ジャイロボールを含めた投球の組み立て方

この記事ではジャイロボールを含む球種を使った「投球の組み立て方」について私なりにまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。尚、当記事に書かれた内容は理論に基づいたものではありません。私が勝手に考えた「個人的な考え方」であり、実戦で役に立つとは限りません。あくまで参考程度に留めておく事を強くオススメします。
(記事作成日時:2013-06-16、更新日時:2019-03-23)

★当記事の目次

ここでは当記事内の章をリスト化しています。クリックする事で直接その場所へ飛ぶ事ができます。また戻りたい場合には各章の一番下にある「当記事の目次まで戻る」をクリックする事で再びこの場所に戻ってくる事ができます。


球種を球速ごとに分けて考えてみよう

まずは球種を球速ごとに分けて考えてみます。

例えばバックスピンストレートが150km/h前後、上投げ、右投げのピッチャーの場合、
●150km/h前後のストレート系
・フォーシーム、カットボール、ツーシーム、ワンシーム、ゼロシーム
●140km/h台の変化球
・シュートボール、縦のスライダー、スプリット、フォークボール、ジャイロボール
●130km/h台の変化球
・横のスライダー、シンカー、パワーカーブ(ナックルカーブ等)
●130km/h前後〜それ以下の球速の変化球
・チェンジアップ、パームボール
●110km/h前後〜それ以下の球速の変化球
・カーブ、ナックルボール
●100km/h前後〜それ以下の球速の変化球
・スローカーブ、スクリューボール(山なりのシンカー)
人によって球種それぞれの球速は大きく異なりますが、だいたいこんな感じになると思います。

尚、上投げのジャイロボールは、基本的に縦のスライダーなどと同じような使い方になると思います。ジャイロボールは上向きの力が働かず、また横の変化も小さいため、落ちる変化球としてしか使えません。一方、サイドスローやアンダースローの場合、ジャイロボールは直球として利用する事になります。またリリースポイントが低くなると投げる事ができる球種は変わりますが、基本的にはただ球速をマイナスするだけで良いでしょう。


球種を変化する方向ごとに分けて考えてみよう

続いて変化する方向でも球種を分類をしてみます。
●ストレート系
・フォーシーム
●スライダー系
・横のスライダー、縦のスライダー、カットボール
●カーブ系
・パワーカーブ、カーブ、スローカーブ
●フォーク系
・チェンジアップ、パームボール、スプリット、フォークボール、ナックルボール、ジャイロボール
●シンカー系
・シンカー、スクリューボール、ツーシーム
●シュート系
・シュートボール、ツーシーム、ワンシーム、ゼロシーム
同じ球種でも人によって変化する方向は大きく異なりますが、だいたいこんな感じになると思います。

ただしシンカーとシュートは厳密には区別できません。「落ちる方がシンカー」という分け方をする場合が多いのですが、シンカーやシュートはそもそもストレート系に含まれる事もあり、個人的には利き腕と同じ方向へ曲がる球種は全て「シンカー系」で良いと思います。実際メジャーリーグではそのような分け方になっています。またスライダーとカーブも厳密に区別できない場合があります。基本的には球速が遅く、山なりの軌道を描く方がカーブになりますが、球速の出るカーブもあり、そのような場合、スライダーに軌道が近くなるからです。まぁ投げる本人がスライダーと言えばスライダーですし、カーブと言えばカーブなので、やはり変化する方向で分けると良いでしょう。

尚、アンダースローではジャイロボールの落ちる変化を抑える事ができるので、ストレート系としても使う事ができます。もちろん回転軸の傾きや球速を調節すれば横や縦の変化球として利用する事もできます。ただしサイドスローとは違い、アンダースローでは利き腕とは逆方向に曲がるようなスライダー系やカーブ系の球種は投げる事が難しいです。投げる事ができたとしても横への変化量が小さいので、少し変化するカットボールや山なりのカーブだけになる事が多いです。一方、サイドスローやアンダースローで投げる落ちる変化球は、そのまま投げるとシュート回転が加わるため、基本的にシンカー系の変化も出てきます。よってこれも区別できない場合があります。


自分の投球スタイルをどのようにして決めれば良いか

「投球スタイル」には様々なものがあり、人によって大きく変わります。前述したようにまずは球速ごと、変化する方向ごとに球種を分け、自分にどのような投球スタイルが合っているかを考えると分かりやすいと思います。

