手に入れる情報を疑う事で感受性を高めよう(仮)

この記事では特に「情報に対する接し方」について私なりにまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。
(記事作成日時:2019-06-08)




「手に入れる情報を疑う事で感受性を高めよう(仮)」の続きを読む

「運動神経が良い・悪い」について考える(要点のみ)

※当記事作成日時:2019-06-06

「運動神経」とは筋肉を動かす際に働く神経の総称です。脳から送られた命令は電気信号として神経を通り、それが最終的に筋肉へと伝わる事で、腕や足などの筋肉を意識的に収縮させる事ができます。それにより自分の動かしたいように体を動かす事ができます。ただし複数の筋肉を同時に動かすような複雑な動作の場合、全ての筋肉を個別に意識して収縮させている訳ではなく、小脳などが統合的に調節します。そのため実際には経験・記憶・感覚などで収縮させている部分が多くなります。俗に言われる「体で覚える」とはこの事で、それにより頭で考えてから体を動かすよりも素早く体を動かす事ができます。

一方、例えば胃や腸などの臓器にある筋肉を動かすのも、実は運動神経の持つ機能の一つです。特に臓器は腕や足とは違い、全て自律神経によって自動化されているため、自分の意志で動かす事はできません。しかし例えばストレスを感じた時にお腹が緩くなる事があると思いますが、脳の中では接している部分があるため、臓器はその時々の感情の変化などの影響を受ける事があります。よって臓器の活動は直接的には意識できなくても、生活習慣などで間接的にはコントロールする事ができます。


尚、「運動神経が良い」とは、どのような運動でも難なく行う事ができる事を言います。周囲からそのように評される人は、例え初めて行う運動であっても、その場で体の動かし方を学び、あっという間に自分の物にしてしまいます。技術の習得スピードが非常に早いため、普段から運動を行っていない人からすれば、その場ですぐに覚えているように見えます。またそれを繰り返す事では、する事のできるスポーツの種類もどんどん増えていくので、どんなスポーツでも得意なように見えます。そのため「スポーツ万能」と呼ばれる事も多いです。

しかし初めて行う複雑な運動を、いきなりプロレベルで上手くできる人はいません。誰もが必ず段階を経て技術を習得しています。有名選手の映像を何度も見て、記憶に焼き付け、その真似をして実践、上手くできなければ修正して再び実践・・・それをひたすら繰り返しているのです。特に「運動神経が良い」「スポーツ万能」と言われるような人たちは、その「段階を経て覚える」という事を小さい頃から無意識の内に行っており、それによって技術の習得効率を高めています。だからこそ周囲よりも上手くなるのが早いのです。

普段から運動を行っていない人が、いざ新しく何かの運動を行おうとした時、とにかく「体を素早く動かす事」で頭がいっぱいになってしまいます。しかし体の動かし方が分からない状態で、いくら素早く動かそうとしても、体は上手く動いてくれません。例えば膝が動いた後に足首を動かす必要がある場合、足首が先に動いてその後に膝が動いてしまったら、その動作は上手くできませんよね。単に素早く動かす事だけを考えて体を動かそうとすると、そのように各部位の順番がデタラメになったり、タイミングがずれたり、あるいは余計な力が入ったりなど、非常に効率の悪い体の動かし方になります。それでは効率の良い技術の習得はできないでしょう。

一方、普段から運動を行っている人の場合、一旦頭の中でゆっくりとした動作をイメージし、それを自分の体を使って実践、そして実践する度に修正し、再び実践、再び修正・・・そうして少しずつ動作スピードを早めていきます。運動神経が良いと言われるような人たちは、意識的に、あるいは無意識的にも、それをひたすら繰り返す事で技術を習得しているのです。ただし動作のイメージはできても、体の基本的な動かし方を知らなければ、実践して試す事はできません。例えば膝を曲げた状態から伸ばす場合、太ももの筋肉を収縮させる必要があります。しかしそれを頭で考えずに、感覚的にできなければなりません。そのためには野球以外の多種多様な運動の経験も必要です。

特にスポーツでは「瞬間的に起こった、自分が予想していない事に対し、素早く体を反応させる」必要があります。そのためには脳からの命令がスムーズに行われる事はもちろん、そのように頭で考える前に体を動かす必要があるため、あらかじめ腕や足などの基本的な動かし方を覚えている必要があります。つまり反射レベルで素早い動作を行うほど、小さい頃からの運動経験が出る訳です。

「運動神経」と聞くと生まれつきの才能で全てが決まってしまうという印象も強く、実際、確かに、素早い動作ほど遺伝子的な要素が関係します。しかしいくら遺伝子的に優れた神経を持っていても、その神経を使い続けなければ能力は発揮されません。「生まれつきで決まる」と勝手に考え、積み重ねを疎かにする方が、よっぽど運動神経は悪くなってしまうと思います。


ストレス対策の方法について考える(要点のみ)

この記事ではストレス対策について私なりにまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。尚、扱っているのは要点のみです。またそのように当記事の内容は個人の見解によるものが大きいです。全ての人にとっても参考になるかは分かりませんので悪しからず。
(記事作成日時:2019-06-05)


「ストレス対策の方法について考える(要点のみ)」の続きを読む

いわゆる猫背と腰痛・膝痛・肩コリの関係について考える(別ブログリンク)

※当記事作成日時:2019-06-03

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『猫背・肩コリ・腰痛を予防・改善するための考え方』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


背骨は横から見ると「S字」のように湾曲しており、それを周囲にある筋肉によって制御する事で、姿勢を維持・安定化、自分自身の体重及び全身にかかる縦方向の衝撃を上手く分散させています。つまり背骨は真っ直ぐではなく曲がっているのが正常なのです。しかし背骨の周囲にある筋肉が衰えたり、凝り固まったりして筋肉としての機能が低下すると、その背骨の湾曲が維持できなくなり、自分自身の重みや縦方向の衝撃に負けてしまいます。その結果、背中が常に曲がり、それがいわゆる「猫背」の始まりです。

そうして猫背になると、背骨の湾曲が必要以上に大きくなり、まず湾曲の頂点の位置が上にずれます。するとそのずれた背骨の頂点の部分、及びその周囲にある組織にばかり体重・衝撃が集中し、全身に上手く分散する事ができなくなります。人間は体を動かす際、必ず何らかの癖があるものですが、そうして分散できなくなった事でその癖が強く出るようになり、上半身や下半身のどこか一部分に疲労が蓄積し、その蓄積が様々な怪我の原因になります。

猫背によって最も懸念されるのが腰痛で、そのように猫背では背骨の湾曲の頂点がずれ、その周囲の組織がダメージを受ける事で腰痛になりやすくなります。特に背中を曲げたまま上半身を前へ倒した際、腕で大きな力を発揮するような運動を行うと、腰痛になるリスクが高いです。また背中が曲がりやすくなると腰骨や骨盤も前へ出やすくなり、それによっては股関節の筋肉も凝り固まる事があります。例えばジャンプをした際の着地では、背骨、股関節、膝、足首の関節で上手く衝撃を分散させています。しかしそうして股関節がスムーズに動かなくなると、膝や足首への衝撃が大きくなり、膝や足首の怪我にも繋がる事があります。腰痛と膝痛は実は大きな関係があるのです。

更に猫背は肩コリとも大きく関係しています。猫背になって背中が曲がると、肩甲骨が上へ上がりやすくなり、首の根元にある「肩甲骨を持ち上げる筋肉」が凝り固まりやすくなります。その結果、肩甲骨を背骨に寄せたり、背骨から遠ざけたり、あるいは下げるために必要な筋肉も次第に凝り固まり、肩甲骨の位置が上手く制御できなくなります。それによって腕の可動域に制限が生まれ、その状態で無理に肩を動かす事で肩の痛みの原因にも繋がる事があります。


尚、猫背となる原因は、そのように背骨の湾曲を支えている筋肉が衰えたり、あるいは凝り固まる事によって起こりますが、その多くは普段の生活習慣の中にあります。まずは体を動かす際の「癖」です。これは無意識に行っているものも含まれており、誰かに指摘してもらわないと分かりません。例えば座っている時に頭が前へ出ているとか、うつ伏せで寝ているとか、枕や布団が合っていないとか、低い机で食事をしているとか、遠くや床の物を拾う時に背中が曲がったり、肘を外に捻ったりしているとか。1日2日程度では問題なくても、数ヶ月、数年と続けていけば、その蓄積は大きなものになります。

もちろん実際の運動時の癖も関係しており、例えば何か大きな力を発揮する度に顎を強く噛み締めたり、首の根元に力を入れて肩を上げたり、呼吸を止めて力んだり、上半身を前へ倒す時に上半身だけを前へ動かして背中を丸めたり、太ももを持ち上げる際に背中を大きく曲げたり、腕・肘・手首・指などを動かす際に肘を外に向けたり(特に過去に肩を怪我した場合、肩を庇うような体の使い方になっている事がある)。誰かに見てもらうか、鏡を見たり、あるいは動画を撮って自分の体の使い方をよく観察しましょう。

その他、室温や気温、更にはストレスなども大きく関係します。緊張すると首や首の根元にある筋肉に力が入りやすく、それが原因で猫背や肩コリに繋がる場合もあります。そうした細かい点も改善に努めるべきでしょう。


「足腰を強くするための走り込み」について考える(要点のみ)

走る

※当記事作成日時:2019-05-31

いわゆる「走り込み」を「長距離走を行う事、または短距離走を繰り返す事」とする場合、走り込みは日本の野球界において「基本」とされてきた練習法の一つであり、体づくりのためには「必須」とまで言われて来ました。しかし最近ではそんな走り込みも、あまり効率の良い練習法とは言えず、むしろ他のトレーニング効果を打ち消し、筋肉を萎ませてしまうとまで言われるようになってきています。

「足腰を強くする」ためには、単純に足や背中などの筋肉を鍛え、その筋力を強化する必要があります。つまり走り込みも「筋力を強化するために適した方法」で行う必要がある訳です。もし走り込みによって「筋力の強化」を狙う場合、ウェイトトレーニングと同じ要領で、短い距離を全力もしくはそれに近い力量で走り、一本走ったら休養を取り、十分に呼吸が整ってから次の一本を走る必要があります。「何を休んでいるんだ」などと指導者に怒られるかもしれませんが、休息を取らずに何十本あるいは何百本と連続で走り、結果として長時間走り続けるような走り込みは、そもそも方法として間違っています。

また筋肥大を目指す場合も、ウェイトトレーニングの方が短期間で効果を得られますから、その意味でもわざわざ走り込みに固執する必要がありません。その他、何本も走ったからと言って、すぐに足が速くなる訳ではありません。単に走る本数を増やすだけでは、速く走るための技術は身につきません。そのような走り込みを行うなら、実際の試合を想定した走塁練習をした方がよっぽど効果的でしょう。

一方、走り込みを「心肺機能の強化(短時間のパフォーマンス)」を目的に行う場合も、やはり正しい実施方法で行う必要があります。特に心肺機能の強化ではインターバルトレーニングが効果的です。この方法では短時間の内に、全力に近い運動と不完全休養(呼吸が完全に落ち着く前に運動を行う)を繰り返します。つまりこの場合も、ダラダラと長い時間走る必要は全くない訳です。

ちなみに「LSDトレーニング」という方法では、長い距離を、時間をかけ、一定のペースで、ゆっくりと走ります。これは持久力を高めたり、血流を促す目的で行うもので、つまり走り込みでも、そのように行えば持久力を高める効果(長時間のパフォーマンス)も得られると思います。しかし前述のように走り込みは「足腰の強化」として行う事が多いため、そこで矛盾が生じてしまいます。長時間走るような方法で走り込みを行っても、筋力は強化できません。むしろ長時間の運動により筋肉は萎んでしまう可能性がありますし、特に実際の試合では長時間走るような場面は皆無ですから役にも立ちません。

またもし足腰の強化を「怪我の予防」として行う場合も、そもそも怪我の予防もウェイトトレーニング(工夫は必要だが)やストレッチや準備など運動前後のケアで十分対応可能な上、怪我には体の使い方、疲労、メンタル面など様々な要素が関係しており、筋力的な問題だけではありません。すなわち走り込みをしたからと言って、怪我に強くなる訳でもありません。


日本人はよく「同じ動作をひたすら繰り返す」事を「努力」と評します。確かに技術の向上には、その動作を覚えるまで、同じ動作を何度も繰り返す必要があります。しかし筋力の強化においては、ただ同じ動作を繰り返すというだけでは効率的な強化は望めません。またそもそも技術の向上に関しても、体を動かして練習をしている時だけ努力するのでは、効率的な向上は望めません。実際に体を動かす前に「どのように体を動かし、どのように練習したら良いのか」を考え、目的をはっきりさせてから行う事が重要であり、その意味でも「単なる動作の繰り返し」であってはならないのです。時間を効率良く使うためにはどうすべきか、今一度考える必要があるでしょう。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。