ジャイロボーラーだといつ公表すべきか、メディアとの関わり方

貴方自身の口から、
「自分はジャイロボールを投げている」
と公言するのはいつが良いのか、について考えます。 
 
 
野球ではプロになるまでに高校、大学、実業団と活躍する場があります。
特に高校野球の甲子園はテレビで全ての試合が中継され、
多くの野球ファンの楽しみでもあります。
最近ではプロ野球よりも人気があるという話も聞きます。

甲子園に出場するだけで、そのチームの選手は多くのメディアに晒されます。
貴方やチームメートが活躍すれば活躍するほど、
メディアは貴方たちの名前を大々的に報道していくでしょう。

ここで重要なのは「プロになるまでに有名になり過ぎる」という事です。

プロで実力を発揮する前に有名になり過ぎてしまうと、
メディアの報道の仕方次第では、
貴方の意思とは関係なく、勝手な先入観が作られてしまいます。

例えばハンカチ王子で有名になった斎藤佑樹投手。
彼が有名になった頃には本当に色々な事が起こりました。
Wikipediaから
メディアにはこれほど大きく世の中を変えてしまう力があります。
何気なく使用していたハンカチで有名になるとは、
本人も大きく驚き、戸惑っていたはずです。

ちなみに同時期に活躍したゴルフ石川遼選手は、
「ハニカミ王子」なんてアダ名が付けられましたね。
それ以降はしばらく「○○王子」と付けるのが流行しました。

日本プロ野球界では他に松坂世代というのが有名ですね。
最近ではそれと同じようにして、
斎藤佑樹選手と同年齢の多くの選手がプロで活躍している事から、
その人たちを一括りに「ハンカチ世代」なんて呼び方をしています。

皮肉にも斎藤佑樹選手はまだプロで良い成績を納めていませんから、
本人の意志とは関係なく、未だにその世代の「主役」として扱われている訳です。
いつまでも高校時代のイメージのまま扱われる事に、
本人はどのように思っているのでしょうか・・・。



何が言いたいかというと、
貴方や貴方のチームが甲子園に出場し、活躍する事ができた時、
どのようにメディアに対応すれば良いのか?という問題が起こります。

それこそ、甲子園に出場する事自体が珍しい高校の場合、
そういうメディアへの対応には慣れていませんから、
対応次第では良からぬ方向へ行ってしまう事もあり得ます。

メディアは貴方や貴方のチーム、貴方の学校、貴方の家族、
貴方の友人、貴方の過去の関係者などなど、
貴方のあらゆる関係を洗いざらいにしようとします。
貴方がどういう人間なのかというあらゆる情報を集めるでしょう。

それによって貴方の行動も制限される事もあります。
一歩外へ出れば、誰かに監視されているように感じてしまいます。

更に貴方の高校が甲子園初出場の場合や都立高などの場合、
それがステータスとなり、注目を集めるための良い材料になります。
これは甲子園に出場した事自体が凄い事ですから、
活躍するかしないかは関係がありません。

貴方や貴方のチームに実力が伴っているかいないかに関係なく、
学校の名前だけで貴方自身や貴方のチームメートに注目が集まる事になります。
チームの活躍によっては番組や記事などで特集が組まれる事も少なくありません。
それによって人生が大きく変わってしまう事もあり得ます。

そのようなメディアに貴方はどのように対応していきますか?
松井秀喜選手のように1回1回丁寧に真摯に対応しますか?できますか?
それともイチロー選手やダルビッシュ有選手のように、
緊張感を持って対応しますか?



そして更に貴方には「ジャイロボール」というステータスがあります。
このジャイロボールという名称はメディアの恰好の餌です。

貴方自身や貴方の周囲の人が、
「貴方はジャイロボーラーだ」と公言した瞬間から、
貴方はメディアの標的になるでしょう。

それは貴方の意思や実力とは関係がありません。
貴方が甲子園で活躍しようとしまいと、プロで活躍しようとしまいと、
常に「ジャイロボーラー」として見られる事になります。
「間違った認識」としてのジャイロボーラーです。

世間では既に某漫画の影響で「ジャイロボール=豪速球」や、
ダル氏のTwitter上での発言の影響で、
「プロでは通用しない」という先入観が既に作られています。

それこそ、ジャイロボールに関して知識のない人が、
憶測で勝手な事を言ったり、特集記事を書いたりします。
「通用する・しない」などを一方的に予想し、
貴方が実力を発揮するしないに関わらず、勝手な事を書きます。
執拗に同じ質問を何度も繰り返してくるかもしれません。

貴方はそういうメディアにどのように対応していきますか
一切聞かない事にして無視をしますか?
逆に注目されるような事をしてメディアを手玉に取りますか?
すぐさま反論してメディアを黙らせますか?



では、「ジャイロボールを投げている」と一切公言せず、
「秘密にする」というスタンスを貫くとどうなるでしょうか。

例え本人やその周囲がジャイロボールに関して秘密にしていても、
分かる人が見れば分かるものです。
最初は数少ない野球のファンが「ジャイロ回転してない?」と気付きます。
無論ですが、私も見れば分かります(笑)

そのように最初は一部の人しか気付きませんが、
次第に貴方の活躍が目に見えるようになって来ると、
それもどんどん広がっていきます。

何せ、ジャイロボールは今まで投げる人がいなかった未知の「魔球」です。
世間一般でも某漫画の影響でジャイロボールは「魔球」とされており、
ジャイロボールに関する知識のない人にとっては、
非常にワクワクさせるようなワードです。
ですので、一旦広まるとそれを止める事は誰にもできないでしょう。

その広がる速さは日本人ならよく理解しているはずです。
Twitter、LINE、Facebookなどなど、
SNSサイトによって広まれば、本当にあっという間でしょう。

そうしてどこかのタイミングでメディアが報道してしまえば、
あっという間に一般の人に認知されてしまいますから、
もはや「時間の問題」という事になります。

そこで貴方にはいつか必ず、メディアから説明を求められるでしょう。
「貴方の投げているのはジャイロボールなんですか?」と。
その質問に貴方は何と答えますか?

肯定しますか?否定しますか?
肯定も否定もしませんか?無視しますか?
それともプロになって実力を発揮するまで温めておきますか?



いずれにしてもメディアが騒ぎ立てた状態で、
貴方が活躍できなければ、貴方は更にメディアの標的になります。

ジャイロボーラーである事を肯定しようが否定しようが、
貴方がメディアに対してどんなに真摯に対応していようが、
貴方の意思とは関係なく、メディアの報道は加速していきます。

ある事ない事を書かれますし、誹謗中傷も当然あります。
記事にするために騙され、利用される事もあるかもしれません。

国民栄誉賞を受賞した松井秀喜選手でさえ、
何の根拠もない事を書かれた事がありますし、
イチロー選手もそれでメディアとの関係が悪くなった事があります。
本人の実績、性格、人柄に関係なく、というのがよく分かると思います。

勝手に騒ぎ立てておいて勝手に批判する、それがメディアのやり方です。
貴方はそういう事に惑わされず、自分が自分でいられる自信はありますか?

貴方は「実力で証明する」事で、
それらを自ら打ち砕かなければなりません。
イチロー選手がメジャーに渡った頃のように・・・。
それがジャイロボーラーたる貴方に与えられる使命なのです。

まぁ私なら何年か活躍した後に自分の口から言うか、
引退するまで黙っておいて引退後に自分の口で言うようにしますけどね・・・
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/365582459

この記事へのトラックバック