必須アミノ酸をバランス良く摂ろう

口から摂ったタンパク質は体内でアミノ酸に分解され、
そのアミノ酸から改めてタンパク質が作られますが、
そのアミノ酸の中には、
体内で合成できない「必須アミノ酸」というものがあります。

体内では合成できないので、
これは食品から「必ず」摂らなければなりません。

筋肉に限らず、体を形作る上で必要不可欠なものですので、
しっかりと摂るようにしましょう。 
 
 
必須アミノ酸は以下の9種類です。
・トリプトファン:乳製品、卵、大豆製品、ナッツ類など
・リシン(リジン):乳製品、肉・魚類、大豆製品、卵、豆類など
・メチオニン:乳製品、肉類、ナッツ類、ホウレンソウなど
・フェニルアラニン:肉・魚類、大豆製品、ナッツ類など
・トレオニン(スレオニン):卵など
・バリン:乳製品、肉・魚類、ゴマなど
・ロイシン:肉類、乳製品など
・イソロイシン:肉類、乳製品など
・ヒスチジン:肉類、乳製品など
必須アミノ酸はこれらのどのアミノ酸が欠けてもダメなのです。
これら全てをバランス良く摂る事が必要です。

必須アミノ酸が不足すると、
内臓の機能が落ちたり、怪我や筋肉痛の治りが遅くなったり、
免疫力が低下して病気にかかりやすくなったり、
疲れが取れなくなったり、
いくら筋トレをしても筋肉が大きくならなくなってしまいます。

特に成長期では体の発育に悪い影響が出てしまいます。
ですから「必須」なのです。

では、具体的にどういう食事なら良いかというと、
乳製品では牛乳・チーズ、肉類では鶏・牛・豚、
魚類ではサケ・イワシ・アジ、大豆製品は納豆・豆乳などが良いでしょう。
ナッツ類には亜鉛も含まれていてオススメです。

また、大豆製品や豆類は穀物、すなわち玄米・白米などと一緒に食べると、
必須アミノ酸のバランスも良くなると言われています。
メニューを決める際の参考にして頂ければ幸いです。

必須アミノ酸は普段の食事からバランス良く摂る事が重要ですが、
必須アミノ酸を食事でバランス良く摂るのは、
それこそ栄養士のような知識がないと難しいです。

もし好き嫌いなどが多かったりして不足を感じる場合には、
サプリメントでの補給をオススメします。
サプリメントでは以下のようなものがあります。




この必須アミノ酸の他にも、
アルギニン、システイン、チロシンというアミノ酸があります。
この3種は「必須アミノ酸」ではありませんが不足しやすいため、
摂っておくべきアミノ酸です。

特にアルギニンにはホルモンの分泌を促進させる重要な役割があります。
成長期前・成長期中のお子さんには必要不可欠ですね。
おそらく意識的に摂っている方はほとんどいないと思います。

必須アミノ酸のように「必須」ではないのですが、
どうしても不足してしまう栄養素なので、
「準必須アミノ酸」なんて呼ばれ方をする事があります。

更にアルギニンには「若返り効果」があると言われています。
若返りというのは、
様々な病気に罹りにくくしたり、肌や体調を整えたりと様々です。
女性の方には特に嬉しい効果ですね。

食品では大豆製品や玄米、ゴマ、エビなどに多く含まれています。
アレルギー等がある場合や摂り過ぎには注意しましょう。

サプリメントで摂取するのも良いのですが、
当たり外れが大きいみたいで、
中には健康被害を受けたという方もいるみたいです。
もちろん日本製なら安全・安心(値段は少し高め)ですが、
もし安さで海外の製品を利用する場合は何卒ご注意下さい。


ちなみにアルギニンのサプリメントには、
「オルニチン」というアミノ酸が含まれている場合があります。
オルニチンは食品だとシジミやだだちゃ豆に多く含まれていますが、
これもアルギニンと同じようにホルモン分泌に作用します。
posted by SaruyaMichael at 23:00 | TrackBack(0) | 野球選手のための食事・栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック