ジャイロズレ:ジャイロスライダー

「ジャイロズレ」とは私が勝手にそう読んでいる名称で、地面と平行かつ進行方向と一致しているジャイロボールの回転軸を45度前後に傾けたボールの事を言っています。特にこの記事ではジャイロボールの回転軸を45度傾けた「ジャイロスライダー」について私なりにまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。
(記事作成日時:2014-02-26、更新日時:2019-03-20)

★当記事の目次

ここでは当記事内の章をリスト化しています。クリックする事で直接その場所へ飛ぶ事ができます。また戻りたい場合には各章の一番下にある「当記事の目次まで戻る」をクリックする事で再びこの場所に戻ってくる事ができます。


ジャイロスライダーとは?

「ジャイロスライダー」は、ジャイロ回転とスライダー回転(右投手なら左から右への横回転、左投手なら右から左への横回転)のちょうど中間の回転になります。つまりジャイロ回転から回転軸を傾ける場合、下へ45度傾ける事になります。一方、スライダー回転から回転軸を傾ける場合、上に45度傾ける事になります。これによりジャイロスライダーではジャイロ回転の持つ特性と、スライダー回転の持つ特性を半分ずつ併せ持つような球種になります。ちなみに右投手のジャイロボールは基本的に時計回り、左投手のジャイロボールは基本的に反時計回りです。

尚、ジャイロスライダーにはフォーシームジャイロとツーシームジャイロがあります。フォーシームジャイロは減速が小さい事、ツーシームジャイロは減速が大きい事が特徴ですが、どちらも上向きの力が働かず、重力によって落ちるという特徴があります。一方、スライダーは利き腕とは逆方向へ変化するボールです。よってフォーシームジャイロスライダーは減速が少なく、落下しながら横へと変化するボール、ツーシームジャイロスライダーでは減速が大きく、落下しながらやはり横へと変化するボールになります。どちらも利き腕とは反対方向へ落ちながら曲がる軌道、既知の変化球なら縦のスライダーのような球種になるでしょう。


ジャイロスライダーの回転軸など

フォーシームジャイロスライダーを画像で示すとこういう感じです。尚、これは右投げのピッチャー側から見た時の回転のかけ方です。握りは通常のフォーシームジャイロの握りを少しズラす、あるいはスライダーの握りを少しずらすだけなので、それぞれの球種の投げ方が分かれば習得はそれほど難しくありません。
フォーシームジャイロスライダー.png

続いてツーシームジャイロスライダーです。
ツーシームジャイロスライダー.png

尚、ボールを横(一塁側方向)から見るとこんな感じです。
ジャイロスライダー2.png
回転軸が下を向いている関係上、上から下へ投げ下ろす投法であれば投げる事は容易です。一方、アンダースローでも一応投げる事は可能ですが、リリースポイントを下げるのではなく、逆に上げる必要があり、そのため他の球種(ジャイロボール系に限らず)との組み合わせをどうするかという問題があります。そもそも下から投げる事がセールスポイントのアンダースローで、リリースポイントを上げてしまうと、それが失われてしまう可能性があり、もし投げたい場合にはその辺りの調節が必要です。まぁ一応、手首を立てれば投げる事はできますが・・・。


ジャイロスライダーの使い道

純粋なスライダー回転の場合、直進していく際に前面から空気抵抗を受ける事になるので、横の変化量はかなり大きくなります。しかしその分、変化が大きすぎて、リリースした瞬間からボールが横へと曲がり、軌道が分かりやすく、バッターに見極められやすいです。またボールが落下していく際には下から空気抵抗を受ける事になるので、バッターの手元では逆に横の変化が小さくなり、コントロールミス次第ではバッターにとって絶好球になってしまいます。一方、ジャイロ回転をかける事では直進していく時の変化量を抑える事ができる上、落ちていく時には逆に横への変化量が大きくなります。このためバッターの手元で大きく変化しているように見せる事ができ、特に右対右、左対左の時には大きな武器になり得ます。

また前述のように上から投げる投法の場合、習得難易度はそれほど高くない上、そのように通常のスライダーよりも大きな武器になる可能性があります。このためジャイロボーラーでなくても、このボールを習得する意味はあると個人的には思います。



この記事へのトラックバック