「運動中に水を飲むとバテる?」について考える(要点のみ)

※当記事作成日時:2019-05-31

「運動中に水を飲むとバテる」という迷信は、少なくとも戦前・戦後には生まれていたと考えられています。これは水不足が深刻な戦場(特に外国)において、喉が渇いた兵士が道端にあった水を飲んでお腹を壊した経験が元になったという一つの説があり、そうした兵士が現場から引退した後、指導者となった際、教え子に、そのまた教え子にと伝わっていったようです。しかし戦争が終わってしばらく経った後も、何故かその迷信は残り続け、つい最近まで信じられてきました。現在ではそのような指導者の方が批判されるようになってきていますが、未だにそのような指導方針を貫く指導者は多く、日本人にとって非常に根深い迷信の一つと言えます。

ちなみに赤白に分かれる体育祭、体育祭で行う障害物競走、学校で着る学ラン・制服、年に数回行う遠足、クラス内の班や組、集団行動で行う回れ右・右向け右・行進、起立・気をつけ・休め・礼・着席、朝礼そのもの、ランドセルなども、実は元々は軍事教育の一環で行われていたものの名残です。特に体育祭は海外から見ても珍しいもので、各種演目で、若者が集団であれだけ統率の取れた動きをするのは、外国人にとってはとてもクレイジーに見えるのだそうです。


では話を戻しますが、例えば水は1ml=1gの重さがあります。すなわち500mlでは500g、1Lでは1kgにもなります。それだけの水を一気に飲んで胃の中に入れれば、一時的にでもそれだけ体重が増加する事になるため、体の動きが鈍くなるという事は十分に考えられます。1kgのダンベルをお腹に入れて体を動かすという事ですから当然です。しかも水で満たされた胃が前後左右にバウンドする事になりますから、水を大量に飲む事で動きにくくなる=パフォーマンスが低下するという事はあり得ると思います。

また気温の高さに関係なく、筋肉を動かせば体温が上がります。それに伴って身体活動に必要なエネルギー代謝も促されます。そうして体温が上がると、人間では汗を皮膚の表面に出す事で熱を逃し、体温を常に一定に保とうとしますが、その際にはカリウムやナトリウムなどのミネラルが必要になります。特にカリウムは細胞内に取り込まれる際、細胞外に水分とナトリウムを排出し、細胞内外の水分量を調節する役割があります。これにより汗をかく事ができる訳です。すなわちカリウムが含まれていない「単なる水」による水分補給では、上手く汗をかく事ができなくなり、体温がどんどん上がって体の動きが鈍くなる可能性があります。それは当然パフォーマンスを低下させるでしょう。

しかしながら、それは「水分補給の仕方によって体が重く感じる」のであって、単に水分補給の仕方が下手なだけです。水分補給が適切に行われていれば、運動中に起こるエネルギー不足やミネラル不足を防ぐ事ができ、むしろ運動中のパフォーマンスを向上させる事ができます。運動中に水分補給を行う場合、一気に大量の水を飲むのではなく、小まめに少しずつ飲むようにし、またミネラルや糖を含んだ飲み物を用意すると良いでしょう。そして体温調節機能を司る自律神経が正常に機能するよう、運動時だけでなく、普段からの体調管理(規則正しい生活やストレスコントロール等)にも注意する事です。更に過度な日焼けにも注意する事(皮膚の修復に体液が使われるため、実は脱水症状を加速させてしまう)です。これらを守っていれば「バテる」事はありません。


「筋トレをすると身長が伸びなくなる?」について考える(要点のみ)

※当記事作成日時:2019-05-31

筋トレ後には蛋白質の合成を促すために成長ホルモンの分泌が促されます。特に激しい運動を行う事によってできる乳酸は、その成長ホルモンの分泌のきっかけになるとも言われています。つまり筋トレはむしろ成長ホルモンの分泌を促す事ができ、身長を伸ばすためのサポートになる可能性がある訳です。栄養と睡眠が整っていれば、むしろ良い効果が得られるはずです。

では、何故「筋トレ=身長が伸びない」というイメージがついているのかについて考えてみますが、例えばモデルの人は皆足が長く見えると思います。それは何故かと言えば、単純に身長が高く、足の骨(特にスネの骨)が物理的に長い事が理由なのですが、同じように「足が細い」事も大きな理由になっています。そのため例え身長が高くても、丸々と脂肪がついて太っていたり、足の筋肉を鍛えて太くしている人では、決して足は長く見えません。足が長く見えない場合、並ぶほど近づかなければ、その人の身長は高く感じません。

また身長が低い人の方が、筋肉を鍛えた時の「筋肉と筋肉の境界」を目立たせる事ができます。その視覚的な効果はボディビルの大会でも見る事ができ、例えば日本のトップクラスのボディビルダーはその多くで身長が160cm台、高くても170cm前後だったりします。つまり日本人のマッチョは皆身長が低く、またそのように筋肉を大きくした事で身長は低く見えるので、身長が低い=マッチョというイメージが付いているのだと思います。

その他、筋トレを行う理由は人によって様々ですが、中には自分の見た目のコンプレックスがきっかけで筋肉を鍛えるという人もいます。特に身長が低い場合、自分より大きい人から下に見られないよう、体を鍛えて大きくするために筋トレをする人が多いようです。もちろん全ての人がそういう訳ではありませんが、筋トレを続けていけば筋肉は数ヶ月で大きくなるため、その変化が周囲の目につきやすい=マッチョには身長が低い人が多いように見えるという事も関係していると思います。


尚、それらは全て視覚的な効果です。ここからは筋トレが、実際に身長の伸びを悪化させてしまう理由を私なりに考えてみます。特に問題と思われるのは、身長を伸ばすのも筋肉を成長させるのも「同じ成長ホルモン」だという事と、あまりにハードなトレーニングでは「運動以外の様々な要素が疎かになる事がある事」、そしてハードなトレーニングによって「怪我をしてしまう事」などが挙げられます。

「成長ホルモン」は分泌量に個人差があります。運動をせずとも最初から大量に分泌される人もいれば、元々少なく、運動をしないとあまり分泌されない人もいます。確かに筋トレによって成長ホルモンは増えますが、元々の量が少ない場合、例えばハードなトレーニングを行っているのに栄養が不足していたり、睡眠が疎かになっているなどの場合、成長ホルモンが筋肉の成長に取られ、余裕がなくなってしまう可能性はゼロではありません。また慣れていないトレーニング、あるいは間違ったフォームでのトレーニングでは筋肉はもちろん、骨や靭帯などを痛める事があり、怪我によって生活習慣が乱れる可能性もあります。特にその怪我によって骨端線を損傷した場合、正常に骨が伸びなくなる事もあり得ます。

その意味ではハードなトレーニングを続けるほど、運動前後のケア、正しいトレーニング法、普段の生活習慣が重要になる・・・はずなのですが、ろくに準備運動もせず、いきなり大きな重量を扱ったり、毎日筋トレをする事にばかり囚われ、次の日疲れているのに無理に行ったりなど、ハードなトレーニングを行っている人ほど、実はその辺りを疎かにしてしまいがちです。これらの事が実は身長の伸びにも繋がっているのです。


トレーニングを行う際に必要なもの・あると便利なものまとめ

この記事では特に筋力トレーニングを行う際に必要なもの、及びあると便利なものについて私なりにまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。
(記事作成日時:2019-05-27)


「トレーニングを行う際に必要なもの・あると便利なものまとめ」の続きを読む

野球をする上で参考になりそうな本やサイトまとめ

この記事では野球選手として成長していく上で、参考になりそうな本やサイトについて私なりにまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。尚、内容はあくまで「私の個人的な趣味・趣向」によるものです。全ての皆さんにとっても参考になるかどうかは分かりませんので悪しからず・・・。
(記事作成日時:2014-03-01、最終更新日時:2019-05-26)


「野球をする上で参考になりそうな本やサイトまとめ」の続きを読む

成長ホルモンと甲状腺ホルモンについて考える(別ブログリンク)

この記事ではホルモンの一種である成長ホルモンや甲状腺ホルモンについて私なりにまとめています。尚、当記事はあくまで要点のみ取り上げています。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『身長の伸びに深く関わる骨端線・成長ホルモン・IGF-1』や『甲状腺ホルモンの分泌と身長の伸びについて考える』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

(記事作成日時:2019-05-23)


成長ホルモンとは?

成長ホルモンとは「ヒト成長ホルモン(略称:hGH)の事です。その名の通り「成長作用」があり、細胞の複製及び増殖を促す働きがあると言われています。尚、成長ホルモンと聞くと身長の伸びに関係している事で知られ、思春期やそれ以前に分泌されるイメージがありますが、当然大人でも分泌されます。例えば筋肉を鍛える事で大きくなるのも、怪我をして治るのも、この成長ホルモンの作用によるものです。野球選手はもちろん日常生活においても必要不可欠なホルモンと言えるでしょう。

一方、成長ホルモンは糖の供給量が少なくなった時、あるいはストレスを受けた時にも分泌され、血糖値を上げる役割もあります。そのため分泌を促すには糖を適度に摂取する事と、適度なストレスを受ける・与える事が重要です。それが体を大きくする事にも繋がっていきます。ただしその分泌量は普段の食事や睡眠によって大きく左右されます。それらが疎かになっていれば、いくら必死に体を鍛えても逆に萎んでいく一方です。

ちなみに成長作用をもたらす場合、脳から分泌された後に一旦肝臓に行き、そこで変換されてから各細胞へ作用します。一方、血糖値などに関わる場合には直接脳から作用します。そのため体を大きくするためには肝臓の機能を維持する事も重要になるでしょう。やはり不規則な生活は良くありません。


甲状腺ホルモンとは?

続いて甲状腺ホルモンですが、こちらは「古くなった細胞を新しく作り変える」という新陳代謝の過程をスムーズにする働きがあると言われています。特に甲状腺ホルモンを受け取った細胞のエネルギー代謝を活発化させ、糖・脂肪・蛋白質をエネルギーへ変換しやすくする事ができます。それによって新陳代謝が活性化、そのプロセスが円滑化され、それによっては単純に「基礎代謝」も上がる事になります。当然運動量が増えれば分泌量も増える事でしょう。

ただしストレス、過労、喫煙などによっては逆にその分泌が悪くなる事もあります。確かに運動は大切ですが、例えば回復が間に合わなくなるほどのペースで筋トレを行ったり、あるいはそれ以外でのストレス(筋トレはハードであればそれ自体がストレスとなり、そこに別のストレスが加わる事で更にストレス状態は悪化する)は体にとって良くありません。


そのように成長ホルモンも甲状腺ホルモンも、ストレスによる影響を受けています。ストレスと聞くと悪いイメージがありますが、適度であれば、むしろホルモンの分泌を促す事ができます。問題なのは自分では処理できないような大きなストレスを受けたり、1つ1つは小さなストレスでもそれが長期に渡って積み重なる事です。パフォーマンスを上げようと運動に気を使ったり、食事に気を使ったり、あるいは睡眠に気を使う事は当然なのですが、ペース配分はもちろん、それ以外の部分でのストレスコントロールもしっかりと行いましょう。