何故ジャイロボーラーは現れないのか

プロ野球とメジャーリーグにはたくさんの野球選手がいます。

なのにどうしてジャイロボールを投げる人がいないのでしょうか? 
 
 
一番の理由は「直球=バックスピンストレート」という考えが当たり前だからです。

他国は分かりませんが日本では、
「球速のあるバックスピンストレートを投げる事」や、
「上から振り下ろして角度をつける事」が基本とされています。
ですので、もし仮にジャイロボールを投げられる子がいたとしても、
指導者にフォームや投げ方などを修正するよう求められてしまいます。

更に特に日本では「威力のあるストレートを投げて三振を奪う事」
が美とされており、ピッチャーにとってはそれが理想だと思われています。
その固定概念がなくならない限り、
ジャイロボーラーは世に出てくる事はないでしょうね。
つまり「直球としてジャイロボールを扱う」という概念自体が存在しないという事です。

ジャイロボールは未知の領域であり、
投げるピッチャーもいないので研究も進んでませんから当然と言えば当然ですね。
まぁ教えた所で成功する保証もないですし、
指導者も投げ方を知らない人がほとんどでしょう。

それに第一、指導者に逆らえばレギュラーにして貰えません(笑)
「俺はジャイロボールを投げる」と言い張って、
チームを追い出されてしまったら元も子もありません。
それをバネに必死に努力するのも手ではありますが・・・

それと同様に、
ティム・ウェイクフィールド投手・ニークロ兄弟・R.A.ディッキー投手
のようなナックルボーラーや
マリアノ・リベラ投手のようなカットボーラーなどが、
日本プロ野球に全く出て来ないのはこれが主な理由です。

これらの投手は特殊な例ではありますが、
私からすればこういうピッチャーが日本球界にいても良いと思っています。
ジャイロボールならまだ分かるんですが、
こういう投手すら全く出ないのはいくら何でもおかしくないですか?

何も三振を奪う事だけが全てではありません。
ゴロやフライの山を築くのも立派な投球術です。
また球速がある事も前提条件では決してありません。
前述のような偏った考え方はピッチャーの幅を狭めているだけだと思います。

もし直球=バックスピンストレートという考えを持たない指導者と、
才能のある選手が同時にチームに存在すれば、
もしかしたらジャイロボーラーも現れるかもしれません。
そのためには高校野球以降で世に名前を知らしめないといけませんが・・・



そしてやはりジャイロボールは「未知の球種」だという事も理由に挙げられます。

今まで誰も投げる人が存在しなかったので、研究をする必要もありませんでした。
ので専門的な研究もほとんど進んでおらず、未だに開拓されていない分野です。
これから習得しようと挑戦する人は、
ジャイロボールがそういうボールだという事をご理解下さい。

それなりの覚悟では足りません。
「プロ野球選手になる」というぐらい人生を賭けるぐらいの覚悟でなければ、
ジャイロボールは投げない方が良いです。

未知の分野ですから、
指導者や選手にはピッチャーとしての知識があっても、
ジャイロボールに関する知識はほぼ皆無です。
投げ方を知りませんし、ましてや指導する事なんてできないでしょう。

仮に選手が投げ方を知っていて密かに練習していたとしても、
個人でプロに通用するレベルに持っていくのは困難に等しいです。
今までにいないような指導者と、
今までにいないような選手がその場に揃って初めてジャイロボーラーになれるのです。

更にそこで終わりではなく、甲子園などの大きな大会に出場しなければなりません。
自分のチームや自分の名前を挙げ、道を自分で切り開く必要があるのです。
更に更にプロへ行った後もサポートしてくれる人はほとんどおらず、
自分自身の力でジャイロボーラーの実力を証明しなければなりません。

普通に考えれば、そんな険しい道をわざわざ選ぶ必要がありません。
というか、そもそもそういう選択肢がある事を子どもたちは知りません(笑)
ので、幸い?な事にジャイロボーラーは世に現れていません。

何故なら可能性の分からない、得体の知れない球種を極める事よりも、
バックスピンストレートやカーブ、フォークボールなど、
既知の球種の球速、キレ、コントロールを極めた方が道は開けているからです。
前例があり、プロには参考にすべきピッチャーがたくさんいますからね(笑)



最後にアンダースローについてです。
前回の記事では「アンダースロー」が、
ジャイロボールを投げるのに適していると書きました。

しかし、現在の野球界ではアンダースロー投手自体が非常に稀な存在であり、
アンダースローの技術も確立されているとは言い切れません。
当然、アンダースロー出身の投手コーチも少ないです。
まぁ元々は野球も下手投げから始まったスポーツですけど・・・

よってアンダースロー自体が難しい投法という印象があるのに加え、
その難しい投法でジャイロボールを安定して投げるのですから更に至難の業です。

アンダースローが少ない理由としては、
現在の野球では「球速のあるボールを角度をつけて上から投げる」事。
これが当たり前とされており、
アンダースローは「変則」として扱われているからです。

「変則」は特殊なフォームなどでタイミングを外す事を言いますので、
本来はアンダースロー全てが「変則」ではないのですが、
どうしてもそういうイメージがついてしまっているようです。

確かにアンダースローでは球速のあるボールを投げる事ができませんから、
バッターを力押しで空振りさせる事は難しいと「されています」。
また、球速のある、球威のあるボールで三振を取る事は、
ピッチャーとしても気持ちの良いものであり、
ファンしてもバッターを空振りさせる事こそが醍醐味と「されています」。

そういう考え方を変えない限り、考え方が変わらない限り、
アンダースローピッチャーでもジャイロボーラーは増えないでしょう。

そして更に、先発で登板する牧田和久投手や渡辺俊介投手は非常に稀であり、
通常アンダースローのピッチャーはワンポイントでの起用かリリーフでの起用です。
リリーフ起用という事は見ている人の目に触れる時間が短いという事です。

そういう意味でもファンの目を惹きつけにくく、
これからプロ野球選手を目指すようなチビッコの目にも中々触れず、
アンダースロー投手が敬遠されがちな現状があるのです。
人気が出ない=増えない=専門家が少ない=上達しにくい=育たない
こういう悪循環が生まれているんですね。

もしこれからジャイロボーラー、
あるいはアンダースローでプロを目指すという方は、
この辺りを十分理解して臨んで欲しいと思います。
posted by SaruyaMichael at 17:00 | TrackBack(0) | ジャイロボールとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック