カーブ系の球種について

カーブについて。
 
 
 
カーブは利き腕とは逆方向へ曲がりながら落ちる変化球です。
投げている側から見て右投手のカーブは左へ曲がりながら落ちていき、
左投手のスライダーは右へ曲がりながら落ちていきます。

握りやリリースの関係上スライダーのように球速が出ないので、
カーブは基本的に大きく山なりの軌道を描きます。

右打者の側から見れば、
右投手のカーブは山なりに上の方から外へ落ちていき、
左投手のカーブは上の方から内に向かって落ちてきます。
このような球種の総称が「カーブ」です。

カーブが何故利き腕と逆の方向に曲がるかですが、
これは横のスライダーのようにボールに強い横回転がかかっているからです。
(右投手は右回転、左投手は左回転)
ただしカーブにはトップスピン(縦回転、ドライブ)も入っており、
主にそれによって縦に落ちています。

尚、その球種をカーブとするか否かは、
投げている本人がカーブとして投げているか投げていないかによります。
例えばカーブのような軌道のスライダーであっても、
投げている本人がスライダーとして投げていればそのボールはスライダーとなります。

カーブはどんな回転が主かで横や縦の変化が異なります。
例えば純粋な横回転に近いほど横に大きく変化しますし、
縦回転に近いほど横の変化が小さくなり、縦に落ちるようになります。

また人によってはジャイロ回転をする場合もあり、
ジャイロ回転が主だと横の変化が小さくなり、大きく縦に落ちますが、
回転軸の傾きによってその横や縦の変化が少し変わります。
(回転軸がズレてシュート方向に変化する等。
ただし意図してジャイロ回転をかけている訳ではない=ジャイロズレではない)

日本では普通のカーブと縦のカーブとを区別して呼ぶ事がありますが、
見ている側が勝手に呼んでいるだけで区別して使っているピッチャーは少ないです。
ただしプロのピッチャーの中には、
握りや回転のかけ方で何種類かのカーブを投げ分けている選手が実際にいます。

カーブは習得も比較的容易ですが球速が出にくいため、
日本では投げているピッチャーが少なくなってきています。
メジャーリーグでは空振りを奪える球種として、
球速の出るカーブを使用する選手がいます。



★カーブの種類
●変化による分類
・縦のカーブ
軌道:山なりで横の変化が小さく縦に大きく落ちる、球速が出にくい
一言:トップスピン(縦回転、ドライブ)が主。
・横のカーブ
軌道:山なりで横の変化が大きく縦にも落ちる
一言:横回転が主、上向きの力が働かないので縦にも落ちる。
純粋な横回転に近づくほど横の変化が大きくなるがそれを目指す必要はない。
・スラーブ
軌道:スライダーとカーブの間のような山なりの軌道を描く、球速が出にくい
一言:投げた本人がスライダーと言えばスライダー、カーブと言えばカーブ。

●球速による分類
・高速カーブ
軌道:速いカーブ
一言:球速があり縦や横の変化が大きいほど空振りを奪いやすい。
球速を出しやすい自分に合う握りを見つける必要がある。
・スローカーブ
軌道:より低速のカーブ
(ストレート140km/hの選手が投げる100km/h前後・それ以下の球速のカーブ)
一言:山なりの軌道を描き、タイミングを外す目的で使用する。

●握りによる分類
・通常のカーブ
カーブの基本的な握りは、
まずボールを正面から見て上側に縫い目が来るようにし、
その縫い目に中指と人差し指をかけ、親指はその反対側に置きます。

正面から見ると指の形が「⊃」になっています。
この握りの状態で上にある人差し指と、
下にある親指の間からボールが抜けるようにして回転をかけます。

カーブ握り例.png

すると親指が先に離れ、人差し指の内側全体でボールに回転がかかり、
ボールにトップスピンの回転を与える事ができます。
イメージとしてはボールが手よりも遅れて出てくる感じですね。

当然ですが、回転をかける際に手首を捻ったりするのはやめましょう。
また球速が出づらく元々見極められやすいため、
ストレートと同じようなフォームで投げる事を心がけましょう。

ボールを指の間から抜く際の力加減を弱くし、
ボールを放つ角度(山なりの山の大きさ)を調節する事で、
更に速度を遅くする事ができます(スローカーブ)。
(ただし回転量が減りやすいので注意)



・高速カーブ
通常のカーブの握りでは人差し指の内側でしたが、
球速のあるカーブでは中指外側に力を入れ、
中指の外側で回転をかけるようにリリースします。

少しスライダーのリリースの仕方に似ています。
力を入れるのは縫い目にかけた指の第一関節までです。
指先から第二関節まで力を入れてしまうと手首や肘の負担が増えます。

すなわち指先の外側に力を入れるのでコントロールは難しくなります。

人によっては投げやすいように人差し指の使い方を変える人もおり、
例えばナックルボールのように人差し指を折りたたんでボールに押し付けたり、
人差し指の指先を縫い目に乗せて第二関節を浮かせたりします。

その人差し指を立てる握りから「ナックルカーブ」とも呼ばれており、
特にメジャーリーグの速球派のピッチャーに好まれています。
ただし手の大きさが小さい日本人には投げるのが難しいですね。
(日本ではカーブはボールを抜くように指導されるので習得が難しい)

※握り画像準備中

この記事へのトラックバック