野球選手のためのプロテイン・サプリメントまとめ

この記事ではオススメのプロテインやサプリメントをまとめて紹介しています。またそれぞれの摂取方法についても簡単に説明しています。ただしそれぞれの栄養素の説明については省略しています。詳しくは過去の記事をご覧下さい。
(記事作成日時:2017/1/16、更新日時:2020/2/21)

★当記事の目次

ここでは当記事内の章をリスト化しています。クリックする事で直接その場所へ飛ぶ事ができます。また戻りたい場合には各章の一番下にある「当記事の目次まで戻る」をクリックする事で再びこの場所に戻ってくる事ができます。


★蛋白質を補給するためのプロテイン・サプリメント

Amazon商品リンク

バルクスポーツ アイソプロ

これは吸収の速いホエイプロテインです。飲むタイミングは基本的に運動後(少量の糖と一緒に)がベスト、それ以外では普段の食事の時に、食事内容に合わせて飲む量を調節すると良いでしょう。尚、蛋白質は普段の食事では肉、魚、卵、大豆が摂取源になります。


Amazon商品リンク
collagen-powder.jpg
ネオセル コラーゲンパウダー

これは粉末状のコラーゲンです。摂取量の目安は特にありませんが、1回数gを「空腹時」に摂取し、何回かに分けて摂取すると良いと思われます。尚、ここでは左の商品を紹介していますが、容量が少ないので、コスパを選ぶのであれば、普通に店頭に売られている「コラーゲンパウダー(Amazon商品リンク)」でも問題ありません。

ちなみに摂取の際には「パイナップルジュース」などに溶かし、少し時間を置いてから飲む事をオススメします。パイナップルには蛋白質分解酵素が含まれており、その働きによってコラーゲンの分子が少しバラけ、コラーゲンに含まれるアミノ酸の吸収率を高める事ができると言われています。



★アミノ酸系のサプリメント

Amazon商品リンク

バルクスポーツ シトリックアルギニン

これはアルギニンを摂取する事ができるサプリメントです。摂取量の目安は特にありませんが、1回3g程度を、起床直後・寝る前・間食時など、特に「空腹時」に分けて摂取すると良いと思われます。また激しい運動習慣のある人では、運動前や運動後に別途5gずつ追加して摂取すると良いかもしれません。ちなみに食品では白子に多く含まれます。


Amazon商品リンク

エクステンド BCAA+シトルリン

これは必須アミノ酸のBCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)を補給する事ができるサプリメントです。摂取量の目安は1回5〜10gです。ただし最初は少ない量から始め、少しずつ体に慣らしていくと良いでしょう。摂取するタイミングは運動前〜中に糖と一緒に、それ以外では起床後や就寝前などの空腹時がオススメです。


Amazon商品リンク

バルクスポーツ EAA(必須アミノ酸)

これは必須アミノ酸を補う事ができるサプリメントです。BCAAの代わりに利用する事ができ、運動前〜運動中に15g〜20gを摂取すると良いでしょう。その際には少量の糖があると吸収率が高まります。ただしBCAAよりも高価です。


オオサカ堂商品リンク

Source Naturals 5-HTP

これは「5-HTP(ヒドロキシトリプトファン:必須アミノ酸であるトリプトファンが代謝される過程で作られる)」のサプリメントです。摂取方法としては1回50〜100mgを目安に、起床直後や間食時(空腹時)に摂取すると良いと思われます。ただし下痢しやすいので各自摂取量を調節する必要があります。また本来は意識的な摂取は不要なものです。摂取量やタイミングに十分注意しましょう。ご利用は自己責任でお願いします。


Amazon商品リンク

ナウフーズ チロシン

チロシンは必須アミノ酸であるフェニルアラニンから体内合成されるアミノ酸です。摂取方法は起床直後や間食時などやはり空腹時に、1日1〜2g程度を目安に摂取すると良いと思われます。ただし必ずしも必要という訳ではありません。


Amazon商品リンク

MRM グルタミン

これはグルタミンを摂取する事ができるサプリメントです。摂取タイミングは起床後や寝る前など、摂取量は1回3〜5g程度を目安に摂取すると良いでしょう。特に激しい運動習慣がある場合、糖と一緒に、運動後5〜10gを別途補給すると良いかもしれません。ただし過剰摂取には注意し、1日の摂取量が増え過ぎないようにしましょう。



★ビタミンを補給するためのサプリメント

Amazon商品リンク

ナウフーズ B-50

これはビタミンB群をまとめて補う事ができるサプリメントです。摂取方法としては1日1〜2粒を目安に、朝または晩に摂取すると良いでしょう。尚、ビタミンB群は様々な食品に含まれており、好物ばかり食べると不足する事があります。バランスを重視しましょう。


Amazon商品リンク

ヘルシーカンパニー ビタミンC 粉末

これは水溶性のビタミンCを摂取する事ができる粉末です。摂取方法ですが、数時間おき(可能ならば2〜3時間おき)に1g〜ずつ摂取すると良いでしょう。特に食間がオススメです。過剰摂取の心配は殆どありませんが、一度に大量摂取しても無駄が大きいので、そのように何回かに分けて摂取しましょう。尚、食品では緑黄色野菜と果物、特に芽キャベツや赤・黄色ピーマンが良い摂取源になります。


Amazon商品リンク
ascorbyl-palmitate.jpg
NOW Foods 脂溶性ビタミンC

こちらは脂溶性のビタミンCを摂取する事ができるサプリメントです。摂取方法としては1回500mg〜を、1日2〜3回に分けて摂取すると良いでしょう。尚、ビタミンCには過剰摂取のリスクはほぼないと思われるので、前述した水溶性ビタミンCの方も合わせて摂取しても良いと思います。つまり朝と夜は脂溶性、昼や食間に水溶性を摂取すると無駄がありません。可能ならビタミンEも一緒に摂取すると良いでしょう。



★ミネラルを補給するためのサプリメント

Amazon商品リンク

超高濃度マグネシウム 50ml

これはマグネシウム単体を補う事のできるサプリメントです。飲み物に溶かして摂取します。容器によると1ml(10滴)で100mg前後のマグネシウムが摂取できるようです。最初はそれよりも少ない量から始めて、少しずつ慣らしていくと良いでしょう。ただし多くて2ml(20滴)までで留めるべきです。過剰摂取により下痢しやすいのでその点には十分注意しましょう。尚、食品では大豆、ナッツ類、貝類、海藻類などが摂取源になります。


Amazon商品リンク

大塚製薬 ネイチャーメイド 鉄

これは鉄を補う事ができるサプリメントです。1日2粒が目安となっていますが、人によります。鉄の摂取量の目安は少なくとも1日10mgです。尚、鉄だけでは血液を作る事ができないので、蛋白質(必須アミノ酸)、ビタミンB群、ビタミンCなども合わせて摂取する事が重要です。また鉄の摂取源は各種レバー、大豆、ナッツ類、貝類、海藻類などです。


Amazon商品リンク

ネイチャーメイド 亜鉛

これは亜鉛を摂取する事ができるサプリメントです。通常は1日1粒を摂取すると良いでしょう。尚、激しい運動習慣がある場合、必要量が増えます。亜鉛の1日の摂取量は15mg〜多くて30mgまでが目安です。ちなみに食品では牡蠣、各種レバー、牛肉、ナッツ類などから摂取できます。



★その他・役に立つかもしれないサプリメント

Amazon商品リンク

グリコ パワープロダクション CCD

これは糖の一種であるクラスターデキストリンです。運動中の場合、1回数10g(体重に合わせる。体重1kg当たり1g)を水に混ぜ、BCAAなどと一緒に飲むと良いでしょう。運動後の場合、プロテインと同程度です。ただし運動後に昼食や夕食を取るタイミングがあれば、プロテインだけを飲む事もできます。糖の詳しい摂取方法については過去の記事をご覧下さい。


Amazon商品リンク

バーサーカー クレアpI

これはクレアチンを摂取する事のできるサプリメントです。摂取量の目安は1回1〜2g、それを1日数回に分けて摂取すると良いでしょう。摂取するタイミングは起床後、運動前、運動中、運動後、寝る前などです。ちなみにクレアチンは劣化しやすいため、作り置きはできません。また重くて沈むので、飲む際にはよく混ぜましょう。


Amazon商品リンク

DNS HMBパウダー

こちらはHMBのサプリメントです。摂取量の目安は1回1〜2g、それを1日数回に分けて摂取すると良いでしょう。摂取するタイミングは起床後、運動前、運動中、運動後、寝る前などです。クレアチンと同じタイミングで良いでしょう。


Amazon商品リンク

Now Foods ウルトラオメガ3

これは必須脂肪酸の「ω-3脂肪酸(DHA・EPA)」を補う事ができるサプリメントです。1日1粒目安と書かれていますが、激しい運動習慣がある場合、朝晩1粒ずつ摂取すると良いでしょう。食品では青魚が摂取源になります。一方、これだけでは同じω-3脂肪酸であるα-リノレン酸は摂取できないので、α-リノレン酸を含むエゴマ油やアマニ油も利用(1日5g程度)しましょう。またω-3脂肪酸は同じく必須脂肪酸である「ω-6脂肪酸」とのバランスも重要なので、ω-6脂肪酸を豊富に含むナッツ類や大豆も合わせて食べるようにしましょう。


オオサカ堂商品リンク

Country Life タウリン 500mg

これはタウリンのサプリメント(海外製)です。摂取量の目安は1日3g程度です。毎食時に1gずつ摂取すれば良いでしょう。尚、タウリンはエナジードリンクにも含まれますが、そこからタウリンを摂取するのは全くオススメできません。タコやイカを食べましょう。


オオサカ堂商品リンク

IrwinNaturals 3-in-1ジョイントフォーミュラ

これはグルコサミン、コンドロイチン、MSM、ω-3脂肪酸など、様々な栄養素をまとめて摂取する事ができるサプリメントです。摂取量の目安は1回2錠〜を毎食時など、また運動前あるいは運動後に摂取するのも良いと思われます。


オオサカ堂商品リンク

Source Naturals メラトニン

これはメラトニンのサプリメント(海外製)です。摂取タイミングは夕食後(寝る直前ではなく少し時間を空けて)、摂取量は1日1粒(商品の1粒当たりの容量による)を目安として摂取すると良いと思われます。ただし過剰摂取には十分な注意が必要です。必須栄養素ではないため、基本は必要ありません。ご利用は自己責任でお願いします。



★その他・手元にあると便利なもの

ここではあると便利なものをピックアップして紹介しています。

ザバスプロテインシェーカー 500ml 5X304 ステンレス スチール ブレンダー

これはプロテインシェーカーです。プロテインなどを溶かす際に使います。最近は電動タイプのシェーカーもありますが、如何せん電池の持ちが悪いのでオーソドックスなこれが一番です。

これをシェーカーの中に入れて振る事で、いわゆる「ダマ」を防ぐ事ができるようです。
SW 18-8 極厚 計量スプーン 30cc 松吉医科器械 錠剤クラッシャー MY-8110

30ccのスプーンの場合、例えばプロテインだと「すり切り一杯」で15g前後になります。つまりすり切り2杯では30g、山盛り2杯で40g前後になります。摂取する際の目安が分かりやすいです。

これは錠剤を粉々に砕く事のできる道具です。サプリメントの中には1粒当たりの容量が多いものもありますが、これを利用して細かく砕き、小分けにして摂取すると良いでしょう。また錠剤が大きくて飲み込みにくい事もあり、その場合にもこれを利用し細かく砕いてから飲むと良いでしょう。




【野球選手のための食品・栄養素・サプリの最新記事】

運動前〜運動中・運動後等における糖の摂取方法まとめ
プロテインは運動後どのぐらい飲めば良い?効率の良い飲み方とは
アルギニンは運動前後に摂取すべき?その効果と摂取方法
HMBとクレアチンは一緒に摂取すべき?効率の良い摂取方法とは
グルタミンは運動後?量はどのぐらい?その効果や摂取方法等
EAAはBCAAの代わりになる?それぞれの効果や摂取方法等
野球に役立つかもしれないマイナーなサプリメントまとめ
鉄分だけでは貧血は治らない?効率の良い摂取方法とは(要点のみ)
亜鉛は1日何g必要?サプリメントの摂取方法について解説(要点のみ)
ビタミンB群は1日何g必要?効率の良い摂取方法とは(別ブログリンク)
ビタミンCは100mgでは足りない?脂溶性ビタミンCとは?(別ブログリンク)
マグネシウムは下痢しやすい?皮膚から吸収できる?(別ブログリンク)
各種ミネラルの役割を理解し、必要量を摂取しよう(要点のみ)
各種ビタミンの役割を理解し、必要量を摂取しよう(要点のみ)
ω-3脂肪酸とω-6脂肪酸はどのぐらい摂取すれば良い?(別ブログリンク)
コラーゲン、そもそも口から摂取する意味ある?(別ブログリンク)
重要なアミノ酸の役割を理解しよう(別ブログリンク)
大豆製品を食べて栄養を補給しよう(別ブログリンク)
肉と卵を食べて蛋白質を摂取しよう(別ブログリンク)
ナッツ類を食べて栄養補給をしよう(別ブログリンク)

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。