肉と卵を食べてタンパク質を摂ろう

肉や卵に含まれるタンパク質は動物性タンパク質で、
筋肉を大きくするためには、
この動物性タンパク質を摂っておく必要があります。

 
 
 
「スポーツ選手は肉を食べないとダメ」
と言われているのを聞いた事はあるでしょうか?

「肉食」になってホルモン分泌を活性化させましょう(笑)
・・・というのも否定は出来ませんが、
やはり筋肉を大きくするためにはタンパク質が必要です。

肉というと脂肪分が多いのでは?と思われますが、
ササミなんかは脂身も比較的少ないので、たくさん食べても大丈夫です。
もちろん部位によっても肉の種類によっても違いますが。

意外かもしれませんが、
鶏肉にはビタミンA、ビタミンK、ナイアシン、
豚肉にはビタミンB1、ビタミンB12、
牛肉には鉄分、亜鉛。
などビタミンやミネラルも少し含まれています。

体を形作るタンパク質を作るためには、
様々な種類のタンパク質(アミノ酸)を食べる必要があります。

牛・豚・鶏はそれぞれタンパク質(アミノ酸の種類)の構造が違うので、
満遍なく食べてタンパク質を摂りましょう。
もちろん現代人が食べる習慣のない「青魚」のタンパク質も忘れずに。



そして鶏の卵のタンパク質も良質で濃厚ですので、摂っておいて損はないでしょう。

スポーツ選手ではよく生卵の白身だけを食べる人がいます。
確かに白身の方が脂肪分は少ないのですが、
実は黄身の方がタンパク質は良質で、吸収率が高いんですよ(笑)

また、生のまま食すよりも調理をした方が、
よりタンパク質の吸収率が高まると言われています。

鶏の卵を食べる際には黄身も白身も両方食べましょう。
ゆで卵でもスクランブルエッグでも目玉焼きでも良いので、
できるだけ調理してから食べましょう。

もし好き嫌いのある方はプロテインやサプリメントで、
タンパク質(アミノ酸)を補いましょう。
ただし、1日に吸収する事のできるタンパク質の量には限度がありますから、
あまり摂り過ぎないようにしましょう。
→オススメのプロテイン・タンパク質
posted by SaruyaMichael at 17:00 | TrackBack(0) | 野球選手のための食事・栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック