ナックルボールなどについて

ナックルボールなどについて。
 
 
 
ナックルボールは他の球種とは違い、
ボールが回転していないのが大きな特徴です。
ボールが回転しない事で全面から大きな空気抵抗を受け、
他の球種よりも大きく減速しながら落下します。
全球種の中で最も減速と落差が大きい球種なのです。

そして何と言ってもナックルボールには不規則な変化があります。
投げた本人も分からないような変化をするため「魔球」とも呼ばれています。

ただし「回転しない」と言っても全く回転しない訳ではありません。
例えボールが手を離れた時が無回転であっても、
キャッチャーミットへ届くまでに僅かに回転を始めると言われています。
空気がどこかしらの縫い目に当たりその影響を受けるからです。

すなわちナックルボールは完全な無回転ではありません。
もしボールが全く回転しない「無回転」だと、
そのようにただ落下するだけのボールになってしまうからです。

ナックルボールにおいて重要なのは「僅かな回転」にあります。
ボールが手を離れてキャッチャーミットへ届くまでの間に、
一つの方向(縦、横、斜めなど)へ無回転〜1回転する事によって、
「誰も予想ができない不規則な変化」が出るのです。

何故、僅かな回転によって不規則に変化するかというと、
回転している間、縫い目の位置が常に変わり続けるからです。
縫い目の位置が変わり続ける事によって空気の流れが不規則になり、
上下、左右、前後とあらゆる方向へボールが動かされます。
それが不規則な変化となって目に見えるほどに現れます。

その不規則な変化は投げている本人も分からず、
キャッチャーも捕球が難しいので専用のキャッチャーが必要な場合があります。
それ故、四死球や暴投でランナーが出やすいという問題があります。
バッターからすればその不規則な変化は非常に打ちづらく、
また球速がないため打っても飛びにくいという厄介な球種です。

ただ、無回転〜1回転という回転以上の回転をしてしまうと、
不規則な変化が出ず、ただの球速の遅い絶好球になってしまう危険性があります。
最低でもその回転をコントロールし、
安定的に投げる事ができなければ実践で使う事は厳しいでしょう。

ちなみにナックルボールを主に扱うナックルボーラーの中には、
ナックルボール以外にストレートやカーブなどの球種を使う選手もいます。

●ナックルボールの握り
・二本指
握り:人差指・中指、または中指・薬指を折り畳み、
ボールに爪〜第一関節までを付けて握る。
折り畳まない指はボールを支えるだけ、もしくは浮かせて使わない。
一言:コントロールは難しい。

・三本指
握り:人差し指・中指・薬指、または中指・薬指・小指を折り畳んで握る。
折り畳まない指はボールを支えるだけ、もしくは浮かせて使わない。
一言:コントロールは難しい。

・四本指
握り:親指以外のすべての指を折り畳んで握る。
一言:コントロールは難しい。

・フォークボールのように挟む
握り:人差指と中指で均等にボールを挟む。
一言:真っ直ぐリリースする事で無回転のボールを投げる事が可能。
通常のナックルボールよりも球速は出る。コントロールは難しい。

・パームボールの握りでナックルボール
握り:親指と小指でボールを挟み、それ以外の指を浮かせる。
一言:これも手の平で擦らないようにして投げれば無回転のボールを投げる事が可能。
通常のナックルボールよりも球速は出る。コントロールは難しい。
ちなみにリリースの仕方によってはわざと横回転をかける事も可能。

・シェイク
握り:ストレートの握りで人差し指と中指を縫い目に指をかけずに浮かせる。
一言:回転をかけないようにして投げれば無回転のボールを投げる事が可能。
通常のナックルボールよりも球速は出る。コントロールは難しい。
逆にリリースの仕方によってはわざと少し回転をかける事も可能であり、
ストレートのようにして投げればゼロシームという球種になります。



※結局、無回転〜1回転を目指す事になるので、
握りによる変化の違いはほとんどありません。

※握りの画像は準備中
posted by SaruyaMichael at 17:00 | TrackBack(0) | ジャイロボール以外の球種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/396541187

この記事へのトラックバック