シンカーとシュートについて

シンカーとシュートについて。
 
 
 
メジャーリーグではシンカーは、
利き腕の方向(右投手は右へ、左投手は左へ)へ沈む変化球の総称です。
ので、日本で言うツーシーム系や利き腕方向へ変化するチェンジアップ系、
シンカー・スクリューボールは向こうでは全てシンカーという分類になるようです。

またメジャーリーグではシュートボールという球種自体がなく、
日本で言うシュートボールは全てシンカーに含まれてしまいます。
メジャーリーグでは日本ほど細かく分類されていないようです。

ので、ここからは分かりやすくするため、
「日本で言う」シンカーとシュートボールについて書きます。
日本で言うシンカーは利き腕方向に曲がりながら落ちる球種です。
スライダーほどではありませんがそれなりに球速があり、
変化量によっては空振りを奪う事もできます。

何故シンカーが利き腕の方向へ変化するのかというと、
単純にシュート回転がかかっているからです。
加えてリリースの仕方によって、
トップスピン(縦回転、ドライブ)やジャイロ回転がかかり、
それによって落ちる変化も有しています。

同じような球種としてスクリューボールというのがありますが、
スクリューボールはシンカーのような球速がなく、
カーブのように山なりの軌道を持っている、というのが私の認識です。
このようなスクリューボールを扱うピッチャーは非常に希少です。

一方、シュートボールはというとシンカーのようには沈まず、
ストレートのように真っ直ぐ来たボールが、
バッターの手元で伸びるように曲がる球種です。

何故シュートボールが利き腕の方向へ変化するのかというと、
単純にシュート回転がかかっているからです。
加えてバックスピンの要素が強いためストレートに近い軌道になります。

何故バッターの手元で曲がるかというと、
これはボールが手を離れた時とバッターが打つ時とでは、
回転が微妙に変わっているからです。

シュートボールはストレートを投げる時に、
中指に力を入れるようにして投げます。
これによってボールが手を離れた時はバックスピンが主な回転でも、
バッターの手元では少しシュート回転が入るようになります。

もちろん意図的にシュート回転をかける事でも曲がりますが、
無理に回転をかけようとすると腕を大きく捻る必要があり、
投球動作の流れの中でそれを行うと非常に関節への負担が大きいとされています。
(だからといってシュートボールを投げるなと決めてしまうのは良くない。
正しい投げ方を身につければ立派な勝負球になり得る。)

シンカーはスピン量を上げる事よりもスピン量を下げて縦の変化を、
シュートは変化量よりもストレート系として扱い、
少しの変化でゴロを打たせて取る事を目指しましょう。



★シンカーとシュートボールの分類
●回転による分類
・シュートスピン
軌道:横回転が主なシンカーまたはシュート。横に大きく曲がり多少落ちる。
一言:自分がシンカーとして投げているか、シュートとして投げているかによる。
またリリースポイントを下げる(サイド)ほど落ちる横の変化は出やすくなる。
・トップスピン(縦回転、ドライブ)
軌道:トップスピンが主なシンカー。横の変化が小さい代わりに大きく落ちる。
一言:リリースポイントが高いほど投げるのが難しい。
・ジャイロスピン:過去記事のジャイロシンカー及びジャイロシュートを参照。
・バックスピン
軌道:バックスピンが主なシュート。重力に逆らいながら横に少し滑る。
一言:縫い目にかける指など握りを調節する事で、
バックスピンの量を抑えれば縦や横の変化を大きくする事もできる。
尚、縫い目によっても、
フォーシーム<ツーシーム<ワンシーム<ゼロシームの順に大きくなる。

●軌道による分類
・シンカー:球速がそれなりにあり、落ちる変化が大きい。
・スクリュー:球速が遅く、山なりの軌道になる
・シュート:球速が出ており、軌道はほぼ真っ直ぐ。落ちる変化は少ない。

●握りによる分類
・シンカー
握り::中指と薬指を縫い目にかけその指と指の間隔を空けて握る。
一言:中指の腹か外側で「ボールの内側を地面の方向」に回転をかけるようリリースする。
リリースポイントが下がるほど落ちる変化は大きくなるが、
これはリリースポイントが高いと投げるのが難しいからである。
・スクリュー
握り:理論的にはカーブの逆の握りをすれば可能。
一言:関節への負担が大きい。上投げではリリースが難しい。
・シュート
握り:ストレートの握りのまま中指に力を入れてリリースする。
フォーシーム、ツーシーム、ワンシーム、ゼロシームとどの握りでも可能。
一言:無理にシュート回転をかけようとして捻るのは関節への負担が大きい。



※握りの画像は準備中
posted by SaruyaMichael at 17:00 | TrackBack(0) | ジャイロボール以外の球種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック