フォーシームジャイロとツーシームジャイロ

ジャイロボールは一般的に「落ちる変化球」という認識で構いません。
これは前日の記事で触れた通りです。

今回は「フォーシームジャイロとツーシームジャイロ」について書きます。

ジャイロボール=ジャイロ回転したボールなのですが、
ジャイロボールは縫い目によって大きく2種類に分けられます。
それが「フォーシームジャイロ」と「ツーシームジャイロ」です。 
 
 
この2種類のジャイロボールの説明の前に、
まずは「シーム」という言葉の意味を理解する必要があります。

シームは簡単に言うと、
「1回転する時に回転している面に見える縫い目の本数」の事です。
フォーシームなら1回転する間に4本の縫い目が見えます。
ツーシームなら1本の縫い目が、ワンシームなら1本の縫い目が見えます。

この縫い目の本数によって握りや変化が大きく変わってきます。

例えば同じバックスピンのストレートでも、
最近の野球では「フォーシーム」「ツーシーム」「ワンシーム」と、
縫い目によって球種が分けられています。

握りによる投げづらさもあって、
ツーシームやワンシームはフォーシームよりも球速が少し減ります。
また、縫い目や回転量が減る事によって空気抵抗が増えるので、
実際の変化としては「フォーシーム<ツーシーム<ワンシーム」という順で、
バッターの手元で沈み込みます。

ツーシームやワンシームは、
通常のフォーシームストレートだと思って打ちに行くと沈むため、
ゴロを打たせて捕るのに適した直球系の変化球です。



そしてジャイロボールにもこのシームによる分類があり、
「フォーシームジャイロ」「ツーシームジャイロ」という2種類があります。
(ワンシームジャイロもあるにはあるのですが後述)

まずはフォーシームジャイロから説明します。
フォーシームジャイロ.jpg
※画像はペイントで書きました。下手で申し訳ないです(笑)

フォーシームジャイロはこんな感じです。
ジャイロ回転しているので回転軸は地面と垂直になっています。
ですので、回転している面はボールを上か下から見ないと見えませんが、
フォーシームですので、1回転する間に4本の縫い目が見えます。

上の画像では縫い目によって黄色い部分が面になっています。
進行方向からこの面で空気を受けて、後ろへ空気を逃がしていきます。
見ると分かる通り、上下左右ほぼ均等に空気の逃げ道がありますね。
これによって前から受ける空気をボールの後ろへスムーズに、
かつ上下左右均等なので偏りがなく逃がす事ができます。

つまりこれによって、
「進行方向から受ける空気抵抗を最大まで減らす」事ができます。
実は既知の全球種の中で最も空気抵抗の小さなボールなのです。
(当然バックスピンストレートよりも空気抵抗は小さくなる)



続いてツーシームジャイロについて。
ツーシームジャイロ.jpg

ツーシームジャイロはこんな感じですね。
ジャイロ回転しているので、回転軸は地面と平行になっています。
ですので、回転している面はボールを上か下から見ないと見えませんが、
ツーシームですので、1回転する間に2本の縫い目が見えます。

画像では縫い目によって面(黄色い部分)ができています。
この面で空気を受けるのですが、縫い目によって段差ができており、
実際にはフォーシームジャイロよりも大きな面ができています。
加えて空気を後ろへ逃がす場所が1箇所(画像だと左の部分)しかありません。

ツーシームジャイロではこの面がボールの後ろへ空気を逃がすのを妨げ、
それによって空気抵抗が大きく増加します。
その大きな空気抵抗によってフォーシームジャイロよりも落ちます。

また、空気抵抗が大きいという事は「途中で減速する」という事です。
例えばフォーシームジャイロとツーシームジャイロを、
球速150km/hで投げると、距離にして約80cmもの差が出ます。
それだけ大きく減速し、バッターには「中々来ない」という印象を与えます。



難しい事は抜きにして説明しましたがどうですか?
何となくジャイロボールの可能性が見えてきましたか?

まとめると、
・フォーシームジャイロは減速が非常に少ないので、
打者に手元で伸びるような印象を与えるが、落ちる
・ツーシームジャイロは減速が大きく、
打者に中々来ない印象を与えるが、大きく落ちる

このようにジャイロボールには、
現在知られている他の球種にはない特徴があるのです。

ちなみに縫い目によってできる面が大きく、
空気の逃げ道が左右で均等でないほど空気抵抗が大きくなります。
(「ワンシームジャイロ(面が巴型になる)」で最も空気抵抗が大きくなります)
posted by SaruyaMichael at 17:00 | TrackBack(0) | ジャイロボールとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック