野球で起こりうる下腿・足首・足の怪我

野球では下腿(膝〜足首まで)、足首、足部の怪我も多いです。
下腿(スネ、ふくらはぎ)は筋肉の怪我ですね。

疲労が積み重なる事によって起こる慢性的なものと、
突発的に起こるものとがありますが、
足首は元々の骨格や関節の柔軟さなど、遺伝的な事も原因となる部位です。

考えられる怪我を一つ一つ簡単に説明していきます。 
 
 
●下腿(スネ・脛、ふくらはぎ・脹脛)の怪我について
・前脛骨筋の挫傷、肉離れ、断裂
スネにある前脛骨筋を痛めます。
ふくらはぎの腓腹筋と比べると痛めるのは稀です。

・腓腹筋やヒラメ筋の挫傷、肉離れ、断裂
ふくらはぎにある腓腹筋やヒラメ筋を痛めます。
疲労が積み重なった状態で起こる場合と、
予期せず事故的に起こる場合とがあります。
つまり突発的に起こる事がほとんどです。

例えば全力で走っている時に急に止まったり、
何かにつまずいたり、転んだりした時などに痛めます。
また、準備運動やストレッチを行わず、
急に激しい運動を行うと傷める事があります。

よく、走塁時に痛めているプロの選手を見かける事が多く、
野球選手では比較的多い怪我の一つです。
最低限予防するには運動前の準備運動やストレッチをしっかり行う事です。

・シンスプリント
疲労が積み重なる事によって、
スネに不快感や痛みが生じるのがシンスプリントです。
シンスプリントは骨を覆っている骨膜が炎症を起こしたものです。

例えば自分の足に合わない靴を履いてずっと練習していたり、
正しくないフォームでランニングをしていたり、
激しい練習を長い期間継続していたり
そういった日々の積み重ねでシンスプリントになります。

予防するには足に負担のかからない正しい走り方を覚える事や、
地面の柔らかい所で練習する事、靴を自分の足に合わせる事など。
もしあってしまった場合は休息やアイシングをしましょう。

・疲労骨折
普通の骨折とは違い、疲労が積み重なる事で起こるのが疲労骨折です。
激しい運動を長い期間続けていると起こる事があります。
特に長距離走の選手に起こりやすい怪我です。
適度に休息を摂り、またしっかりと食事を摂るようにしましょう。

・骨折、打撲など
スネの骨(脛骨)は出っ張っているため、
デッドボールやスライディングなどで骨折、打撲をしやすい部位です。



●足首(足関節)に関する怪我について
・捻挫、靭帯損傷、靭帯断裂、脱臼、骨折
足首は最も体重のかかる関節なので非常に痛めやすい関節です。
足首を捻った際、同時に脱臼や骨折を伴う事があるので注意が必要です。

例えば走っている時に足首を捻ったり、転んだり、
スライディング、フェンスへの衝突、選手同士の衝突など、
そのほとんどが突発的に起こる事が多いです。

最低限の予防には足首へサポーターを装着したり、
テーピングを巻く事、体重移動を正しく行う事などです。

・アキレス腱の炎症、断裂など
踵の上にあるアキレス腱を痛めます。
アキレス腱が切れると足部が正常に曲げ伸ばしできなくなり、
また手術を要するため長期離脱を余儀なくされます。

例えば走っている時に足首を捻ったり、転んだり、
スライディング、フェンスへの衝突、選手同士の衝突、
運動前の準備運動やストレッチを行わずに激しい運動を行うなど、
突発的に起こる事が多いです。

その他、疲労が積み重なる事によって炎症し痛みを伴い、
全力で走る事ができなくなります。
最低限の予防には運動前の準備運動やストレッチをしっかりと行う事です。



●足(足部)に関する怪我
・偏平足、外反母趾、足底筋膜炎など
足に合わない靴を履き続けていたり、
体重移動が適切でないのが続くと起こります。

偏平足は土踏まずの部分がなくなるため、
足のショック吸収機能が薄くなり、
足首や膝の関節への衝撃を増やしてしまいます。
それによって他の部位の思わぬ怪我に繋がる事があります。
ただ、通常は痛みや歩行困難などにはなりません。

外反母趾は足に合わない靴、窮屈な靴をはく事によって、
足が変形してしまい、痛みで歩行が困難になる場合があります。
酷い場合は手術が必要になります。

足底筋膜炎は足の裏に痛みを伴い、歩きにくくなります。
足に合わない靴を履いていたり、
激しい運動を続ける事で疲労が積み重なると起こる事があります。

・モートン病
足裏の人差し指と薬指の骨の間の神経が圧迫される事で、
痺れや痛みを伴うのがモートン病です(→モートン病 - 福井鍼灸整骨院のホームページ
主に足に合わない靴を履いていると起こります。

・疲労骨折
足は常に体重がかかり続ける部位ですので、
疲労が積み重なる事で骨が折れてしまう事があります。

・骨折、打撲
デッドボール、自打球、フェンス衝突、選手同士の衝突、スライディング、
その他、階段を踏み外したり、つまづいて転んだり、
タンスの角に足の指をぶつけたり、などで起こります。

・肉刺(まめ)、魚の目、たこなど
足の裏は常に圧力を受けているため、
まめ、魚の目、たこなどができやすいです。
特に自分の足に合わない靴を履いているとなりやすく、
皮が剥けると痛みを伴う事があります。
posted by SaruyaMichael at 21:00 | TrackBack(0) | 野球で起こりうる怪我 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック