ジャイロズレ:ジャイロドライブ(ジャイロトップスピン)

ジャイロボールの回転軸をズラした、
「ジャイロドライブ(ジャイロトップスピン)」について書きます。 
 
「ジャイロドライブ」は、
ジャイロ回転とドライブスピン(トップスピン、順回転、バックスピンの逆)の、
ちょうど中間の回転になります。

ジャイロドライブには、
フォーシームジャイロドライブとツーシームジャイロドライブの
2種類があります。

フォーシームジャイロドライブを画像で示すとこういう感じです。
フォーシームジャイロドライブ.png
これは右投げのピッチャー側から見た時の回転のかけ方です。

続いてこちらはツーシームジャイロドライブです。
ツーシームジャイロドライブ.png

握りは通常の通常のジャイロの握りを少しズラすだけですが、
既知の変化球ではカーブに非常に近い握りになります。
よって、通常のジャイロボールよりも更に球速が出にくくなります。

次に上から見るとこんな感じです。
ジャイロドライブ2.png
このようにジャイロボールの回転軸を、
右投げのピッチャーの場合は投手側から見て「右へ45度」傾けています。

実際の変化としてはジャイロボールに更に落ちる変化が加わりますが、
球速が出にくいので直線ではなく、大きな放物線を描きます。
上から投げれば投げるほど放物線も大きくなります。

また、フォーシームジャイロとツーシームジャイロの違いにより、
フォーシームジャイロドライブ<ツーシームジャイロドライブ
というように、落ちる変化が大きくなります。

が、この画像のように、
「45度」という角度で投げるのは非常に難易度が高いです。

ジャイロズレはどれもそうですが、
少しでも回転軸がズレてしまうと全く意味がなくなってしまうので、
安定的に同じ回転軸で投げられるよう練習が必要です。

ジャイロズレを投げる上で重要なのは指先の繊細な感覚です。
posted by SaruyaMichael at 16:00 | TrackBack(0) | ジャイロボールの握り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック