ピッチャーのバッティング

日本プロ野球では二刀流ルーキーの大谷翔平選手が話題となっています。

今回は「ピッチャーのバッティング」について考えます。

※ちょっと文章は短いです 
 
 
まず、高校野球ではDH制度が存在しないため、
ピッチャーも打席に入って打たなければなりません。

ですので、もちろんピッチャーはピッチングを中心に練習を行いますが、
同時にバッティング練習も行わなければならないという事です。

実際にピッチャーがバッティングをするかしないかはその時によりますが、
基本的にノーアウトやワンナウトでランナーがいる場合はバントをしますので、
バント練習はしておく必要があります。

大学野球では東京六大学野球と関西学生野球ではDH制度がありません。
プロ野球でもセ・リーグにはDH制度がありませんし、
メジャーリーグではナショナル・リーグにはDH制度がないです。

これらの場合はピッチャーが打席に入りますので、
いずれバントだけでもできるようにしならなければなりません。

ツーアウトでランナーがいる場合や、
アウトカウントに関わらずランナーがいない場合には、
バントをせず、普通にバッティングをします。
まぁ試合内容によっては代打を出されますが・・・。

ランナーがいない場合は打っても打たなくても構いません。
既に大量の援護点を貰っており、逆転の心配がない場合には、
意図的に空振りをしても良いですし、
呼吸を乱さないようバットを全く振らないのも良いです。
プロでは手が痺れる事を理由にバッティングをしない選手も多いようです。

もちろん、点差が離れていない場合などには、
少しでも塁に出ようと積極的にバッティングをした方が良い場合もあります。
高校野球ではバッティングをするピッチャーの方が圧倒的に多いですね。



「エースで四番」という言葉を聞いた事があると思います。
ピッチャーもバッターも得意な選手は、
「4番バッター兼背番号1」という場合もあります。

しかし現在の高校野球では、
「エースで四番」は減っているという話があります。
それどころか背番号はエースナンバーの1番をつけているのに、
「エース」と呼ばれるほど多くは登板をしておらず、
チームにいるピッチャーが均等に投げている場合も多くなっているようです。

「エースは一人で投げ抜く」や「エースで四番」は、
今となっては薄れていっている考え方なのかもしれません。
まぁそもそもDH制のない高校野球では「四番」である必要はないんですけどね。

一方、プロでは他に多くの四番級のバッターがいるため、
ピッチャーで四番は現実的ではないですね。

高校生の頃はエースで四番でも、
プロに入ればどちらか一方を選択しなければなりません。
バッターはバッティング、ピッチャーはピッチングに専念するのが普通です。

話題の大谷翔平選手は、
プロで「エースで四番」を目指しているそうです。
彼を見ていると本当にそれが可能に見えてしまいますね(笑)

この記事へのトラックバック