ストレート系の球種について

ストレート系の球種について。
 
 
 
ここでいうストレートは真っ直ぐな軌道を描く球種の総称です。

何故ストレートが真っ直ぐな軌道になるかというと、
バックスピンがかかり、重力に逆らっているからです。
リリースの関係上最もボールに力が伝わりやすく、球速が出やすい球種です。
ただ全く落ちない訳ではなく、もちろんホップもしません。
スピン量が多いほど落ちにくくなっているだけです。

スピン量が多くなるとバッターの予測よりも上に来るので、
バッターにとっては浮き上がってくるように見えます。
それによって空振りを奪う事ができます。
上から投げれば角度もつき、球速があればどんどん三振を奪えるでしょう。

このバックスピンが綺麗なほどボールが落ちにくくなり、
より重力に逆らって真っ直ぐな軌道になりますが、
純粋なバックスピンをかけるのはプロでも難しいです。
少しシュート回転がかかっているのが普通です。

よく、純粋なバックスピンを目指すようにと指導者に教えられると思いますが、
純粋なバックスピンは関節への負担が大きいとされています。
そもそも投球動作自体、関節には無理のある動きなのです。
(いくら真っ直ぐ腕を振ろうとしても実際は斜めに振るしかなく、
指の方向と腕の振られる方向が微妙にずれてしまう)

そこで純粋なバックスピンが全てと決めてしまうと、
後述の微妙に変化するストレートを修得するのが難しくなります。
それどころか故障に繋がる可能性もあります。

バックスピンもそうですが球速もそうです。
速ければ三振を奪えますが三振だけが全てではありません。
三振だと球数が多くなり、故障に繋がる危険があります。
ゴロを打たせて取った方が球数は少なくなり、単純に楽なのです。

同じ直球系のボールでも少し変化するボールを、
ムービングファストボールなどと言ったりします。
そういう微妙に変化するボールはゴロを打たせて取るのに適しています。
すなわちきれいなバックスピンだけが全てではないという事です。

メジャーリーグでは変化しやすいボールと球数制限などから、
バッターの手元で僅かに動くストレート系のボールを使い、
ゴロを打たせて取るのが主流ですが、
日本にそういうピッチャーがいないのは日本のボールがそれほど変化しないからです。

それ故、日本のピッチャーにはそのような動くストレートを投げる術はありませんし、
日本のバッターにはそのような動くストレートを打つ術もありません。
日本からメジャーに渡った選手はこれによってよく苦労させられています。

日本の野球も中学生や高校生頃からは、
通常のストレートと同様に微妙に動くストレートも学んだ方が良いでしょう。
球速を求めたところで日本人の体格では150km/h程度が限界です。
バッターをいかに抑えるかを考えましょう。



さて、ストレート系で有名な球種に「ツーシーム」がありますね。
このシームについては既に過去の記事でも説明した通り、
1回転中に見える縫い目の数の事を言います。
その縫い目の数はフォーシームが4本、ツーシームは2本です。
本数が少なくなるほど空気抵抗が増え、縦に沈むようになります。

例外としてワンシームやゼロシームがありますが、
この2つは1回転中の縫い目の数ではなく、
単に握る時の縫い目の特徴を表したものです。

よくツーシームはシュートまたはシンカー方向に変化すると思われていますが、
本来はただ単に「沈むストレート」です。
何故シュート方向へ変化するかというと、
握りとリリースの関係でシュート回転しやすいからです。
しかし人によってはカットボールのようにスライダー方向へ変化する人もいます。

これはあらゆるストレート系のボールに言えます。
握り、回転、リリースの違いにより、人によって変化が異なるからです。
ので「この球種はこの変化」と決めてしまうのは良くありません。



★ストレートの分類
●回転や変化による違い
・カットボール系:利き腕とは逆方向に少し滑るストレート
・シュートボール系:利き腕の方向へ少し滑るストレート
・スプリット系:少し沈むストレート

●握りや縫い目による違い
・フォーシーム
握り:横に走る一本の長い縫い目に人差指と中指を揃えてかけて握る。
・ツーシーム
握り:縦に走るニ本の短い縫い目に人差指と中指を被せるようにして握る。
一言:力を入れる指、指と指の間隔によって縦または横の変化が異なる。
・ワンシーム
握り:人差し指と中指で縦に走る一本の長い縫い目を挟むようにして握る。
(人差し指の外側と中指の内側に一本の長い縫い目が来るように)
一言:力を入れる指によって縦または横の変化が異なる。
・ゼロシーム
握り:人差指と中指で縫い目のない所を握る、または指先を浮かせて握る。
一言:縫い目には指をかけない。握り方によって縦または横の変化が異なる。
・カットボール
握り:フォーシームで人差し指と中指を利き腕側へ少しずらして握る。
一言:回転軸がずれるとシュート方向へ変化する事がある。
・シュートボール
握り:フォーシームまたはツーシームで中指側に力を入れて握る。
一言:シュート回転したストレートとは異なる。
・スプリッター
握り:人差指と中指の間を少し開き、
横に走る一本の長い縫い目にかけるようにして握る。
一言:ストレートのようにバックスピンをかける。
・チェンジアップ
握り:複数の指または特殊な握り。
一言:ストレートのようにバックスピンをかける。



※握りの画像は準備中
posted by SaruyaMichael at 17:00 | TrackBack(0) | ジャイロボール以外の球種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック