野球で起こりうる肘・上腕の怪我

肘に関する怪我は野球では多く、職業病とも呼ぶべきものです。

疲労が積み重なる事によって起こる慢性的なものと、
突発的に起こるものとがありますが、
元々の骨格や関節の柔軟さなど、遺伝的な事も原因となる部位です。

考えられる怪我を一つ一つ簡単に説明していきます。 
 
 
●肘に関する怪我
・離断性骨軟骨炎(関節ねずみ)
離断性骨軟骨炎は関節の軟骨が剥がれる事によって炎症を起こすものです。
関節内を移動するような状態になるといわゆる「関節ねずみ」となり、
それによって炎症を起こし、全力投球ができなくなります。
炎症は長引きやすく、酷い場合には手術をして綺麗に取り除く必要があります。

肘の酷使による疲労の蓄積が原因なので、
予防には肘関節に負担のかかりにくいフォームにする事、
登板後のケア(アイシングやストレッチなど)をしっかりとする事です。

しかし残念ながら全てを防ぐ事はほぼ不可能に近いです。
長くプレーする選手ほど多く、職業病として理解し、
上手く付き合っていくようにしましょう。

・野球肘(リトルリーガーズエルボー、上腕骨内側上顆炎、関節炎など)
野球肘は肘の酷使によって起こる肘の痛みの総称です。
ただの痛みではなく、上記や下記のような症状を伴います。

投球フォームが確立されていない小中学生や、
肘の酷使など疲労の蓄積によって起こりやすい症状です。
予防方法は上記と同じです。

・肘の靭帯損傷、靭帯断裂
投球動作では必ず肘の内側が引き伸ばされるので、
肘の内側にある靭帯(内側側副靱帯)を痛めやすいです。

変化球を多投したり、球速のあるピッチャーがなる事が多いようです。
また、稀にフェンスや選手同士の衝突などでも痛める事があります。

予防には上記と同じく、
肘関節に負担のかかりにくいフォームにする事や、
球数を少なくする事、登板後のケアなどが必要です。

・骨折、打撲、脱臼など
肘の骨は出っ張っているため、
肘にデッドボールを受けた時に骨折や打撲をしやすいです。

肘関節の脱臼は野球では比較的珍しいですが、
フェンスや選手同士の衝突などで起こる事があります。



●上腕(肘〜肩まで)に関する怪我
・上腕二頭筋腱炎、腱断裂、上腕三頭筋腱炎、腱断裂
投球動作を繰り返す事によって、上腕にある筋肉の腱を痛めるものです。
登板後のケア(アイシングやストレッチなど)を行いましょう。
posted by SaruyaMichael at 17:00 | TrackBack(0) | 野球で起こりうる怪我 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/371917435

この記事へのトラックバック