チームワークとミーティング

今回は「チームワークとミーティング」について書きます。 
 
 
チームで大切な事は「選手同士のチームワーク」です。

仲間が苦しんでいれば、それを助けるのが貴方ですし、
貴方が苦しんでいれば、それを支えてくれるのがチームメートです。

何度も直面する困難に打ち勝ち、
打ち勝つ度に仲間意識や結束力が強くなります。
そして皆が同じ目標に向かって一丸となって戦います。

試合に負けても楽しそうにしている選手たち。
私も見ていて羨ましいと思う事がよくあります(笑)

一緒に泣いたり笑ったり、喜んだり悲しんだり、
情熱的で青春していて、本当に羨ましい限りです。
そうやって戦っている姿は多くの人の感動を誘います。



では、そのようなチームになるにはどうすれば良いのでしょうか。

まずは「チームの目標」を設定しましょう。
例えば「近く行われる大会で一つでも多く勝つ事」や、
「楽しく野球をする事」などなど何でも良いです。
もちろんいきなり「甲子園に出る事」としても構いません(笑)

なかなか強くなれないチームにありがちなのが、
この「目標を設定するだけ」で終わってしまう事です。
単に目標を設定しただけでチームは強くなりません。

必ず、その目標を達成するには何をすべきか、
その目標に近づくためにはどうすれば良いのかを考えましょう。
それをチームで考え実行していく事がチームワークを高める事に繋がります。

例えば「一つでも多く勝つ」という目標を設定したなら、
「どうしたら勝てるのか?」という事を議論する必要がある訳です。
どうしたら勝てるか→たくさん練習をする
→どんな練習をする?→○○を重点的に練習しよう
→こんな練習をしたらどうか→ちょっとやってみようか
このようにして話を次々に展開させていく事が重要なのです。

更に、貴方のチームが初心者ばかりの弱小チームの場合、
貴方以外のチームメートを皆やる気にさせなければなりません。
貴方だけが経験者の場合は尚更です。

そのような場合にあまり高い目標を設定すると、
例えば、いきなり「甲子園を目指そう」という目標を設定してしまうと、
「夢のまた夢だろ」と逆にやる気を削いでしまう事もあります。

目標の設定はくれぐれも慎重にお願いします。
近すぎず遠すぎず、皆がイメージしやすい目標にしましょう。
皆でたくさん話し合ってから決めましょう。



議論という事ですが、
貴方のチームは「ミーティング」を行なっていますか?
じっくり話し合いをするためには、
ミーティングの時間を設けて皆で話し合う事が重要です。

ミーティングなどでチームや野球の事を話し合わないまま、
お互いの考えや性格などを真に知らないまま、
ただただ、練習を行なっているだけでは、
チームワークも強くなりませんし、上手くなっていきません。

その日の練習が終わった後に時間を作り、必ずミーティングを行いましょう。
また、練習をしない日に自分たちで集まったりしてはどうでしょうか。

その日の練習や今のチームの良い所、悪い所を選手同士で出し合い、
それをチームで把握し、その反省を次の日、その次の日に生かしていきます。
良い所は伸ばし、悪い所は直していきます。
そうやってチーム全員で進むべき方向を考えるようにします。

そうする事でチームは一歩ずつ着実に前へ進んでいくでしょう。
チームの状況がその都度フィードバックされますから、
実力が上がっていれば、成長の実感もしやすく、やる気も出るはずです。

ところで、貴方は貴方のチームメートの事をどれだけ知っているでしょうか。
バリバリの体育会系の人、神経質で普段は大人しい人、
何も考えずに猪突猛進な人、常に冷静沈着な人、頭脳明晰な人、
目立ちたがりな人、おっちょこちょいな人、せっかちな人。
本当に様々な性格の人がおり、野球に対する考えも違います。

ミーティングで自分の持っている考えなどをお互いに共有する事で、
次第に考え方や意識などを理解する事ができるようになります。
その人の性格など、お互いの事を知れば知るほど、
コミュニケーションを取りやすくなり、
チーム内での意思疎通や意見交換が活発になります。

もちろん、たまには意見が衝突する事もあるかもしれませんが、
それを一緒に考え、乗り越える事で、
更に仲間意識、絆を高める事ができるでしょう。

とにかく重要な事は、選手一人ひとりが何をしたいか、
何をすべきかをチームで一緒になって「考える事」だと思います。
何も考えずにただ練習を行うだけでは得られないものもたくさんあるのです。

「何とかしたい」「強くなりたい」「現状を変えたい」
そういう考えは自分だけで持っていてはダメなんです。
ミーティングなどをきっかけにして、
必ず自分の考え、思いを自分の外へ出しましょう。

そしてお互いの事をもっと知りましょう。
知っていると思っていても意外に知らないものですよ?
野球はあまり上手くなくても、
貴方以上に野球の事を考えている人がいるかもしれませんし。

普段から自分の考えをあまり言わない人というのは、
他人とは違う考えを持っているという事が実は結構あります。
そういう人の意見は本当に貴重ですから、
必ずチームに反映されるようにしましょう。
それがその人のためにもチームのためにもなるのです。



ただし「チームワークがある」「チームワークが良い」
というのは「あって当たり前の事」だと理解しておきましょう。
チームワークを高めるだけでは、ただスタートラインに立っただけです。

貴方のチームのチームワークがいくら良かったとしても、
それに実力が伴わなければ試合に勝つ事はできません。
上には上がいるものですし、時の運というものもあります。

試合に勝って多くの人が見てくれる大会に出場しなければ、
そのチームワークも人の目に触れられず、周りの人から評価もされません。
チームワークというものは実力を出して初めて評価されるものです。

最近、サッカーの本田圭佑選手が言ったように、
最終的に重要になってくるのは、
「チームの実力をどれだけ上げられるか」、
そして「個々の能力をどれだけ高められるか」です。

後悔のないよう貴方の今出来る事を出来る限りやりましょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/365690010

この記事へのトラックバック