ダブルスピンを行うための筋力トレーニング

球速を上げるために行う最も重要な事はフォームの改善です。
ジャイロボールを投げるためにはダブルスピン投法が最も適しているので、
まずはダブルスピン投法の習得を目指しましょう。

そしてやはり球速を上げるためには筋力トレーニングも必要です。
どの筋肉を鍛えれば良いのか、について簡単に書きます。 
 
 
「ピッチャーは筋肉が硬くなるから筋トレはしない方が良い」
なんて事をよく耳にします。

確かに上半身、特に背中や肩、腕、前腕などに、
凹凸のあるほど筋肉が大きくなってしまうと柔軟性が大きく低下し、
逆に球速が遅くなってしまったり、怪我に結びついてしまう事もあります。

柔軟性や弾性が失われてしまえば確かにその通りになるのですが、
だからと言って筋トレをしなければ、球速が伸びなくなってしまいます。
かと言って、筋トレしかしないのは言語道断ですがw

要は筋力を強化し筋肉を大きくしても、
筋肉や関節などの柔軟性・男性を失わないよう、
工夫してトレーニングを行う必要があるという事です。

当ブログでは何度も言っていますが、
ジャイロボールは球速がないと直球としては使えませんから、
球速を上げるために筋トレをする事は避けられないのです。

ジャイロボールを投げるために必要不可欠なダブルスピン投法は、
2つのスピン(背骨軸、上腕骨軸)が連動する事によって、
腕が自然に振られる、力のロスが少ない投法です。

単純にこの2つのスピンの回転速度を速くする事で、球速が上げる事ができます。
では、スピンの回転速度を上げるために、
どういう筋力トレーニングをすれば良いのでしょうか。



まず「背骨が軸のスピン」の回転速度を上げるためには、
重心の移動が正しく行われる事と体幹(腹筋と背筋)の強さが重要です。
(重心の移動は軸足にギリギリまで重心を残し、
踏み出す方の足の着地同時に一気に前へ重心を移動させる。
その重心移動の急さによってスピンの速度を上げる。)

重心の移動が正しく行われるためには腿の表・裏の筋肉や臀部(お尻)、
股関節付近の筋肉の筋力・柔軟性・弾性が必要になりますので、
まずはそれらの筋肉を鍛える所から始めましょう。

いきなりウェイトトレーニングを行うのは良くありません。
最初はチューブなどを使ったトレーニングや、
自分の体重を利用した自体重トレーニング、
バランスボールなどを使ったトレーニング、走り込みなどから始めます。

チューブを使ったトレーニングなどでは、
特にエキセントリックな収縮が行えるトレーニングが望ましいです。
筋肉の収縮様式について
これによってまずは怪我に強い下半身を作っていきます。

そしてそれに慣れてきたら、
そういうトレーニングと「並行」してウェイトトレーニングを行なっていきます。
ウェイトトレーニングを行うと筋肉が大きくなって筋力が強くなりますが、
柔軟性を維持したいので今まで行なってきたトレーニングは引き続き行います。

そうやって負荷の大きいウェイトトレーニングだけを行うのではなく、
様々なトレーニングを組み合わせて筋肉を大きくしていきましょう。
柔軟性や弾性を高めるようなトレーニングも行う必要はありますが、
そうすれば筋肉の柔軟性や弾性は保つ、高める事ができます。

ただ、基本的な関節(関節付近の組織)の柔軟性に関しては、
毎日地道にストレッチを行うしかないと思います。
運動前と運動後は必須、それ以外でも時間が空いた時に行いましょう。

体幹(腹筋と背筋)を強くする方法については、
別サイトでトレーニング方法を説明していますのでそちらで
割れた腹筋を手に入れる方法
(食事法なども書いてありますので参考に、ただし基本的なものばかりです)

もちろん、重心の移動が間違っていれば、
いくら股関節や体幹の筋力・柔軟性があってもそれを活かす事ができません。
まずはダブルスピン投法を習得する事から始めましょう。
いきなり筋トレをしても、筋トレばかりをしても。
いっくら筋トレだけをしても得られるものはありません。



続いて「上腕骨が軸のスピン」の回転速度を上げるためには、
背骨が軸のスピンの回転速度を上げる事と、
肩のローテーターカフを上手く使えるようになる必要があります。

ローテーターカフはいわゆるインナーマッスルと言うもので、
体の表面からは見えない細い筋肉の総称です。
肩には「三角筋」という大きな筋肉がありますが、
その下にあって、より体の奥にある筋肉です。

ローテーターカフは三角筋や上腕二頭筋のように、
大きな筋力は発揮しませんが、
肩や腕の細かい動きのサポートをしている筋肉です。
(棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋など)

この筋肉に刺激を与えて上手く機能するようになると、
肩や腕をスムーズに動かす事ができるようになり、
それによって「スピンの回転速度が上がる=球速が上がる」と繋がる訳です。
ですので、ローテーターカフに刺激を与えて使えるようにしましょう。
トレーニングにはチューブを利用します。(トレーニング法は後日)

尚、三角筋や上腕二頭筋など大きな筋肉を、
それこそ筋肉が盛り上がるまで鍛えてしまうと、
このローテーターカフの動きを邪魔してしまう可能性があります。
肩をスムーズに動かす事が目的な訳ですから、
そういう大きな筋肉は鍛えすぎないようにしましょう。



そして最後に重要なのが「指の強さ」と「リスト(手首)の強さ」です。
ダブルスピンの2つのスピンの回転速度を上げ、球速を上げていくと、
次第に遠心力でボールがスッポ抜けやすくなります。

ですので、遠心力で外側へ移動しようとするボールを「固定する指の力」と、
その手を「固定するリスト(手首)の力」が必要になります。

手の大きさは生まれ持ったものがありますのでどうしようもありませんが、
指の力やリストの力は鍛えて補う事が可能です。



まとめると、
・ダブルスピンの2つのスピンの回転速度を上げる事が重要
・背骨軸のスピンは重心移動と体幹(腹筋・背筋)の強さが必要
・重心移動は股関節付近・臀部・腿の表・裏の筋肉の筋力・柔軟性・弾性が必要
・ストレッチはなるべく8時間間隔で行う事
・最初は負荷の小さなトレーニングから始める事
・下半身に関してはいずれウェイトトレーニングが必要
・上腕骨軸のスピンはローテーターカフを上手く使う事が必要
・肩付近の大きな筋肉は鍛えすぎない事
・指の力と手首(リスト)の力が必要
・これらの筋肉を鍛えて筋力を上げ、かつ柔軟性を高める事が必要
・最初は筋肉を鍛える事よりもフォームの改善を重視する事
以上です。
posted by SaruyaMichael at 17:00 | TrackBack(0) | 筋力トレーニングメニュー集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/364717464

この記事へのトラックバック