投げるまで球種が分からないようにする

投げるまで球種が分からないようにしましょう。 
 
 
ジャイロボールを投げる事においては、
ただジャイロ回転をしているだけではダメです。
フォーシームジャイロやツーシームジャイロのように縫い目を操る事が基本です。

縫い目を正確に操るためには、
投球前のグローブの中でボールを握る際に、
手元を見ないでも正確に握れるようにしなければなりません。

日本プロ野球、メジャーリーグの投手を見てもらえれば分かりますが、
グローブの中でボールを見ながら握っている投手は一人もいません。

スライダーならスライダー、カーブならカーブ、
フォークならフォーク、ストレートならストレート、
チェンジアップならチェンジアップ、
カットボールならカットボール・・・というように、
短い時間で縫い目を探し、正確にボールを握っています。

指先の感覚だけでボールが握れる事は、
ピッチャーにとっては基本ですので必ず練習しましょう。
慣れてくるとボールを握る事にかかる時間が短くなり、
相手バッターに球種を悟られる事なく投球動作に入る事ができます。

また、しっかりと握れていない事による失投や、
スッポ抜け、棒球(変化しない)などを防ぐ事もできます。
ジャイロボールにおいては特に重要な課題と言えます。

ちなみにバッターによっては、
手首の筋や前腕の筋肉の強張りを見て、
ピッチャーの球種を見極めている選手もいるそうです。



そして直球と変化球のボールを握る時にかかる時間。
その球種による時間差を可能な限りなくす事も重要になります。

例えば通常のフォーシームバックスピンストレートは、
他の変化球と比べても握りが単純で簡単ですから、
ボールを握る時の時間もそこまでかかりません。

逆に握りの特殊な変化球は握りが難しいですから、
ボールを握る時の時間がストレートよりもかかります。
時間がかかってしまうと、
バッターは「握りの特殊な変化球が来る」と考えます。

つまり、握る時にかかる時間が短い=ストレートが来る、
長い=変化球が来る、というように、
投げる前からどちらが来るかバレてしまうのです。

それを防ぐためにボールを握る時にかかる時間は、
可能な限りどの球種も一定にするようにしましょう。

プロではわざと握る時にかかる時間を長くしたり、逆に短くしたり、
ボールを握る時にグローブを動かして握りを分からなくしたり、
途中で牽制球を挟んだり、一旦マウンドを外したりして、
可能な限り球種を読まれないようにしています。
そのような工夫も時には必要なのです。



ちなみに全球ジャイロボールを投げるようなジャイロボーラーの場合は、
握りを変える必要がほとんどないため、このような心配は無用です(笑)
まぁ「ジャイロボールだけ」というのは実際は現実的ではないですが。
posted by SaruyaMichael at 21:00 | TrackBack(0) | ジャイロボールの握り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/365479014

この記事へのトラックバック