スライダー系の球種について

スライダー系の球種について。

独り言:seesaaブログ重過ぎ 
 
 
スライダーは利き腕とは逆方向へ曲がる変化球です。
投げている側から見て右投手のスライダーは左へ、
左投手のスライダーは右へ曲がります。

右打者の側から見れば右投手のスライダーは外へ逃げていき、
左投手のスライダーは内に向かってきます。
このような球種の総称が「スライダー」です。

スライダーが何故利き腕と逆の方向に曲がるかというと、
これはボールに強い横回転がかかっているからです。
(右投手は右回転、左投手は左回転)

尚、その球種をスライダーとするか否かは、
投げている本人がスライダーとして投げているか投げていないかによります。
例えばカーブのような軌道のスライダーであっても、
投げている本人がスライダーとして投げていればそのボールはスライダーとなります。

スライダーはどんな回転が主かで横や縦の変化が異なります。
例えば純粋な横回転に近いほど横に大きく変化しますし、
横回転にバックスピンの要素が加わると小さく横滑りする変化になります。

ジャイロ回転が主だと横の変化が小さくなり、大きく縦に落ちますが、
回転軸の傾きによってその横や縦の変化が少し変わります。
(回転軸がズレてシュート方向に変化する等。
ただし意図してジャイロ回転をかけている訳ではない=ジャイロズレではない)

ちなみにジャイロ回転したボールを上から見ると、
右投手は右回転、左投手は左回転しており、
下方向へは右投手が左へ、左投手は右へボールが流れていきます。

これは分かりやすく言うと、
例えば建物など高い所から下に向かって横回転をかけたボールを投げると、
右回転は左へ曲がり、左回転は右へボールが曲がっていきます。

仰向けになって卓球のボールを上に投げてみるとよく分かります。
上に向かって右回転のボールを投げるとちゃんと左方向へ曲がるのに、
落ちてくる時はこちらから見て右方向へ曲がりながら落ちてきます。

これが野球でも同じ事が起こり、
ジャイロ回転していてもボールが落ちて行く時にちゃんと曲がります。
ので、特に横回転が主だとかジャイロ回転が主だとかは気にしなくて問題ないです。

日本では横に曲がるスライダーを横のスライダー、
縦に落ちるスライダーを縦のスライダーと区別して呼ぶ事がありますが、
見ている側が勝手に呼んでいるだけで区別して使っているピッチャーは少ないです。
ただしプロのピッチャーの中には、
握りや回転のかけ方で何種類かのスライダーを投げ分けている選手が実際にいます。

スライダーはボールの端を前へ擦るように投げると横回転が主なスライダーとなり、
ボールの端を上から下へ擦るように投げるとジャイロ回転が主なスライダーになります。
特に後者の投げ方は力も伝わりやすいため球速がよく出ます。
よりストレートの握りに近ければ、
横回転が入ったバックスピンが主なスライダー(カットボール)になります。

スライダーはコントロールもしやすいので習得も比較的容易であり、
多くのピッチャーが使用する基本的な球種と言えるでしょう。



★スライダーの種類
●変化による分類
・縦のスライダー
軌道:横の変化が小さく縦に大きく落ちる
一言:ジャイロ回転が主。意図してジャイロ回転をかけている投手は少なく、
リリースポイントが高いほど勝手にジャイロ回転しやすくなる。
ジャイロ回転している性質上初速と終速の差が少なく、球速があれば空振りを奪いやすい。
・横のスライダー
軌道:横の変化が大きく縦にも少し落ちる。
一言:横回転が主、上向きの力が働かないので縦にも少し落ちる。
純粋な横回転に近づくほど横の変化が大きくなるがそれを目指す必要はない。
リリースの関係で球速が出にくく、球速が出ないと見極められやすい。
・スラーブ
軌道:スライダーとカーブの間のような山なりの軌道を描く、球速が出にくい
一言:投げた本人がスライダーと言えばスライダー、カーブと言えばカーブ。
スライダーの握りでカーブのようなリリースの仕方をすると、
トップスピン(縦回転、ドライブ)がかかり、このような軌道になる事がある。
・マッスラ(カットボール、カッター)
軌道:少し横へ変化するストレート、球速が出やすい。
一言:バックスピンが主な回転で少し横に傾いており、落ちにくく横滑りする。
球速はストレートに近く、変化が小さいためゴロを打たせて取るのに適した球種。

●球速による分類
・高速スライダー
軌道:速いスライダー、バッターの手元で変化する
一言:球速があり縦や横の変化が大きいほど空振りを奪いやすい。
・スロースライダー
軌道:遅いスライダー、変化するのが速い
一言:山なりの軌道を描き、主にタイミングを外す目的で使用する。

●握りによる分類
※前回の記事で書きましたが回転から握りを決めると良いです。
・横のスライダー
スライダーを横に変化させたいなら横回転をかける必要があるので、
その回転をかけるために最適な握りを考えていけば良いです。

まずボールを正面から見て、
右投手は右端に長い縫い目が、左投手は左端に長い縫い目が来るようにします。
中指の外側をその長い縫い目の「手前」に沿わせるように置き、
その中指と揃えるようにして人差し指を置きます。
(人差し指は縫い目にかかっていてもいなくてもおk)
そしてその中指・人差し指と反対側にある縫い目に親指をかけます。

この時、正面から見ると自分の指の形は、
「II(右投手は右に、左投手は左に少し寄っている)」になっており、
横から見ると「∪」の形になっています。
この状態で中指の外側で縫い目を前へ擦るように投げれば、
右投手は右回転の、左投手は左回転の横に変化するスライダーを投げる事ができます。

スラ握り例1.png

ただし回転をかける際は手首を捻ったり指先だけで擦るのはありません。
小手先だけで変化球を投げると、
バックスピンストレートを投げる時と大きくフォームが変わる事で、
球種を簡単に見極められてしまいます。
もちろん故障の原因にもなりますし、力が伝わらないので球速も出ません。

手首は固定し、他の球種を投げる時と同じフォーム、リリース位置、
力の入れ方ができるように練習しましょう。
全身が生み出した力を中指の外側から最終的にボールへ伝えるようなイメージです。

上投げで横に変化するスライダーを覚える際には、
リリースポイントを下げた方がストレートと同じフォームで投げやすいです。
もちろんその場合、必然的にストレートのリリースポイントも下げる事になりますが。
横のスライダーはサイドスローであれば自然に投げる事ができるでしょう。



・縦のスライダー
横のスライダーではボールの端を前へ擦るように投げますが、
縦のスライダーではボールの端を上から下へ擦るように投げます。
ボールへ力が伝わりやすいので球速が出やすく、
リリースポイントも高いまま維持する事ができます。

握りはまず横のスライダーのようにボールの端に長い縫い目が来るようにします。
横のスライダーではその長い縫い目に中指の外側を添えましたが、
縦のスライダーでは中指の「第一関節まで」を、
その縫い目に対して指が斜めになるようにかけて握ります。

横のスライダーでは縫い目に沿わせた中指の外側全体で回転をかけますが、
縦のスライダーでは縫い目にかけた中指の「第一関節まで」で回転をかけます。
ただし中指の外側(爪の外側辺り)にちゃんと力を入れておきます。

スラ握り例2.png

この状態でボールの端を上から下へチョップ?するように投げると、
ジャイロ回転がかかりやすくなり、ボールが縦に変化するようになります。
これはフォーシームジャイロの握り・投げ方に似ていますね。

ただし縦のスライダーは「回転のかけ方」が重要なので、
目的としている回転がかけられる縫い目を見つけさえすれば、
どこの縫い目に指をかけるかをそれほど気にする必要はありません。
(正しくジャイロ回転をかける必要はないという事)

回転をかける際に、
縫い目にかけた中指と人差し指の「腹(指先から第一関節まで)」と、
縫い目に沿った中指と人差し指の「外側」の力の入れ具合を調節する事で、
横回転とジャイロ回転の配分を調節する事ができます。
(人によって握りが違うという事、また自分の感覚で調節できるという事)



・マッスラ(カットボール、カッター)
マッスラはバックスピンと横回転が主な回転のボールです。
ので、バックスピンストレートの握りから少し指をズラして握ります。

まずバックスピンストレート(フォーシーム)の握りをします。
その握りを正面から見て、
右投手は中指と人差し指を少し右へずらして縫い目にかけ、
左投手は少し左へずらして縫い目にかけます。

下にある親指と添えた薬指小指はストレートのままなので、
「中指と人差し指だけ」をズラすのがポイントです。
こうする事で投げる際にボールの右側に力が加わるようになり、
バックスピンに少し横回転が入るようになります。

この指をズラす位置を調節する事で横の変化や球速を調節する事ができます。
またリリースの仕方を通常の横のスライダー、
縦のスライダー、ストレートに近づける事では、
縦の変化を調節する事もできます。

ただしマッスラはストレートに近い球速で少し曲がる事で、
ゴロを打たせて取るのに適しているのが良い所なので、
変化を大きくするなら普通にスライダーを投げた方が良いですね。

ちなみにカットボールを投げようとして回転軸がずれるとジャイロ回転する事があります。
カットボールなのにシュート方向へ変化する事があり、
失投になりやすいため注意が必要です。
ズラした指はしっかりと固定して投げましょう。



・スラーブ
スライダーの握りのままカーブのようなリリースの仕方をすると、
トップスピン(縦回転、ドライブ)がかかり、カーブのような軌道になります。
球速は出にくいですが縦と横ともに大きな変化になります。

※握りの画像は準備中
posted by SaruyaMichael at 17:00 | TrackBack(0) | ジャイロボール以外の球種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/396540079

この記事へのトラックバック