肉と卵を食べて蛋白質を摂取しよう(別ブログリンク)

※当記事作成日時:2013-08-12、最終更新日時:2019-04-15

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『肉を食べれば身長が伸びる?蛋白質と脂肪を摂取しよう』や『卵を食べれば身長が伸びる?1日1個以上食べよう』などにまとめているのでそちらをご覧下さい。


肉や卵などの動物性の食品には蛋白質が豊富に含まれています。特に動物性の食品は必須アミノ酸のバランスも良いため、筋肉の材料として非常に有用なものです。一方、同じ肉や卵でも、脂肪の含まれる量や、ビタミンやミネラルの含まれる量は異なる場合があります。そのため「特定の肉や卵だけを食べる」場合、栄養バランスが偏る事があり、一つの食品に固執しない事が重要です。


以下は動物ごとに含まれる栄養素を箇条書きにしてまとめたものです。ただし掲載しているのは判明している部分だけです。

●牛肉:ビタミンK、ビタミンB群、亜鉛等。特にミネラルでは亜鉛が豊富。牛のヒレ肉は高価だが最も低脂肪・高蛋白。ホルモン系ではセンマイとコブクロが低脂肪。その他では基本的に脂肪が含まれる。また脂肪が豊富なほど蛋白質の量も少なくなる。
●豚肉・ウサギ肉:ビタミンB群等。特に豚肉はビタミンB1が豊富。尚、豚のヒレ肉は高価だが最も高蛋白・低脂肪。ホルモン系ではコブクロも低脂肪。その他では基本的に脂肪が含まれる。また脂肪が豊富なほど蛋白質の量も少なくなる。
●鶏肉・キジ肉・七面鳥肉・ホロホロ鳥肉等:ビタミンK、ビタミンB群等。特に胸肉・ササミ・砂肝は高蛋白・低脂肪。また全体として高蛋白だが例外的に皮は脂肪が多い。また手羽先も脂肪とコラーゲンのみで実は低蛋白。尚、牛肉や豚肉と比べれば全体として低脂肪だが、ビタミンやミネラルの栄養価は低い方な事に注意。
●馬肉・猪肉・ヤギ肉:ビタミンB群、鉄分、亜鉛等。いずれも低脂肪だと思われる。
●合鴨肉:ビタミンB群、銅等。
●ラム肉・イノブタ肉等:ビタミンB群、亜鉛等。
●ウズラ肉:ビタミンK、ビタミンB群、鉄分等。
●鴨肉等:ビタミンD、ビタミンK、ビタミンB群、鉄分、銅等。
●シカ肉:ビタミンB群、鉄分、亜鉛、銅等。
●鳩肉・クジラ肉:ビタミンB群、鉄分等。ただしクジラ肉は重金属には注意する(環境による)。
●鶏の卵:卵黄にはビオチン(ビタミンB群の一つ)が豊富。尚、卵の蛋白質とビオチンは加熱した方が吸収が良くなる。
●ウズラの卵:ビタミンB12等。
●牛レバー:ビタミンB群(葉酸ビオチン含む)、ビタミンA、亜鉛、鉄、銅等。低脂肪な上、全体的な栄養価が高い。
●豚レバー:ビタミンB群(葉酸ビオチン含む)、ビタミンA、ビタミンD、亜鉛、鉄、銅等。低脂肪な上、全体的な栄養価が高い。
●鶏レバー:ビタミンB群(葉酸ビオチン含む)、ビタミンA、ビタミンK、亜鉛、鉄、銅等。低脂肪な上、全体的な栄養価が高い。
●砂肝(鶏の砂嚢):ビタミンB群(ナイアシン、ビタミンB12等)、ビタミンK、鉄、亜鉛等。低脂肪だが、各種レバーと比べれば栄養価は劣る。


★オススメのサプリメント一覧★

Now Foods ウルトラオメガ3

ω-3脂肪酸であるDHAとEPAを補給する事ができるサプリメントです。摂取量の目安は1日1〜2粒となります。尚、ω-3脂肪酸は青魚などからも摂取できます。
バルクスポーツ プロテイン アイソプロ

これは蛋白質を補う事ができるプロテインです。乳糖が少ない製法なので牛乳が苦手な人にオススメです。1回の摂取量は30〜40g程度が目安です。それを運動後あるいは普段の食事の時に摂取すると良いでしょう。尚、溶かす場合、牛乳よりも水あるいは果汁の含まれる飲み物をオススメします。


【野球選手のための食品・栄養素・サプリの最新記事】

野球選手のためのプロテイン・サプリメントまとめ
運動前〜運動中・運動後等における糖の摂取方法まとめ
プロテインは運動後どのぐらい飲めば良い?効率の良い飲み方とは
アルギニンは運動前後に摂取すべき?その効果と摂取方法
HMBとクレアチンは一緒に摂取すべき?効率の良い摂取方法とは
グルタミンは運動後?量はどのぐらい?その効果や摂取方法等
EAAはBCAAの代わりになる?それぞれの効果や摂取方法等
野球に役立つかもしれないマイナーなサプリメントまとめ
鉄分だけでは貧血は治らない?効率の良い摂取方法とは(要点のみ)
亜鉛は1日何g必要?サプリメントの摂取方法について解説(要点のみ)
ビタミンB群は1日何g必要?効率の良い摂取方法とは(別ブログリンク)
ビタミンCは100mgでは足りない?脂溶性ビタミンCとは?(別ブログリンク)
マグネシウムは下痢しやすい?皮膚から吸収できる?(別ブログリンク)
各種ミネラルの役割を理解し、必要量を摂取しよう(要点のみ)
各種ビタミンの役割を理解し、必要量を摂取しよう(要点のみ)
ω-3脂肪酸とω-6脂肪酸はどのぐらい摂取すれば良い?(別ブログリンク)
コラーゲン、そもそも口から摂取する意味ある?(別ブログリンク)
重要なアミノ酸の役割を理解しよう(別ブログリンク)
大豆製品を食べて栄養を補給しよう(別ブログリンク)
ナッツ類を食べて栄養補給をしよう(別ブログリンク)

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。