ジャイロズレ:ジャイロシュート

ジャイロボールの回転軸をズラした、
「ジャイロシュート」について書きます。 
 
「ジャイロシュート」は、
ジャイロ回転とシュート回転のちょうど中間の回転になります。

ジャイロシュートにも、
フォーシームジャイロとツーシームジャイロがあります。

フォーシームジャイロシュートを画像で示すとこういう感じです。
フォーシームジャイロシュート.png

続いてツーシームジャイロシュート。
ツーシームジャイロシュート.png

これは右投げのピッチャー側から見た時の回転のかけ方です。
画像のように回転軸が上を向いていますので、
上から投げる投法ではこの回転で投げる事は困難です。

アンダースローでは容易に投げる事ができ、
更に通常のジャイロボールよりも球速が出やすいという特徴があります。
握りも通常のフォーシームジャイロの握りを少しズラすだけです。

これはアンダースローだけの特権とも言える訳です。

横(一塁側方向)から見るとこんな感じです。
ジャイロシュート2.png
このようにジャイロボールの回転軸を、
右投げのピッチャーの場合は投手側から見て「下(地面)へ45度」傾けています。

実際の変化としては、
通常のジャイロボールにシュートの要素が加わりますから、
シュートと同じように利き腕の方向へ変化します。

例えばサイドスローのピッチャーが投げる直球は、
シュート回転がかかった「ナチュラルシュート」というものですが、
これはそれにジャイロ回転が加わったイメージですね。
人によっては大きく横へ変化するかもしれません。

また、落ちる変化は
フォーシームジャイロシュート<ツーシームジャイロシュート
というように大きくなります。
(落ちる変化は通常のジャイロボールとあまり変わりません)



ジャイロズレはどれもそうですが、
少しでも回転軸がズレてしまうと全く意味がなくなってしまうので、
安定的に同じ回転軸で投げられるよう練習が必要です。

ジャイロズレを投げる上で重要なのは指先の繊細な感覚です。
posted by SaruyaMichael at 22:00 | TrackBack(0) | ジャイロボールの握り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック