ワインドアップポジションかセットポジションか

ジャイロボールを投げる場合、
ワインドアップかセットポジションか、
どちらが良いのでしょうか。 
 
 
「ワインドアップポジション」は、
投球の際に軸足ではない方の足を一歩後ろへ引き、
両手を頭の上へ挙げて振りかぶってから投げる事を言います。
振りかぶってから投げる、という一般的な投げ方です。

その内、両手を頭の上へ挙げず、
胸の前などに構えたまま投球動作を行うのを、
「ノーワインドアップポジション」と言います。
ワインドアップの振りかぶらない版ですね。

一方「セットポジション」は最初から横を向き、
足を挙げてすぐに投げる事を言います。
ランナーのいる場面では盗塁の可能性があるため、
普段はワインドアップの人でも必ずセットポジションになります。



ここでジャイロボールの特性を考えます。
フォーシームジャイロは減速が小さく、球速以上に速く感じます。
一方、ツーシームジャイロは減速が大きく、球速以上に遅く感じます。

フォーシームジャイロとツーシームジャイロは、
同じ球速で投げた時に最も意味のあるボールです。
それは球速が速ければ速いほど良いので、
より球速が出るようなダイナミックなフォームが必要です。
ので、振りかぶって投げるワインドアップが適しているという事になります。

ただし、ジャイロボールは元々バックスピンストレートよりも球速が出ません。
上投げでも150km/h前後、下投げでは140km/h前後がいい所です。
もちろん、ジャイロボールは速いに越した事はないですが、
ワインドアップにしたぐらいで球速が上がるとは到底思えません。

「ワインドアップにした方が球速が上がる」と考える指導者もいますが、
そうではなく、人それぞれ投球のリズムがあるのです。
例えばセットポジションで150km/hを投げ込むピッチャーが、
ワインドアップにしていきなり球速が上がる訳ないですからね(笑)

ですので「球速を上げるためにワインドアップにする」
という考えは捨てた方が良いでしょう。
それよりもジャイロボールを投げる事においては、
「球速以上に速く感じさせる事」が重要です。

球速以上に速く感じさせるためには、
「球持ちの良さ」と「緩急」が大切だと既に記事で書きましたが、
投球動作全体においては、
更に「ゆったりとしたフォーム」も重要になります。

例えば、日本プロ野球の涌井秀章投手や杉内俊哉投手。
彼らはゆったりとしたフォームから威力のあるストレートを投げています。

ゆったりとしたフォームだと、
「ゆったりしていて速いボールを投げそうには見えない」
というようにバッターを錯覚させます。
それによって「球速以上に速く感じさせる」事ができます。

その点においてはゆったりとしたフォームで、
実際にボールが放たれるまでの時間を長くする事ができる、
ワインドアップが適していると言えます。

もちろん錯覚レベルですので、
バッターによっては全く効かない場合もありますし、
プロではその時々で上手く対応してくるバッターも多くいます。
どのようなバッターであっても自分のピッチングができる方を選びましょう。



一方、セットポジションは、
足を挙げるだけで投げる事ができますので、
投球フォーム次第ではバッターに準備する暇を与えません。
動作が小さいのでスタミナの消費も少なく、フォームも安定しやすいです。

また、足を挙げる動作をゆっくりにするなどの工夫をする事で、
ワインドアップと同じく、ゆったりとしたフォームに見せる事ができます。
それによって球速以上に速く感じさせる事が可能です。
(投球中に静止するとボークを取らるので注意)

しかし、ランナーがいる場面では、
普段ワインドアップのピッチャーもセットポジションを強いられます。
その際にワインドアップに慣れているピッチャーが、
セットポジションで構えると本来の球速でボールが投げられず、
球速が落ちてしまう人が結構います。

元々セットポジションの人はセットポジションに慣れていますから、
ランナーがいる場面でも球速は落ちる事はありません。
ですので「どうせなら最初からセットポジションで良いのでは?」
という考え方をする事もできます(笑)
いずれクイックモーションも練習する必要がありますしね。

まぁ何度も言うように人それぞれですので、
どちらか投げやすい方を選ぶと良いと思います。
posted by SaruyaMichael at 12:00 | TrackBack(0) | ジャイロボールの投げ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/365466344

この記事へのトラックバック