生活に規則性を作り、自律神経を正常に働かせよう

「生活に規則性を作り、自律神経を正常に働かせよう」について。 
 
 
人間には「自律神経系」というものがあり、
循環、呼吸、消化、発汗、体温調節、内分泌機能、生殖機能、代謝など、
不随意的な機能を司っています。

「不随意」とは「随意」とは反対で、
自分の意志ではコントロールできないという意味です。
脳が自動的にコントロールしてくれています。
つまり自律神経は自分の意志ではコントロールする事ができません。

自律神経は交感神経と副交感神経の2つからなっており、
お互いにバランス良く作用する事で人間は生命活動を維持する事ができます。
(どちらか一方だけが働くという事はなく、常にお互いに監視し合っている)
簡単に言うと交感神経は活動、副交感神経は休息の役割があり、
バランスが崩れると様々な悪い症状が現れます。

自分ではコントロールする事はできないので、
一旦、自律神経のバランスが悪くなるとそれを元の状態に戻すのは難しいです。
例えば頭痛、だるさ、貧血、病気がちなどが長引くのはこのためです。

その原因は自律神経をコントロールしている脳(視床下部)にあります。
脳が何かに対して過敏に反応する事で、
自律神経も影響を受けて過敏になってしまうのです。
(脳は栄養不足や睡眠不足によって過敏になりやすい)

例えばストレスなんかは自律神経に大きな影響を与えます。
何がストレスかは人によって違うと思いますが、
ストレスに対する耐性が低い人は、
ストレスに対して脳が過敏に反応し過ぎていると言われています。

脳がストレスを感じると交感神経が働いて心拍数を上げようとしますが、
一方、副交感神経はそれを抑えて制御しようとします。
ストレス耐性が低いとそれが繰り返される事によって疲労し、
自律神経が敏感に反応するようになってバランスが崩れてしまうのです。

自律神経をコントロールする脳は、
男性ホルモンと女性ホルモンの分泌も司っており、
自律神経のバランスが崩れた=脳の調子が悪いという事は、
男性ホルモンや女性ホルモン分泌がおかしくなるという事になります。
(自律神経失調症など)

ニキビに関して言えば、
交感神経が働き過ぎると皮脂が過剰に分泌されてニキビが増えてしまいますし、
副交感神経の働きが鈍るとニキビが治りにくくなってしまいます。
一旦それが起こると交感神経と副交感神経がお互いに制御できなくなり、
それによってニキビができやすく治りにくいという状態が続いてしまうのです。



まずは自律神経をコントロールしている脳を正常に働かせる事が重要です。
脳が正常に働くためには活動のエネルギーとなる栄養と、
活動するために十分な休息を摂る事が必要です。

つまりバランスの良い食事、量の十分な食事、一日三食、
そして十分な睡眠時間が必要という事です。
それによって脳は活動する事ができます。

その他、スポーツや趣味などでストレスを吐き出して溜め込まない事も必要ですし、
人によってはストレスに対する考え方自体を変えて、
ストレスをストレスと感じさせないような必要もあるかもしれません。

そして交感神経と副交感神経のバランスを整えるのは生活習慣です。
日々の生活習慣でその働きを置き換えてみると、
例えば交感神経は運動、副交感神経は食事や睡眠の時に主に働きます。

自律神経には体内時計のような役割があり、
お昼になるとお腹が空いたり、夜になると眠くなったりするのはこのためです。

つまり運動習慣、食事習慣、睡眠習慣の規則性が重要となります。
決まった時間の食事、決まった時間の寝起き、
決まった時間の運動(毎日スポーツを行うなど)が必要という事です。

その他ではしっかりと汗をかく事、
気温の変化に慣れる事、よく噛んで食べる事、
日光を浴びる事などが挙げられます。

そうして生活に規則性をつけると自律神経が正常に働くようになります。
自律神経が正常に働いているという事は、
脳もしっかりと働いているという事でもあります。

すなわち男性ホルモンや女性ホルモンの分泌も正常になり、
ニキビに関して言えばできにくく治りやすい状態にする事ができます。

規則性で注意すべきなのは土日祝日です。
休日だからといって朝遅くまで寝たり、夜遅くまで起きていたりすると、
いかに平日規則正しい生活をしていても意味がなくなってしまいます。

また「規則正しい=毎日同じ事をする」という事ではありません。
例えば勉強習慣、絵を描く習慣、唄を歌う習慣などなど、
人によって毎日の習慣になるものは違うと思います。
運動習慣だったら毎日違うスポーツをするのも良いでしょうね。

この記事へのトラックバック