ジャイロズレ:ジャイロトップスピン(ジャイロドライブ)

「ジャイロズレ」とは私が勝手にそう読んでいる名称で、地面と平行かつ進行方向と一致しているジャイロボールの回転軸を45度前後に傾けたボールの事を言っています。特にこの記事ではフォーシームジャイロの回転軸を45度傾けた「ジャイロトップスピン(ジャイロドライブ)」について私なりにまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。
(記事作成日時:2014-02-15、更新日時:2019-03-20)

★当記事の目次

ここでは当記事内の章をリスト化しています。クリックする事で直接その場所へ飛ぶ事ができます。また戻りたい場合には各章の一番下にある「当記事の目次まで戻る」をクリックする事で再びこの場所に戻ってくる事ができます。


そもそもそもそもジャイロトップスピンとは?

「ジャイロトップスピン(ジャイロドライブ)」とは、ジャイロボールの回転軸を右投手なら右側に45度、左投手なら左側に45度傾けた回転の事を言います。そうして回転軸を45度傾けると、ジャイロ回転とトップスピン(ドライブ回転、バックスピンの逆回転の事)の、ちょうど中間になるような回転になります。尚、トップスピンから回転軸を傾ける場合、右投手なら左側へ45度、左投手なら右側へ45度傾ける事になります。

これによりトップスピンの持つ特性と、ジャイロボールの持つ特性を半分ずつ持った球種になります。トップスピンは下向きの力が働くため、純粋に下方向へ落ちるボールです。一方、ジャイロボールにはフォーシームジャイロとツーシームジャイロがあり、フォーシームジャイロは減速が少ないボール、ツーシームジャイロは減速が大きいボールです。またどちらのジャイロも上向きの力が働かず「重力によって落下する」という共通点があります。このためフォーシームジャイロトップスピンも、ツーシームジャイロトップスピンも、ひたすら下方向へ落下するボールになります。


ジャイロトップスピンの回転軸など

フォーシームジャイロトップスピンを画像で示すとこのような感じです。
フォーシームジャイロドライブ.png
これは右投げのピッチャーが、そのままピッチャー側から見た時の回転のかけ方です。

続いてこちらはツーシームジャイロトップスピンです。
ツーシームジャイロドライブ.png

そしてボールを上から見るとこのような感じになります。
ジャイロドライブ2.png
このようにジャイロボールの回転軸を45度傾けます。


ジャイロトップスピンは理論的には存在するが・・・

前述のように理論的には存在する回転なのですが、リリースの仕方がかなり特殊で、上投げの場合、カーブのような握りの状態で、リリースする時に、人差し指と中指を手前へ引くようにして投げる必要があります。「手前」というのは体に向かってという事です。つまり投げる方向とリリースする方向が逆になるので、例え投げる事ができたとしても球速が出ず、山なりの軌道になります。

ではアンダースローではどうなのかというと、ボールを下から擦り上げるようにして投げる必要があります。ソフトボールの投法であれば投げる事は可能ですが、野球のアンダースローでは、体にできるだけ近い位置でリリースし、やはりボールを手前に向かって引いて回転をかける必要があるので、球速が出ません。このためこのボールは使い物にならないと思います。

ちなみに前述の方法では右投手が時計回りのジャイロボールを投げる事を例にしていますが、逆回転、すなわち右投手が反時計回りのジャイロトップスピンを投げる場合、アンダースローであれば一応投げる事ができます(前述した画像を左右反転する)。ただしこれもリリースが特殊で、ボーリングの球を投げるように指先をやや地面の方向へ寝かせて回転をかけるか、手の甲が上になるようにして回転をかける必要があります(この場合、英語のCのように指先が体の外を向く事になる)。他の球種と見極められやすく、やはり使い物にならないと思います。ジャイロドライブって名前はやたら格好良いんですけどね・・・



この記事へのトラックバック