ジャイロボールを落ちる変化球として使う

ジャイロボールを直球として扱うのが難しいという事は、
今までの記事で書いてきた通りです。

オーバースローでは角度がついてしまうので、
どうしても放物線のような軌道になってしまいます。

ならば「落ちる変化球として使ってはどうか?」という事で、
その事について書きたいと思います。 
 
 
まず、フォーシームジャイロから。
フォーシームジャイロの特徴としては、
「空気抵抗が少なく減速しにくい」という点が挙げられます。

例えば、フォークボールやパームボール、ナックルボールは、
通常は回転量が少なく、大きく減速し、落下します。
ですが、フォーシームジャイロは減速する事なく落下します。
これは既知の「落ちる変化球」にはない大きな特徴です。

更に実はジャイロボールは角度がつくと、
落ちていく際に「利き腕とは逆の方向へ流れていく」という性質があります。
これはジャイロ回転しているボールを上から見ると分かります。

右投げの投手がジャイロボールを投げた時、
そのボールを上から見ると右方向へ回転しています。
ですので、地面方向へ落下していく時はスライダーのように左へ流れていきます。

また、そのボールを三塁側から見てみるとバックスピンの回転に見えます。
ですので、マウンドの右側から投げるようにする事で、
上から見て左方向へはストレートのように伸びていきます。

つまり、上投げで角度が付けば付くほど、
ボールが落下していく時にスライダーのような変化をし、
更にマウンドの端から投げる事でスライダー方向へ伸びていきます。

既知の変化球では「縦のスライダー」ですね。
フォーシームジャイロは縦のスライダーとして使う事ができます。
直球としてでなくとも使い道はあります。

もちろん「スライダー」としてではなく、
バックスピンストレートに対してフォークボールのような、
勝負球に使う事も可能です。

落とす位置(ホームベースの前後左右内外)や、
コース(イン・アウト)、高さ(ロー、ハイ)、球速などを、
バックスピンストレートのようにコントロールする事ができれば、
バッターにとって脅威になるはずです。



次にツーシームジャイロ。
ツーシームジャイロはフォーシームジャイロとは逆に、
「空気抵抗が大きく減速する」という点が挙げられます。

減速する落ちる変化球としては、
フォークボール、パームボール、ナックルボールなどがあり、
ナックルボールが最も大きく減速するボールです。
ツーシームジャイロは高速に回転している分、
これらの球種と比べると減速が小さいです。

ツーシームジャイロの減速効果は、
フォーシームジャイロと比べた時に初めて生きてくるもので、
ツーシームジャイロ単体ではあまり効果を発揮できません。

ただし、ツーシームジャイロはフォーシームジャイロよりも、
下への変化量が大きいですので、
「2種類の縦スライダー」として使い分けるのもありだと思います。



ただしこの2種類のジャイロボールを変化球として使う場合、
直球に相当するストレートがなければなりません。
直球の球速はプロで活躍するピッチャーのように最低でも140km/h必要です。
威力のある直球があってこそ、落ちる変化球が生きてくるからです。
その点は普通のピッチャーと何ら変わりはありません。

また、ストレートとジャイロボールではリリースの仕方が異なるため、
バッターに見極められやすいという欠点があります。
これを克服しないとジャイロボールを使用する事が単なる自己満足になってしまいます。
人によっては普通にフォークボールやチェンジアップを使った方が良い場合もあるからです。
posted by SaruyaMichael at 17:00 | TrackBack(0) | ジャイロボールの投げ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/362722592

この記事へのトラックバック