手元を見ずにジャイロボールの握りができるように

ジャイロボールという事をバッターに分からせないようにするためには、握り方を練習する必要があります。特にフォーシームジャイロやツーシームではその縫い目に特徴があり、安定して投げるためにはできるだけ手元を見ずに握る必要があります。ここではそれについて私なりにまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。
(記事作成日時:2013-06-10、更新日時:2019-03-23)

野球5

★当記事の目次

ここでは当記事内の章をリスト化しています。クリックする事で直接その場所へ飛ぶ事ができます。また戻りたい場合には各章の一番下にある「当記事の目次まで戻る」をクリックする事で再びこの場所に戻ってくる事ができます。


投球までにかかる時間を常に一定にする練習をする

フォーシームジャイロとツーシームジャイロではその縫い目に特徴があり、正しい縫い目で投げなければ、それぞれのボールの持つ特性を活かす事ができません。しかし投球の度に握るのに時間がかかってしまうと、バッターに球種を見極められてしまう可能性があります。プロの試合を見てみれば分かると思いますが、プロのピッチャーでは、投球の度にいちいち手元を見ながら球種を選んでいる選手はいません。皆グローブの中で、指先の感覚だけで縫い目に指をかけています。特にジャイロボール以外の球種がある場合、それは非常に重要です。もちろんこれはすっぽ抜けなどの失投を防ぐ目的もあります。

そこで縫い目を正確に操るため、グローブのできるだけ奥にボールを置き、その中で指先の感覚だけでボールの縫い目を探し、そこに正しく、かつ素早く指をかける練習をしておきましょう。フォーシームジャイロの場合、長く走っている1本の縫い目を探し当て、そこに人差し指と中指をかけて握ります。ツーシームジャイロの場合、短く走っている2本の縫い目を探し当て、そこに人差し指と中指をかけます。それをできるだけ正しく、できるだけ素早く、そして、いついかなる時も常に一定の時間で握るようにする訳です。

またスライダーならスライダー、カーブならカーブ、フォークならフォーク、ストレートならストレート、チェンジアップならチェンジアップ、カットボールならカットボール・・・というように、ジャイロボール以外にも球種がある場合、あらかじめ「この球種はこういう握りで投げる」と決めておきます。これらの球種では握りと回転さえ正しければ変化してくれるので、握り方に決まりはありませんが、握りやすい方法を決めておいた方が良いでしょう。そうして同じようにグローブの中で、指先の感覚だけで縫い目に指をかける練習をする訳です。

練習方法は至ってシンプルで、グローブをはめ、そのグローブの中にボールを入れておきます。そして例えばスライダーの握りを練習するのであれば、利き手をグローブの中に入れた瞬間に、できるだけ素早くスライダーの握りをします。できたらボールより手を離し、グローブから手を抜きます。そうして同じように握り、離す、握り、離す、それを何回も繰り返し、できるだけ素早く握りができるように練習しましょう。またこれを各球種で行い、全ての握りが素早くできるようにします。またその際には、握りにかかる時間が全ての球種で同じになるようにします。それもバッターに見極められにくくするポイントです。


投球するまでにかかる時間を敢えて変える

バッターに見極められにくくするためには、どれだけ握りづらい球種でも、握りやすい球種でも、そのように握るまでにかかる時間、手の動き、前腕の動きなどをできるだけ似せる必要があります。

一方、それによっては「簡単に握る事ができる球種を、時間をかけて握る」「簡単な握りの球種を、手を複雑に動かして握る」「ゆっくりと間を取ってから投げる(ランナーがいるか否かに関わらず)」「握りが難しい球種を短い時間で握り、テンポ良く投げる」というような事もできると思います。また上手く握れなかった時には、途中で牽制球を挟んだり、一旦マウンドを外したりするという調整方法もあります。練習の際にはそれも一緒に行うと良いでしょう。


リリースの瞬間まではリラックスする

「この球種はこの握り」という意識が強すぎると、指先が強張り、またそこにランナーの有無や点差などの緊張が加わった場合、ボールを叩きつけてしまったり、すっぽ抜けてしまう事があります。ボールを握る際にはできるだけリラックスし、最低限の力だけで握るようにしましょう。そしてボールをリリースするその瞬間にだけ力を込めるようにします。これはスタミナの温存という意味でも非常に重要な事です。

また某野球ゲームなどでは「逃げ玉」という言葉があります。これはバッターの反応をリリースの瞬間までギリギリまで見て、リリースの瞬間に指先に力を入れ、敢えてボール球を投げるというような技術です。それによって失投を防いだり、ヒットを防いだり、あるいはゴロを打たせるというような事ができると言われています。指にガッチガチに力を入れてボールを握ると、そういった事もできなくなります。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。