なりにまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。
(記事作成日時:2013-05-30、更新日時:2019-03-22)


「簡単には打てそうにないという雰囲気を作る事」の続きを読む

ジャイロボールを球速以上に速く感じさせるには

フォーシームジャイロとツーシームジャイロの特性を活かすためにはある程度の球速が必要です。しかしジャイロボールはバックスピンストレートよりも球速を出す事が難しいため、別の方法で「速く感じさせる」事が重要です。ここではそれについて私なりにまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。
(記事作成日時:2013-01-03、更新日時:2019-03-22)


「ジャイロボールを球速以上に速く感じさせるには」の続きを読む

ジャイロズレを投球の中でどのように使うか

ジャイロズレとは、フォーシームジャイロあるいはツーシームジャイロの回転軸を45度傾けたボールの事で、私が勝手にそう呼んでいるだけです。通常のフォシームジャイロとツーシームジャイロは回転軸が地面と平行で、進行方向と一致しています。このため通常は横へは変化しません。しかし回転軸を傾ける事で横へ変化させる事ができ、通常のフォーシームジャイロやツーシームジャイロとは使い方が変わります。ここではそれについて私なりにまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。
(記事作成日時:2012-11-27、更新日時:2019-03-22)


「ジャイロズレを投球の中でどのように使うか」の続きを読む