コラーゲン、そもそも口から摂取する意味ある?(別ブログリンク)

※当記事作成日時:2013-08-02、最終更新日時:2019-04-15

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『コラーゲンを食べる意味はある?その効果や摂取方法まとめ』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


コラーゲンは結合組織に多く存在する蛋白質の一種です。皮膚、靭帯、筋肉、腱、骨、軟骨、血管など様々な組織に存在しており、それらの組織の構造を維持する役割があります。またその総量は人体に存在する蛋白質の内、1/3を占めているとも言われており、人体の中でも非常に重要な蛋白質です。

そのようにコラーゲンは蛋白質なので、コラーゲンを合成するには、まず蛋白質の材料となるアミノ酸を摂取しなければなりません。特にアミノ酸の中では、体の中だけでは必要量を補う事ができない9種類の必須アミノ酸があり、それをバランス良く摂取する事が重要です。必須アミノ酸は植物性の食品よりも動物性の食品の方がバランスが良いので、動物性の食品を日常的に食べましょう。

一方、コラーゲンの合成にはビタミンCが使われていると言われています。このためビタミンCも合わせて摂取する必要があるでしょう。ただしビタミンCは抗酸化として役割が大きく、活性酸素が大量に存在する場合、そのために働いてしまいます。また酸化自体も正常な蛋白質の合成を阻害します。このためビタミンCと一緒にビタミンEやビタミンAも重要になります。

尚、そんなコラーゲンを口から摂取する事による効果については様々な説がありますが、コラーゲンにはグリシン、プロリン、アルギニンなど、特定のアミノ酸が多く含まれています。そのためコラーゲンを摂取する事では、少なくともそれらのコラーゲンの材料を補給する事ができる訳です。また一説によればコラーゲンを摂取する事で、コラーゲンの合成に関わる酵素を活性化させる事ができるとも言われています(アミノ酸単体の形だけでなく、アミノ酸が連なったペプチドの形でも吸収されて運ばれる)。よくコラーゲンは「一旦アミノ酸に分解されるから意味がない」と言われるのですが、これを踏まえると、「コラーゲンを摂取する意味がないとまでは言えない」と私は思います。


ちなみにアルギニンに関してはコラーゲンの材料以外では尿素回路で働き、アンモニアを分解するために必要です。特にアンモニアを分解する過程では一酸化窒素を作る事ができ、これには血管を拡張させる作用があります。アルギニンはその生成をサポートします。またアルギニンは成長期では必須で、準必須アミノ酸とも呼ばれています。これはアルギニンに成長作用がありますが、子どもではその合成能力が低いからです。このため成長期ではサプリメントとして摂取するのも良いでしょう。この他、運動前後での摂取もオススメです。


★オススメのサプリメント一覧★

ネオセル コラーゲンパウダー

これは粉末状のコラーゲンです。摂取量の目安は特にありませんが、1回数gを小分けにして摂取すると良いでしょう。尚、ここでは左の商品を紹介していますが、容量が少ないので、コスパを選ぶのであれば普通に店頭に売られている「コラーゲンパウダー(Amazon商品リンク)」でも問題ありません。
NOW Foods 脂溶性ビタミンC

こちらは脂溶性のビタミンCを摂取する事ができるサプリメントです。このサプリメントは脂溶性で、通常の水溶性のビタミンCとは異なり、緩やかに吸収されると言われています。摂取方法としては1回500mg〜を小分けにし、コラーゲンと一緒に摂取すると良いと思われます。尚、ビタミンCはおそらく過剰摂取のリスクは低いと思われるので、水溶性のビタミンCの方も合わせて摂取しておくと良いでしょう。
バルクスポーツ シトリックアルギニン

これはアルギニンのサプリメントです。摂取量の目安は1回1〜3g程度をお好みのタイミングで。ただしコラーゲンにも含まれるのでコラーゲンを利用する場合は不要です。一方、激しい運動を行う場合、運動前や運動後に1回5gずつ摂取すると良いと思われます。


【野球選手のための食品・栄養素・サプリの最新記事】

野球選手のためのプロテイン・サプリメントまとめ
運動前〜運動中・運動後等における糖の摂取方法まとめ
プロテインは運動後どのぐらい飲めば良い?効率の良い飲み方とは
アルギニンは運動前後に摂取すべき?その効果と摂取方法
HMBとクレアチンは一緒に摂取すべき?効率の良い摂取方法とは
グルタミンは運動後?量はどのぐらい?その効果や摂取方法等
EAAはBCAAの代わりになる?それぞれの効果や摂取方法等
野球に役立つかもしれないマイナーなサプリメントまとめ
鉄分だけでは貧血は治らない?効率の良い摂取方法とは(要点のみ)
亜鉛は1日何g必要?サプリメントの摂取方法について解説(要点のみ)
ビタミンB群は1日何g必要?効率の良い摂取方法とは(別ブログリンク)
ビタミンCは100mgでは足りない?脂溶性ビタミンCとは?(別ブログリンク)
マグネシウムは下痢しやすい?皮膚から吸収できる?(別ブログリンク)
各種ミネラルの役割を理解し、必要量を摂取しよう(要点のみ)
各種ビタミンの役割を理解し、必要量を摂取しよう(要点のみ)
ω-3脂肪酸とω-6脂肪酸はどのぐらい摂取すれば良い?(別ブログリンク)
重要なアミノ酸の役割を理解しよう(別ブログリンク)
大豆製品を食べて栄養を補給しよう(別ブログリンク)
肉と卵を食べて蛋白質を摂取しよう(別ブログリンク)
ナッツ類を食べて栄養補給をしよう(別ブログリンク)

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。