シームジャイロをどう投球に使うか

仮にジャイロボールの投げ方が分かったとして、
「実際にどうジャイロボールを使うか」という事が問題となります。

今まで知られている球種のような使い方はできるのでしょうか?
また、新しい使い方を開発しなければならないのでしょうか?

ここでは「フォーシームジャイロとツーシームジャイロ」
の使い方を説明します。 
 
まずはジャイロボールを直球として扱った場合を例にします。

フォーシームジャイロは、
バッターに「想像以上に手元で伸びる」という印象を与えます。
逆にツーシームジャイロは、
バッターに「想像以上にボールが来ない」という印象を与えます。

まずこの特徴だけでそれぞれの球種がバッターの脅威になります。
何せ既知の球種にはない特徴ですから、単体でも十分強いです。
そして、同じ150km/hでこの2種類のボールを投げると、
距離にして80cmもの差が生まれます。

という事は、フォーシームジャイロを直球として使った時、
ツーシームジャイロはチェンジアップのような使い方をする事ができますね。
つまり、通常のバックスピンストレートとチェンジアップを、
フォーシームジャイロとツーシームジャイロに置き換えるだけで、
後は通常のピッチングをすれば良いのです。

フォーシームジャイロとツーシームジャイロだけでは、
短いイニング(リリーフ、抑え、ワンポイントなど)でしか通用しませんから、
そこへ縦の大きなカーブを入れたり、
横へ大きく変化するスライダーやシンカーを入れれば良いのです。

ジャイロボールだからといって、何か特別な使い方はしなくて良いんですね。
ただ、フォーシームジャイロとツーシームジャイロの真価を発揮するためには、
両球種を可能な限り同じ球速で投げる必要がありますが・・・。



しかしここで問題が一つ。
ジャイロボールを150km/hで投げるのは困難に等しいです。
上から投げれば可能かもしれませんが、
角度が付けばつくほど落ちる変化が出てきてしまいます。

落ちる変化が出てしまうと、
フォーシームジャイロとツーシームジャイロの区別が簡単にできてしまい、
それぞれの特性を活かす事ができなくなります。

逆にアンダースローで投げれば落ちる変化は無視できますが、
アンダースローのように130km/h〜140km/hでは、
フォーシームジャイロとツーシームジャイロの距離の差が小さくなり、
これもそれぞれの特性を活かす事ができません。

そこで「前後を使った投球」が必要になります。
前後を使う=ホームベースの前から後ろを最大限利用し、
自らの制球力を使って意図的に距離の差を出すという事です。

例えばホームベースの前に落としたり、後ろで落としたり、真ん中で落としたり。
これには自らの制球力=コントロールを高める事が必要ですが、
もう一つ重要なのが「球速の調節」です。

同じ球種でも距離やコースが違えば使い方が変わるように、
球速を変えれば使い方が全く違うものになります。

忘れてはいけないのが、
ジャイロボールは通常は「落ちる変化球」だという事です。

つまり、アンダースローでフォーシームジャイロを直球として使っている場合、
その球速を落とすだけで「落ちる変化球」として使う事ができるんですね。

また、球速を落とせば落とすほど、
ストライクゾーンに投げるためには放物線が大きくなるので、
「高低を使った投球」ができるようになります。
まぁそれだったら「縦のカーブを使え」と言われそうですが(笑)

そしてその放物線を描いたボールの最終的な到達点を調節する事で、
いわゆる「前後を使った投球」ができるようになる訳です。

例えばジャイロボールを落ちる変化球として使う場合、
ベースの前で落とす事になりますね、これはフォークボールなどと同じです。
この「ボールを落とす位置」を調節する事で、
同じボールでも球速、距離、軌道などに違いが生まれます。

こういうのはプロのピッチャーが普通に使っている技術です。
それをジャイロボールでやろうとしている訳ですね。



こんな感じで色んな使い方ができるのです。
通常の投球術と共通している部分も多いので、
そこまで難しく考えない方が良いのではないのではないでしょうか?

ただ投げる事自体が難しいので、
こういうのは投げれるようになってから考える事ですけど。
posted by SaruyaMichael at 17:00 | TrackBack(0) | ジャイロボールの投げ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/362606446

この記事へのトラックバック