牡蠣を食べてミネラルを補給しよう

牡蠣には筋肉を大きくするために必要な栄養が含まれています。 
 
 
「海のミルク」とも呼ばれる牡蠣には、
アミノ酸、タウリン、亜鉛、ビタミンB群、
ビタミンEなど、様々な栄養が含まれています。

特に亜鉛はホルモン分泌に関わる重要な栄養素です。
筋肉を大きくするためにはホルモン分泌が欠かせません。
牡蠣は亜鉛が含まれる食品の中でもトップクラスの含有量を誇ります。

亜鉛の他に、
カルシウム、カリウム、マグネシウム、マンガン、リン、
鉄分、銅、ヨード、コバルトといった豊富なミネラルも含まれています。

心身の健康を保つためにはバランス良くミネラルを摂る事が必要です。
好き嫌いが多い人は1回の食事での品数が少なく、ミネラルが不足しがちなのです。

また、牡蠣には、
筋肉を動かす際のエネルギーとなる「グリコーゲン」が微量ながら含まれています。
まさに「海のミルク」という感じですね。

是非とも牡蠣をたくさん食べて筋肉を大きくしましょう。
ただし、食品の中では高価な部類に入るので、
無理して毎日食べるのではなく、お財布と相談しながら食事に取り入れましょう。
また、貝類なので食中毒やアレルギーなどには十分注意して下さい。

もし「亜鉛」を摂る事が目的の方は、
下記のようなサプリメントをオススメします。
posted by SaruyaMichael at 17:00 | TrackBack(0) | 野球選手のための食事・栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/371304456

この記事へのトラックバック