ジャイロズレ:逆ジャイロシンカー

ジャイロボールの回転軸をズラした、
「逆ジャイロシンカー」について書きます。 
 
逆というのは通常のジャイロ回転と逆のジャイロ回転という事です。
つまり、右投手は通常、ジャイロ回転は時計回りですが、
これを反時計回りにするという事です。
(左投手は反時計回りを時計回りにする)

「逆ジャイロシンカー」は、
通常のジャイロ回転とは逆のジャイロ回転とシュート回転の
ちょうど中間の回転になります。

ジャイロシンカーにも、
フォーシームジャイロとツーシームジャイロがあります。

逆フォーシームジャイロシンカーを画像で示すとこういう感じです。
逆フォーシームジャイロシンカー.png

続いて逆ツーシームジャイロシンカー。
逆ツーシームジャイロシンカー.png

通常、右投手が投げるジャイロ回転は時計回りですが、
画像のように反時計回りとなっていて逆のジャイロ回転になっています。
(左投手の場合は通常は反時計回り、逆回転が時計回り)

リリースの際にボールの内側を擦るようにして回転をかけるため、
手首、肘、肩の関節に大きな負担がかかります。
潮崎哲也選手のシンカーをイメージして頂ければ分かるかと)
そのリリースの特殊さ故に球速も出にくいです。

また、練習すれば投げる事は一応可能ですが、
上達する前に故障してしまう可能性が高いです。
あまり多投もできませんので、正直オススメはできません。
まぁ習得できれば武器になるのですが・・・。

横(一塁側方向)から見るとこんな感じです。
逆ジャイロシンカー2.png
このように通常のジャイロ回転とは逆にしたジャイロ回転の回転軸を、
投手側から見て「上(空)へ45度」傾けています。

実際の変化としては既に記事にしたジャイロシュートよりも
落ちる変化が大きくなります。
ので、「シンカー」と分類しています。



この画像のように、他のジャイロボールとは違って、
通常のジャイロ回転とは逆のジャイロ回転をかけているため、
それに加えて「45度」という角度で投げるのは非常に難易度が高いです。

ジャイロズレはどれもそうですが、
少しでも回転軸がズレてしまうと全く意味がなくなってしまうので、
安定的に同じ回転軸で投げられるよう練習が必要です。

ジャイロズレを投げる上で重要なのは指先の繊細な感覚です。
posted by SaruyaMichael at 12:00 | TrackBack(0) | ジャイロボールの握り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/365980648

この記事へのトラックバック