ジャイロズレ:フォーシームジャイロバックスピン

フォーシームジャイロの回転軸をズラした、
「フォーシームジャイロバックスピン」について書きます。 
 
「フォーシームジャイロバックスピン」は、
フォーシームジャイロとフォーシームバックスピンストレートの、
ちょうど中間の回転になります。

画像で示すとこういう感じです。
フォーシームジャイロバックスピン.png
これは右投げのピッチャー側から見た時の回転のかけ方です。
投げる事自体はどの投法でもそこまで難しくありません。
握りも通常のフォーシームジャイロの握りを少しズラすだけです。

上から見るとこんな感じです。
フォーシームジャイロバックスピン2.png
このようにフォーシームジャイロの回転軸を、
右投げのピッチャーの場合は投手側から見て「左へ45度」傾けています。

実際の変化としてもフォーシームジャイロと、
バックスピンストレートの間の軌道になりますので、
フォーシームジャイロよりも落下せず、
バックスピンストレートよりは落ちる、という変化になります。

このフォーシームジャイロバックスピンは、
フォーシームジャイロよりも落ちる変化が少ないので、
フォーシームジャイロを直球として扱っていた場合には、
「浮き上がってくる」というような印象を与えます。
(実際は浮くのではなく「落ちにくい」だけ)

アンダースローで投げた場合はより効果的になります。
ストライクゾーン高めへ「ライズボール」のように、
浮き上がるようなボールを投げる事ができる・・・かもしれません。

ちなみに何故「ツーシームジャイロバックスピン」を紹介しないかというと、
ツーシームジャイロではせっかくのバックスピン要素が薄まってしまうからです。
あくまでジャイロボールの落ちる変化を少なくするのが目的です。
もちろん、ないという訳ではありません。



この画像のように、
「45度」という角度で投げるのは非常に難易度が高いです。

ジャイロズレはどれもそうですが、
少しでも回転軸がズレてしまうと全く意味がなくなってしまうので、
安定的に同じ回転軸で投げられるよう練習が必要です。

ジャイロズレを投げる上で重要なのは指先の繊細な感覚です。
posted by SaruyaMichael at 12:00 | TrackBack(0) | ジャイロボールの握り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック