ツーシームジャイロの握り

ツーシームジャイロの握りについてです。 
 
 
まずはオーバースローなど上から投げる場合の握りです。
ツーシームジャイロの握り.png

一応、私もこんな感じの握りで試してみたのですが、
この握りで投げた方が回転がかけやすいなと思いました。
(画像の状態から下へ擦るようにするのがポイント)

尚、他のサイトでは、
人差し指や中指をもっと奥で握っている事が多いのですが、
当ブログではこのような形で握るようにしています。

その方が関節への負担が減り、球速のロスを抑え、
スライダーのイメージで投げる事によって、
バッターに球種を分かりづらくする事ができます。

また、人差し指よりも少し中指の位置が下がっています。
これは中指と薬指の間でボールを挟むように力を加えているからです。
(中指と薬指の間は大きく開く)
ツーシームジャイロはそうしないと投げた時にスッポ抜けやすいんです。

まずは画像のように「回転をかける方向」を意識しながら投げると良いでしょう。
手の大きさなどがありますので、自分で投げやすいように調整して下さい。
最初は球速は考えず、投げた際のボールの回転をよく見るようにし、
とにかくジャイロ回転と縫い目を意識しながら練習して下さい。

人によっては中々習得が難しいかもしれませんが、
フォーシームジャイロよりも回転がかけやすいはずです。
手首や肘を捻ったりしないように投げるのは結構難しいですので、
焦らずゆっくりと体に覚えさせましょう。
(無理に捻ると関節を痛める、球速が上がらなくなる)

尚、上投げでジャイロボールを投げる際には、
球速を上げていくと次第にスッポ抜けやすくなります。
握力とリスト(手首)を強くする必要があります。



そしてこれがアンダースローで投げる場合の握りです。
ツーシームジャイロの握り2.png
上にある画像をただ傾けただけですね(笑)

既に当ブログの記事では書きましたが、
アンダースローは元々ジャイロボールを投げるのに適しています。
何故なら手を傾けるだけでこの画像のようになるからですね。

縫い目にさえ気をつけて画像のように回転をかければ、
上投げよりは比較的楽にジャイロボールを投げる事ができるでしょう。
安定して同じ回転がかけられるよう、ひたすら練習をしましょう。



共通で重要なのは「ツーシームジャイロの回転を綺麗にする」事です。
目印は回転軸に現れる「大きな丸い面」です。

フォーシームジャイロよりも面が大きいので分かりやすいです。
その丸い面が綺麗に現れるように練習すると上達しやすいでしょう。
posted by SaruyaMichael at 17:00 | TrackBack(0) | ジャイロボールの握り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック