意外に知られていない野球のルール

「意外に知られていない野球のルール」について書きます。

※かなり簡潔にしているのであまり参考にはならないかもです・・・ 
 
 
・ボールデッド
プレー前(ピッチャーがボールを投げる前)や、
プレー中(ストライク・ボールやセーフ・アウトが確定するまで)に、
審判が何らかの理由でタイムをかけた場合、
プレーが続行されていてもそのプレーが無効になる事です。

通常はピッチャーがボールを投げる前に審判がタイムをかけますが、
ピッチャーがボールを投げ終わって、
ストライク・ボールやセーフ・アウトが確定する前に、
審判がタイムをかける場合があり、
それが例えプレー中でもそのタイムは有効となります。

そしてその時に進行していたプレーは無効となり、
タイム以前の状況まで巻き戻してから再度プレーを再開します。

例えば1アウト一塁の時にピッチャーがボールを投げ、
打球が内野へ飛んでダブルプレーが成立した・・・とします。
この時、ピッチャーがボールを投げてからダブルプレーが成立するまでの間に、
審判がタイムをかけていた場合、そのダブルプレーは無効となり、
ピッチャーがボールを投げる前の状況で巻き戻してからプレーを再開させます。
これがボールデッドです。

・盗塁記録
盗塁時に守備側がそれを封じる動作を見せない場合や、
大量の点差が付いている状況での盗塁では、盗塁記録が付きません。

・セーブ記録、ホールド記録
セーブやホールドも付く条件があります。
wikipedia - セーブ
wikipedia - ホールド

・危険球、報復死球
ピッチャーがバッターの頭付近へボールを投げた場合、
主審から注意を受ける事があります。
故意だったり、危ないと判断された場合は退場処分となります。

wikipedia - 野球の不問律
日本ではそうでもない?ですが、
メジャーリーグではこれを破った事によって死球や乱闘がよく起こります。
そういう選手が死球を受ける事を「報復死球」と言います。
故意による死球ですが、報復死球に限り暗黙の了解である程度認められています。
ただ、いくら報復死球でも頭付近への危険球は退場となる可能性があります。

・タッチから逃げる時
実は走塁時にタッチから逃げる際には、
逃げる事のできる範囲が決められています。
それをオーバーしてタッチから逃げるとアウトになります。

このランナーがタッチから逃げられる範囲を「走路」と呼びます。
走路は各塁を結ぶラインから左右90cmずつ、つまり1.8mの幅です。
通常の走塁時にこの幅を越えても何もありませんが、
タッチから逃げる時にこの幅から出ると問答無用でアウトになります。
(次の塁を普通に目指す場合には走路から外れても問題ありません)

また、ホームベースの周りにはダートサークルがあり、
キャッチャーなどのタッチから逃げる際に、
このサークルの外へ出ると問答無用でアウトになります。

ちなみにイチロー選手がキャッチャーのタッチから逃げる様が、
「忍者のようだ」として話題になったプレーがありますが、
あれもよーく見ると走路を守りつつ、
ダートサークルの所で大きくタッチを避けるようにしています。

●フェアとファウル
・フェア
1.打球がフェアゾーン内に転がった場合
2.打球が一塁や三塁をバウンドして越えて行く際に、
そのバウンドがフェアゾーンだった場合
(バウンドした後に打球がファウルゾーンに出てもフェアになる)
3.バッターの打った打球がホームベース以外のベースに当たった場合
4.打球がフェアゾーン内にいるプレイヤーや審判に触れ、
その瞬間のボールの位置がフェアゾーン内だった場合
5.打球がフェアゾーンの上空を通過し、
フェアゾーン内の外野のフェンスを越えるか直接ポールに当たった場合(ホームランとなる)

・ファウル
1.打球がそのままファウルゾーンへ出た場合
2.打球が一塁や三塁をバウンドして越えて行く際に、
一塁や三塁を越える前にファウルゾーンへ出た場合
3.打球が打ったバッター、キャッチャーミット、主審、ホームベース、
ファウルゾーン内にいる人間などに直接当たった場合
4.打球がもう一度バットに当たった場合(故意でない場合)



・走塁に対するアピールプレー
例えば1アウト一塁三塁の状態でバッターがフライでアウトになったとします。
この時、目測を誤って二塁へ進んでいた一塁ランナーが一塁に戻ろうとし、
守備側は一塁へ送球し、その一塁ランナーをアウトにしようとしますが、
その一塁ランナーをアウトにする前に三塁ランナーが本塁を踏むとその得点が認められます。

この時、攻撃側は「一塁ランナーのアウトよりも三塁ランナーが本塁を踏むのが早かった」、
守備側は「三塁ランナーのスタートがフライのキャッチよりも早かった」というように、
審判へアピールをする権利が与えられます。

攻撃側がそのようにアピールすると審判の判断によって得点が認められますが、
守備側はそのようにアピールしなければ得点を許してしまいます。
守備側がこのアピールをグラウンドを去ると、守備側のアピール権が消失します。
つまり、攻撃側がアピールした場合には守備側もアピールを行わないと、
相手に得点を許してしまう事になってしまうのです。

このアピールプレーは、
ルールを知らなければアピールする事ができないため、
「ルールブックの盲点を突いたプレー」と言われています。
実際に甲子園ではこのプレーによって得点が認められるケースがありました。

・アピールプレー
守備側が攻撃側に対して審判にアウトをアピールする行為の事です。
何らかの理由でベースを離れてしまったランナーにタッチした時には、
審判にタッチした事をアピールしなければなりません。

例えば、オーバーランしたランナー、犠牲フライ時の三塁ランナー、
盗塁時のランナー、牽制時など、直接タッチを試みる際には、
タッチした後ボールを持っている手を上へ掲げてアピールしなければなりません。
このアピールをしないとタッチは認められません。

・フォースプレー
一塁にランナーがいる時にバッターが一塁へ進まなければならない時、
一塁にいたランナーは必ず二塁へ進まなければなりません。
ランナーが次の塁に進むしかない状態になる事を「フォース」と呼びます。

・インフィールドフライ
0〜1アウトで一二塁や満塁の時、
本塁、一塁、二塁、三塁を結んだ線の中でフライが上がり、
そのフライが内野手が捕球できるものだった場合には
インフィールドフライが宣告され、
ボールが捕球されたかどうかに関わらずバッターはアウトになります。

ちなみに捕球時にボールを落とした場合には通常通り進塁を試みる事ができます。
またインフィールドフライがフェアゾーンだった場合、
そのフライの捕球後は犠牲フライのように帰塁→進塁をする事ができます。
これによっては「インフィールドフライで得点」という事象が稀に起こります(笑)

・故意落球
打球を直接捕球した時には、
通常ならバッターのみがアウトになる訳ですが、
故意にバウンドさせてから捕球し、送球する事で、
ランナーをアウトにしようとするのが故意の落球です。

内野手がそれを行うと「故意落球」が宣告されます。
その場合は問答無用でバッターがアウトとなり、
ランナーは進塁する事ができなくなります。

ちなみに外野手では故意に落球をしても故意落球は宣告されませんので、
わざとバウンドさせてから捕球して送球し、
バッターとランナーの二人をアウトにする事が可能となります。

●プレーの妨害行為
※事例が多く文字だけで説明するのが難しいので、
wikipediaなどを参照して下さい(笑)
・打撃妨害
バッターがバッティングを行う際に、
守備をしている選手がバッターのバッティングを妨げるような行為をした場合には、
打撃妨害となり、バッターは一塁へ進む事が許されます。

有名なものとしてはバッターがスイングしているバットに、
キャッチャーのミットが触れてしまった場合ですね。
その他、バント時に過剰に前進守備をすると打撃妨害を宣告される事があります。
wikipedia - 打撃妨害

・守備妨害
守備を妨げるような行為を行うと守備妨害となり、
それを行ったランナーは審判の判断でアウトになる事があります。

例えばランナーが打球が見えないように守備をしている選手の前に立ったり、
フェアゾーンに飛んだ打球がランナーに当たったり、
送球時に妨害するような行為をするなどが挙げられます。
守備妨害が宣告された場合は、原則としてボールデッドとなります。
wikipedia - 守備妨害

・走塁妨害
ランナーを妨げるような行為を行うと走塁妨害となります。
ランナーの進路を妨害した時に宣告されると、
審判の判断でその走者は次の塁に進む事ができます。
(進めない場合もあるという事です)
wikipedia - 走塁妨害



・挟殺プレー
塁と塁の間にランナーが挟まれた時に、
ボールを持っている選手がランナーを挟むようにして、
タッチをするプレーの事を言います。

この時、ボールを持っていない選手がランナーの進行を妨害すると走塁妨害、
ランナーが相殺プレー中の送球を妨げたりすると守備妨害となります。
また、タッチから逃げる時にランナーが走路から出てしまうとアウトとなります。

・塁の占有権
塁を先に踏んだランナーがその「塁の占有権」を持ちます。
ただし、二人のランナーが一つの塁に対して塁の占有権を持つ事はできません。

例えば本塁と三塁との間で、
三塁ランナーが挟まれる挟殺プレーが起き、
その三塁ランナーは運良くタッチを逃れて三塁に帰塁したとします。
この時、他のランナーは少しでも次の塁へ進もうとするため、
後ろにいる二塁ランナーは三塁に行きます。

※何故後ろのランナーは次の塁へ進もうとするのかと言うと、
例え挟まれた三塁ランナーがアウトになっても、
後ろの二塁ランナーが三塁を踏めば、
自分が三塁ランナーになれるので、三塁を空けずに済むからです。
どちらかがアウトになってもどちらかは生き残れます。

つまり、上記の時には三塁に二人のランナーがいる事になります。
守備側はどっちにタッチすべきか迷ってしまいますが、
これは塁の占有権のルールによって解決されます。

三塁の占有権を持っているのは、
先に三塁を踏んでいた三塁ランナーです。
ので、三塁ランナーと二塁ランナーが同時に三塁を踏んでいた場合には、
後から三塁に来た二塁ランナーにタッチすればアウトになります。

・ボーク
よく見られるボークはランナーがいる場合がほとんどですが、
ランナーがいなくてもボークを宣告される事があります。
ボークが宣告されると問答無用でボールとなり、
ランナーがいる場合は次の塁へ進む事が許されます。
wikipedia - ボーク

・隠し球
ランナーに気付かれないように野手がボールを隠し、
ランナーが塁を離れた時にタッチしてアウトにするプレー。
この時、投手はサイン交換や投球動作をするとボークを取られます。

隠し球自体は禁止されている訳ではないのですが、
フェアプレーに反するとか何とかで、
現在は行う選手はほとんどいません(笑)

・サイン盗み
相手選手のサインを見てそれをプレー中の自軍の選手に教えてはいけません。
ルール違反であり、フェアプレーに反する行為なので、
行った関係者は注意を受けたり退場処分になるなど、
厳しい処分を受ける事が多いです。

・・・が、実際は相手チームや審判にバレさえしなければ行う事ができます。
何故ならサイン盗みをしている選手しか分からないからです。
その代わり、バレた場合は多方面から批判を受ける事になります。
まぁ本当に強いチームならそんな事しなくても勝てるのでは・・・と思います(笑)

・ビデオ判定
基本的にホームランかホームランではないかを判断する時、
監督の抗議によってビデオ判定をする事ができます。

残念ながら社会人野球、大学野球、高校野球では、
このビデオ判定がないため、
際どい打球の場合でも審判の判定に従うしかありません。

・監督による抗議
審判の判定に対して抗議を行えるのは基本的に監督のみです。
例外的にハーフスイングの判定時には、
キャッチャーが塁審へ判定を求める事ができます。

ただし、審判に暴言を吐いたり暴行を加えたり、
抗議を5分以上行うと遅延とみなされ、退場処分を受けてしまいます。



●その他
・野球部員は9人以上いなくても試合に出場できる
様々な事情で野球部の部員が9人未満となってしまった場合には、
他の部からの助っ人を用意し、
9人以上にする事ができれば試合に出場する事ができます。
この例で地区大会で準優勝した高校があるそうです。
(決勝戦では大差を付けられて負けたそうですが・・・)

・審判は観客を退場にできる
観客がプレーの支障になる場合には、
審判は観客を退場させる事ができます。
基本的に拒否権はありません。

・観客が怪我
打球によって観客が何らかの被害を受けたとしても自己責任という事になっています。
これはチケットの裏側にもよく書かれています。
ちなみにこの件で訴えた例がありますが、
いずれも訴えた側(怪我をした観客)が敗訴しています。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/373671850

この記事へのトラックバック