特に投球スタイルの基準になるものとしては、
1.球速の出るストレート系を主体とするか、球速の出る変化球を主体とするか、球速の出ない変化球を主体とするか
2.ゴロを打たせてアウトを取るか、フライを打たせてアウトを取るか、三振を積極的に奪いに行くか
3.一番自信のある球種を投球中に織り交ぜるか、要所要所に限って使うか、最後の最後に切り札として使うか
4.常に一定した自分の投球スタイルに基づいて投げるか、相手に応じて投球スタイルを変えるか
球種を球速ごと、変化する方向ごとに分けたら、例えばこのような事を基準にし、どのように投球を組み立てていくかを考えると良いでしょう。

尚、球速が出るからと言ってストレート系の球種が主体になるとは限りません。ストレート系以外に絶対の自信を持っている球種がある場合、それを主体にした投球もできるからです。また日本では「ゴロを打たせて取る」と「三振を奪う」事を分けて考えますが、相手バッターや状況に応じて両者を使い分けられるのであれば、その方が成績は安定します。例え絶対の自信がある球種を持っていても、敢えてそれを軸にせずに投球をしたり、あるいは自分の投球スタイルを固定化しないような投球もできるはずです。確かに「奪三振」は魅力的ですが、自分の球速、球種、コントロールなどには合わない場合もあります。その辺はよく見極める必要があるでしょう。

またそれらは「今後選手としてどのように成長していくか」という事にも関係してきます。特定の部分に秀でているピッチャーを目指すのか、バランスの良いピッチャーを目指すのか、あるいは全てを極める事を目指すのか・・・それによっても投球スタイルは変わります。一方、投球スタイルに幅を持たせるためには、球速、球種、変化、スタミナ、コントロール、投球フォーム、メンタル、対応力、判断力、データなど、ピッチャーとしての基本的な能力が必要不可欠です。練習やトレーニングなどもそれに合わせて改善していく必要があるでしょう。


実際にどのようにして投げていけば良いか

投球を組み立てる際には例えば以下のような事を考えて投球する事になります。
1.外内、左右、高低、前後:イン・アウトどちらが強い・弱い、ハイ・ローどちらが強い・弱い、強いコースで攻めるか、弱い・苦手なコースで攻めるか、ストライクゾーン枠ギリギリの選球眼はどうか、最終的にどのコースで打ち取る事を目指すか、そのために何を印象づけるか(インコースの印象をつけてアウトを攻める等。またそのために前の打席で敢えてインコースを攻める等)
2.球速、変化量、変化する方向:速い球に強い・弱い、遅い球に強い・弱い、横の変化に強い・弱い、縦の変化に強い・弱い、球速の差に強い・弱い、変化する方向の差に強い・弱い、大きな変化に強い・弱い、強い球を敢えて投げるか、弱い・苦手な球で攻めるか
3.初球の反応:初球を振ってくるタイプかどうか、実際に振ったかどうか、振ったらどのような結果になったか、振っていないにしてもどのボールを待っているか、アッパースイングかレベルスイングか、高めを攻めていくか、低めを攻めていくか、当ててくるのか、飛ばしてくるのか、流すタイプか引っ張るタイプか、初球後同じような球を続けるかどうか、見せ球を使うかどうか
4.ランナーの有無:ランナーがいる時・いない時にどのようなバッティングをするバッターか、ランナーがいる時にはどのような形でアウトを取りたいか、ランナーがいる時にはどのタイミングで投げるか、牽制球を挟むかどうか
5.打席ごと:前の打席は打たれたが何を待っていたか、前の打席は抑えたが何を待っていたか、バッターは打席ごとに切り替えるタイプかどうか、前の打席と攻め方を変えるかどうか
6.心理分析:バッターの性格はどうか、同じコースを続けて嫌がるタイプかどうか、球種やコースをどのように読んでくるバッターか、アウトの数・ストライクの数・ボールの数・ランナーの数によりどのようなバッティングをしてくるか・その時々でどの球種どのコースが得意か苦手か、スイングや見逃しの仕方、何を待っているかなど
7.どのような形でアウトを取りたいか:ゴロ、フライ、三振、ゲッツーなど
8.自分の調子、相手の調子

尚、これらの事は自分以外の味方選手はもちろん、ベンチにいるスタッフなどもある程度は分担する事ができます。ピッチャーはただでさえ1試合での責任が大きいポジンションのため、勝利に執着するあまり、これら全てを考えようとするといずれはオーバーヒートしてしまいます。一個人でできる事には限界があるため、決して全てを実行しようとする必要はありません。



この記事へのトラックバック