成長ホルモンと甲状腺ホルモンについて考える(別ブログリンク)

この記事ではホルモンの一種である成長ホルモンや甲状腺ホルモンについて私なりにまとめています。尚、当記事はあくまで要点のみ取り上げています。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『身長の伸びに深く関わる骨端線・成長ホルモン・IGF-1』や『甲状腺ホルモンの分泌と身長の伸びについて考える』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

(記事作成日時:2019-05-23)


成長ホルモンとは?

成長ホルモンとは「ヒト成長ホルモン(略称:hGH)の事です。その名の通り「成長作用」があり、細胞の複製及び増殖を促す働きがあると言われています。尚、成長ホルモンと聞くと身長の伸びに関係している事で知られ、思春期やそれ以前に分泌されるイメージがありますが、当然大人でも分泌されます。例えば筋肉を鍛える事で大きくなるのも、怪我をして治るのも、この成長ホルモンの作用によるものです。野球選手はもちろん日常生活においても必要不可欠なホルモンと言えるでしょう。

一方、成長ホルモンは糖の供給量が少なくなった時、あるいはストレスを受けた時にも分泌され、血糖値を上げる役割もあります。そのため分泌を促すには糖を適度に摂取する事と、適度なストレスを受ける・与える事が重要です。それが体を大きくする事にも繋がっていきます。ただしその分泌量は普段の食事や睡眠によって大きく左右されます。それらが疎かになっていれば、いくら必死に体を鍛えても逆に萎んでいく一方です。

ちなみに成長作用をもたらす場合、脳から分泌された後に一旦肝臓に行き、そこで変換されてから各細胞へ作用します。一方、血糖値などに関わる場合には直接脳から作用します。そのため体を大きくするためには肝臓の機能を維持する事も重要になるでしょう。やはり不規則な生活は良くありません。


甲状腺ホルモンとは?

続いて甲状腺ホルモンですが、こちらは「古くなった細胞を新しく作り変える」という新陳代謝の過程をスムーズにする働きがあると言われています。特に甲状腺ホルモンを受け取った細胞のエネルギー代謝を活発化させ、糖・脂肪・蛋白質をエネルギーへ変換しやすくする事ができます。それによって新陳代謝が活性化、そのプロセスが円滑化され、それによっては単純に「基礎代謝」も上がる事になります。当然運動量が増えれば分泌量も増える事でしょう。

ただしストレス、過労、喫煙などによっては逆にその分泌が悪くなる事もあります。確かに運動は大切ですが、例えば回復が間に合わなくなるほどのペースで筋トレを行ったり、あるいはそれ以外でのストレス(筋トレはハードであればそれ自体がストレスとなり、そこに別のストレスが加わる事で更にストレス状態は悪化する)は体にとって良くありません。


そのように成長ホルモンも甲状腺ホルモンも、ストレスによる影響を受けています。ストレスと聞くと悪いイメージがありますが、適度であれば、むしろホルモンの分泌を促す事ができます。問題なのは自分では処理できないような大きなストレスを受けたり、1つ1つは小さなストレスでもそれが長期に渡って積み重なる事です。パフォーマンスを上げようと運動に気を使ったり、食事に気を使ったり、あるいは睡眠に気を使う事は当然なのですが、ペース配分はもちろん、それ以外の部分でのストレスコントロールもしっかりと行いましょう。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。