練習の意味を常に考えよう

練習の意味を常に考えましょう。 
 
 
例えば貴方や貴方のチームが行なっている、
ボールを触る前に行うランニング、準備体操、ストレッチ。
あれは何故行うか分かりますか?

バットの素振りは何のために行う練習ですか?
投げ込みは何のために行う練習ですか?
シャドウピッチングは何のために行うんですか?
そういう一つ一つの練習の意味を考えた事はあるでしょうか。

それを理解して練習に臨むのと理解しないで練習に臨むのとでは、
練習の効果も効率性も大きく違ってきます。

素振りなら、スイングスピードを速くする目的の他に、
フォームチェックや自分自身との会話も重要な目的です。
自分の頭で描いた理想のフォームをイメージしながら、
実際にバットを振ってみてそのイメージと修正作業を行います。
それを考えながら行う素振りとただ振るだけの素振りは全く違います。

ストレッチ一つにしてもそうです。
ストレッチは関節や筋肉を伸ばして解す目的があります。
しっかりと伸ばすためには正しいやり方があります。
それを理解せずただ決められた動作を行うストレッチでは柔らかくなりません。

監督やコーチが言った事にただただ従って、
何も考えずに練習を行うだけではダメだという事です。
選手自らが「考えて練習を行う事」が重要なのです。
それによって練習の効果も上達の効率も大きく上がります。

更にこの「選手自らが考える事」は「自主性」を育む目的もあります。
当然、監督やコーチが見ている時だけ真剣にやっても意味がありません(笑)
誰も見ていない所でも努力する姿勢が重要なのです。

前の記事でも書きましたが、
1日の部活動での練習時間は簡単に増やす事はできません。
ですので、練習時間「外」でどれだけ野球の事を考えられるかで、
練習量の少なさをカバーする事ができるのです。



また、実際に試合で野球をするのは監督でもコーチでもありません。
他の誰でもなく、選手自身です。

どこへ投げるのか、どこでボールを捕球するのか、
前へ出るのか後ろへ出るのか、どこへ打てばヒットになりそうか、
外角低めへ投げるのか内角高めへ投げるのか、
次は直球が来るのか変化球が来るのか・・・。

これらは選手がその時その時で、
咄嗟に考えてプレーを行わなければなりません。
自主性がなければできないプレーです。

分からないからといちいち誰かに聞いたりするのでしょうか?
誰かからの指示を待ったりしているようではまだまだ三流四流です。

甲子園の試合を見て下さい、監督はただ突っ立ってるだけです。
何故なら選手主体のチームではそこまで指示を出す必要がないからです。
指示を出さなくても選手が自分の考えで行動しますから、
甲子園に何度も出場するような強豪校では試合での監督は楽なもんですね(笑)
(ここ一番という時の声掛け、選手交代、バント指示などは監督ですが)

あくまで野球は「選手が主役」です。
選手の持っている実力を出せるようにしてあげるのが、
監督やコーチなど指導者の役目だと思います。

どうしたいのか、どういう選手になりたいのか、
何ができるようになりたいのか、どういう練習がしたいのか、
選手自身がそういう自分の意見を持つ事が重要です。



そして最後に。
先ほど「見えない所で努力する」という話をしました。

野球は結果が求められるスポーツです。
試合で勝ったか負けたか、それが全てです。
試合に負ければ貴方がいくら努力しても世間は評価はしてはくれません。

ですが、貴方の野球に対する真摯な態度や努力する姿勢というのは、
貴方のチームメートや監督、コーチがちゃんと見ています。
結果が出なかったからといって貴方の努力が無駄になる訳ではありません。
勉強でも同じですが、「努力した過程」が大切なのです。

誰もが貴方のように野球ができる訳ではありません。
野球ができる事はこの上ない幸せな事なのです。

その努力はいつか必ず貴方の人生で、宝だと思える日が来るはずです。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/365873837

この記事へのトラックバック